kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ナムル

常備菜作りの記録です。

P1130459

・大根と豚肉の白だし煮
・ほうれんそうのナムル
・なすの大葉味噌炒め
・茎わかめときゅうりの梅あえ


大根1/2本をストウブでじっくり煮ました。
味付けは白だし、酒、生姜のしぼり汁のみ。
大根が柔らかくなってから豚薄切り肉を加えてコクをプラスしました。

P1130460 (2)


ほうれんそうはナムルに。
茹でて塩、砂糖、醤油、ごま油、煎りごまで味付け。
数日保存したいときはあえてにんにくは入れないようにしています。

P1130458


なすは揚げ焼きにしてから味噌炒めにし、刻んだ大葉をたっぷり加えて飽きのこない味に。

P1130456 (2)


こちらのレシピでなすを増量して作りました。




「新物」(あらものと読むそう)シールが貼ってあった茎わかめ。
わかめ好きとしては見過ごせなくて初めて購入してみました。

P1130454

よく洗ってから熱湯で15分ほど塩抜きし、もう一度洗って食べやすい大きさに切ります。
塩揉みきゅうりと合わせて、叩いた梅干しと煎りごまを加えてあえれば出来上がり。
歯ごたえの良いさっぱりとした箸休めになります。


大人はこれらを少しずつ盛り付けてそのまま晩ごはんで十分なのですが、
子どもには少々渋いかな…ということで、ごはんは具だくさんの炊き込みごはんにしました。

P1130469


「ヒガシマルうどんスープ」を使った炊き込みごはんが少し前からわが家のブームです。

P1130463

ちなみになすの味噌炒めは娘に、茎わかめの梅あえは息子にヒット!
それぞれ逆は微妙な反応で、なかなか二人そろってヒットにはなりません。




「福島クッキングアンバサダー」の活動です。

P1120093 (2)


柔らかくて甘く、見た目はまっすぐで美しい「福島県産ねぎ」。
今回は白髪ねぎにしますが、同時にスープも作って余すところなく丸々2本使います。

P1110783 (2)


たっぷり2本分のナムル。
あれば韓国海苔を加えると味も風味も良くなります。

P1120092 (2)

電子レンジ使用でほぼあえるだけの手軽さです。


■材料(作りやすい分量)

・福島県産ねぎ 2本
・韓国海苔 お好みで

【A】
・酢 小さじ1
・砂糖 小さじ1/2
・塩 小さじ1/3
・煎りごま 小さじ1
・ごま油 小さじ1

■作り方

1.ねぎは6cm程度の長さに切ってから縦に切る。
芯の部分は取り分けて白い部分だけを千切りにする。

2.水を張ったボウルに入れてもみ洗いをして水気をよくしぼる。

3.耐熱皿に広げてふんわりラップをかけ、500Wの電子レンジで1分加熱する。

4.【A】を混ぜ合わせて3に加え、韓国海苔をちぎって加えて全体をあえる。


取り分けておいた芯の部分や青い部分は、体が温まるねぎのスープに。

P1120099 (3)


水、酒、鶏がらスープの素で煮て、柔らかくなったら豆腐を加えます。
仕上げに粗挽きのブラックペッパーを。
芯の甘いところがメインのある意味贅沢なスープです。

P1120096 (3)


ナムルはキムチと合わせて箸休めに。

P1120104 (2)

コチュジャン味噌を作り、ナムルやキムチをごはんと一緒に食べるのも気に入っています。
最近わが家でブームのサムギョプサルについてものちほど…


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー




今週の常備菜です。

P1110101

・ミネストローネ
・切り干し大根の煮もの
・豆苗のナムル
・もやしのナムル
・マカロニサラダ


野菜の価格高騰が落ち着いてきたので、ミネストローネを作ることができました。

P1110094

玉ねぎ、人参、じゃがいも、キャベツ、カルディのミックスビーンズ、ホールトマト。
コンソメやブイヨンは入れずに塩だけ加えて、あとからチーズをかけるのが好みです。


切り干し大根と人参と油揚げを、みりん、酒、白だしで煮ました。

P1110095

甘みは「タカラ本みりん」のみ。
とても簡単ですが、のちほどレシピを。


豆苗をサッと塩茹でし、塩、醤油、ごま油、煎りごまで味付けたナムルです。

P1110100


モヤシのナムルには酢を加えてさっぱり味にしています。

P1110099


フジッリとコンビーフときゅうりのサラダ。
らせん状のパスタはコンビーフとの絡みがいいです。

P1110098

酢、塩、米油で下味をつけておき、酸味の少ないベストフーズのリアルマヨネーズで味付け。
表面がサラッとしているのがわが家のマカロニサラダの特徴です。


今回は加工肉のコンビーフ以外、野菜と豆(大豆製品)ばかりでした。

P1110102

ここからいろいろ組み合わせて献立を考えるのも楽しい時間です。





今週の常備菜です。

P1090882

・ミートソース
・ほうれんそうのナムル
・大根とカニかまぼこのサラダ
・茹で鶏ときゅうりの梅和え


今回は合挽き肉300gに対してホールトマトが1.5缶とトマトが多めだったので、
いつもより酸味があってさっぱりしたミートソースになりました。
これからの季節はいいかもしれません。

P1090881


ほうれんそうはナムルにしたのですが、ごまを切らしていて見た目はおひたしに…

P1090877


大根ときゅうりを塩揉みしてしっかり水気をしぼり、カニかまと合わせたサラダ。
味付けは塩揉みの塩、レモン汁、小さじ1程度のわずかなマヨネーズ。
レモン汁を加えるとスッキリします。
ここでも本当はごまがほしかった…

P1090875


作ってあった茹で鶏をさいて塩揉みきゅうりと合わせ、叩いた梅干しで和えました。
義理の実家の梅干しはしっかり酸っぱいのでこれだけで味が決まります。

P1090874


今回は大根、きゅうり、ほうれんそうを早めに料理してしまいたくて、急遽作った副菜たち。

P1090869

地味ですがあと一品何か…というときの助けになります。




今週の常備菜です。

P1090406

・トマトソース
・ミックスナムル
・ポテトサラダ
・豚キムチ
・ホワイトソース


あると便利なトマトソースはいつもストウブで放ったらかしで作ります。
玉ねぎ、にんにくをオリーブオイルで炒め、ホールトマトを加えてザクザクつぶし、蓋をして20分。
塩で味をととのえつつ水分を飛ばして好みの濃度まで煮詰めます。

P1090400


半端に残った野菜(ほうれんそう、人参、豆もやし)をまとめてナムルにしました。
黒ごまを擂り、砂糖、塩、醤油、今回は酢も少々入れてさっぱり味に。

P1090401


ポテトサラダのじゃがいもは普段は丸ごと茹でるのですが、今回は圧力鍋で蒸してスピーディーに。
塩揉みきゅうり、さらし玉ねぎ、ハム、コーン。
下味にレモンを加えて爽やかに仕上げました。

P1090402


キムチを早めに消費したかったので、冷凍保存の豚こまと炒めて豚キムチにしました。
塩、こしょうをして、最後に醤油をひと回し。
チャーハンかうどんにアレンジします。

P1090404


ホワイトソースは牛乳に薄力粉を入れてたえず泡立て器でかき混ぜながら火を通して作ります。
とろみがついたら塩、コンソメ、バターを加えるという手軽で失敗しないレシピです。
農水省からのお願いもあったので今後も積極的に牛乳とヨーグルトを取り入れたいと思います。
(同じ乳製品でもバターは品薄ですね。)

P1090405


これらを作った日の夕方、突如立っていられないほどのめまいに襲われました。
グルグル回ること、数か月に一度起きること、めまい以外の症状がないことから
「良性発作性頭位めまい症」では?と疑っています。

ちょうど子どもたちのごはんを作る時間でしたが、どうにもこうにも…だったので
インスタントラーメンにチャレンジしてもらうことにしました。

茹でるお湯は鍋で沸かし、スープのお湯はポットで沸かすこと。
麺を鍋から直接どんぶりに移すのは危ないのでシンクにざるを置いて湯切りすること。
息子は鍋の周りをチョロチョロしないこと!
などを指示して、できたラーメンがこちらです。

P1090408
撮影:娘


ゆで玉子は自分たちで茹でてカットしてトッピング。
乗せるだけのナムルがさっそく役立ちました。

寝室にこもって全く様子を見ずに火や熱湯を使わせたのは初めて。
代わる代わる2~3回工程を確認に来ましたが、二人で協力して無事作ることができました。

↑このページのトップヘ