今の家に越してきてから6年。
キッチンにはずっと水切りカゴとコップスタンドを置いていて、それが当たり前でした。

P1020438

お皿洗いは苦ではないのですが、実は拭く作業としまう作業が好きではありません。
毎日カゴの中はいっぱい。
山のように積み上げてしまうため、余計に拭いたりしまったりが面倒になるスパイラル。
気を付けているのに受け皿の下がいつも濡れているのもストレスでした。

そんな中、ずっと気になっていたのがscopeさんの記事です。
→ 水切りカゴはいらないんじゃないか

20年以上のお付き合いのある友人(scopeユーザー)にこの件を相談してみると、
すでにこのティータオルを持っているけどまだ使っていない!という状態なことが判明!
誕生日プレゼントに記念すべきファーストエジプトをいただいて、
それぞれ挑戦してみることにしたのでした。


ジョージ・ジェンセン・ダマスク エジプト(ブラック)

P1020417


その後、洗い替えを2枚買い足し(ブラック・フリント)、まな板スタンドだけは必要と判断。

P1020418


まずはカゴたちを撤去すると、驚くほどスッキリ!

P1020420


厚みを信じて2つ折りにしてセット。

P1020421


平面ではありますが、水切りカゴの倍のスペースが取れます。

P1020419


息子とわたし、二人分の朝食と昼食のお皿、炊飯器の釜などを洗って置いてみました。

P1020427


P1020428


拭いて片付けた後のティータオル。

P1020431


これくらいの洗い物の量なら台がビシャビシャになることもありませんでした。

P1020433


片付けたらお皿を拭く布巾(IKEAのキッチンクロスを使用)の隣で一緒に干すことに。

P1020436


水切りカゴなし生活を始めて変化したこと。

濡れたティータオルをそのまま置いておきたくない気持ちが働き、
ある程度水が切れたらすぐ拭く習慣がつきました。
そして、何より吸水性抜群のエジプトの使い心地と見た目でモチベーションがアップ!

思えばストウブを導入するときも重さやお手入れを考えてかなり迷ったのですが、
最終的には味が格段に良くなることと、見た目で使うのが楽しくなりました。

お気に入りのツールは大事です。