kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ドーナツ

「福島クッキングアンバサダー」の活動です。

福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー



太陽の光をたっぷり浴びて真っ赤に色づいた「福島県産サンふじ」。

P1120136 (2)


シャキッとしっかりとした食感で、たっぷり蜜も入った立派なりんごです。

P1120215 (2)


家族がみんなりんご好きなのでそのまま美味しくいただいていますが、
少し手を加えてりんごスイーツも楽しみたいので、形状を生かしたドーナツを作ってみました。

P1120259 (2)

火の通ったりんごは甘酸っぱくて、アップルパイのフィリングのようです。


■材料(りんご1こ分)

・福島県産サンふじ 1こ
・ホットケーキミックス 150g
・絹豆腐 150g
・牛乳 大さじ4
・シナモンパウダー 少々
・米油 適量
・粉砂糖 適量

■作り方

1.サンふじは上下を落として5mmくらいの厚さに横にスライスする。
丸い型で中心の種の部分をくり抜く。

2.ホットケーキミックスに絹豆腐を加えてつぶしながら混ぜる。
牛乳、シナモンパウダーを加えてなめらかになるまで混ぜる。

3.りんごに2の生地をまとわせ、低温に熱した米油に静かに入れる。

4.表面が固まるまで動かさずに弱火で揚げ、裏表を返してきつね色になったら油を切る。
お好みで粉砂糖をかける。


りんご1こで7このリングドーナツができました。
上下の余った部分は乱切りにして、一口サイズのドーナツに。
乱切りはりんごのフレッシュ感が残ってジューシー、リングは一体感が出て食べやすいです。

P1120263 (2)

この日は温かいミルクティーで子どもたちとおやつタイム。


豆腐のおかげもあって表面はカリッとして、とても美味しくできました。
ただし、冷めるとりんごの天ぷらのようになるので要注意です!



久しぶりの娘のスイーツ作りです。

P1100717

レシピノートはコツコツ続けていますが、学校が始まってさすがに時間の余裕がなくなってしまい
ゆっくりお菓子作りができる休日を楽しみにしていました。


選んだレシピは米粉を使ったドーナツです。
小麦粉の生地とはひと味違ってさっくりもっちり食感。

P1100733

粉類は米粉、片栗粉、ベーキングパウダー。
他に卵、溶かしバター、牛乳、グラニュー糖が入ります。


自らカメラを固定して動画を撮影。
実況をしながら気分はまるでYouTuber…
ちなみにその動画を一番楽しく見ているのは弟です。

P1100719


計量や電子レンジの操作など、最近ではあまり質問もしてこなくなりました。

P1100720


オーブンペーパーに乗せて揚げるレシピらしく、このような下準備も。

P1100722


几帳面に計量して小さく丸めたものをくっつけて一つのドーナツにしていきます。
(一人で作っているのを見た夫が驚いていました!)

P1100723


成形ができたらバトンタッチ。

P1100724


低温の米油できつね色になるまで返しながら約3分揚げれば完成です。

P1100730

米粉の生地は軽くてさっくり。
甘さも控えめでとても美味しくできました。



「ボーソー米油部」の活動です。

今月のテーマは「自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ」ということで
わが家の定番のおやつを…もう何度目かになりますがあらためてご紹介します。
それほど簡単で美味しくておすすめです。

主な材料は3つだけ。
ホットケーキミックス・絹豆腐・牛乳(または豆乳)。

P1070093


今回はかぼちゃフレークを入れてパンプキンドーナツにしました。

P1070095

■材料(約12~13こ分)

・ホットケーキミックス 200g
・絹豆腐 150g
・かぼちゃフレーク 大さじ4
・豆乳または牛乳 大さじ4

・ボーソー米油 適量

■作り方

1.豆腐をつぶしてなめらかにする。
2.ホットケーキミックス、かぼちゃフレーク、牛乳を加えて混ぜ合わせる。
2.米油を火にかけ、ぬるいうちに1をスプーンを2本使って丸めて落とす。
3.弱火で表面がきつね色になって泡が少なくなるまで返しながら揚げる。


ホットケーキの生地より少し固めが目安。
牛乳の量は混ぜる材料の水分によって加減します。

P1070088


豆腐のおかげでふんわり軽く、表面はサックリ。

P1070094


過去にはにんじん入りや↓



バナナ&にんじん入りも↓




米油は粉、卵、乳製品、フルーツなど、素材勝負のお菓子作りにこそ向いている油だと思います。
色が薄く香りもない無個性なところが実は最大の個性。
高温に強いのでオーブンで長時間焼いたり油で揚げたりしても大丈夫。
一度には食べられない焼き菓子も酸化しにくい米油なら安心です。

P1070104

バター以外の油脂でお菓子を作る際は米油がおすすめです!


自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ
自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ


息子が習い事に行っている日は娘と二人きりの時間。
最近は図書館に行ったり、一緒に晩ごはんを作ったりして過ごすことが多いです。

先週は学校で借りてきた本を参考にしてお菓子作りをしました。

BlogPaint


懐かしい「わかったさん」シリーズ!(わたしは「こまったさん」派でした)
こちらはオリジナルとは別に2017年に発行されたレシピ集です。

P1040264


娘のお料理ノート(レシピの写し書き)は5冊目に突入!

BlogPaint


今回はパイナップルドーナツを作ることになりました。

BlogPaint


まずはパイナップルの缶詰の水気をクッキングペーパーで押さえます。

BlogPaint


卵(1こ)を割り、牛乳(大さじ2)を加えます。

BlogPaint


溶かしバター(10g)も加えて

BlogPaint


混ぜ合わせておきます。

BlogPaint


ホットケーキミックス(200g)を計量し、

BlogPaint


混ぜます。

BlogPaint


ひとまとめにしてラップに包み、冷蔵庫で30分ほど寝かせたら、生地を5等分にします。
それをさらに2つに分け、パイナップルより一回り大きく伸ばします。

BlogPaint


生地と生地の間にパイナップルを挟んで成形します。

BlogPaint

真ん中に穴を開け、パイナップルが見えないように生地をくっつけるのがなかなか難しい!


低温の揚げ油でゆっくりきつね色になるまで揚げます。
元レシピはチョコディップでしたが、代わりにココナッツファインをまぶしてみました。

BlogPaint


まさかパイナップルが隠れているとは思わないので、意外性は抜群!
ありそうでなかった組み合わせで商品化をおすすめしたいです。(誰に?)

BlogPaint


甘酸っぱいパイナップルとサクサクのココナッツが後を引く美味しさでした。

BlogPaint


ここ一年くらいで将来の夢が「建築デザイナー」から「パティシエ」に変わった娘。
高校を卒業したら製菓の専門学校へ行き
ベルギーに留学し(ワッフルの勉強をしたいらしい)
いつもバースデーケーキを購入している近所のお菓子屋さんで働く!
という極めて具体的な目標を持って、毎週のようにお菓子の本を借りています。


↑このページのトップヘ