kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ツナ


「福島クッキングアンバサダー」の活動です。


露地栽培の瑞々しい福島県産ピーマン。
シャキッとして甘く、生でも美味しく食べられます。

P1110251


そんなピーマンを今回は栄養も美味しさも逃さないよう、電子レンジで調理!
有名な「無限ピーマン」のアレンジレシピです。

P1110302


■材料(2人分)

・福島県産ピーマン 4こ
・ツナ缶詰 1/2缶(40g)
・塩昆布 大さじ1

■作り方

1.ピーマンはへたと種を取って縦半分に切り、7~8mmの斜め細切りにする。

2.耐熱皿に乗せてふんわりとラップをかぶせ、500Wの電子レンジで1分30秒加熱する。

3.熱いうちにツナ缶詰、塩昆布を加えてあえる。


加熱することで甘みが増して、ツナと塩昆布の旨みで調味料いらず。
ツナのオイルのおかげで鮮やかな濃い緑色もキープされます。

P1110303


倍量で作って子どもたちもたくさん食べました。

P1110300

今回のお届けを機にピーマンが好きになってくれて嬉しいです。


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー


今週の常備菜です。

BlogPaint

人参しりしり
・無限ピーマン(ピーマンとツナのレンジ蒸し)
辣白菜(ラーパイツァイ)
・れんこんと豚肉のきんぴら



いつもの人参しりしり。

BlogPaint

今回は冬人参1本半と卵2こで。



「ツナ 常備菜」と検索すると出てくる“やみつき無限ピーマン”というレシピ。
知らなかったのですが有名な常備菜だそうです。

BlogPaint

ピーマンを斜め千切りにしてツナを乗せ、鶏がらスープの顆粒を振りかけてレンジで2分。
軽く混ぜ合わせて完成です。
ピーマンの青くさい感じが消えて食べやすくなります。
かなりかさが減るので簡単に1袋消費できます。



白菜をお漬物以外でさっぱり食べたくて見つけた辣白菜。

BlogPaint

花椒はなかったので省略させてもらい、ごま油ではなくサラダ油で作りました。

詳しいレシピはこちらに掲載されています。

 辣白菜(ラーパイツァイ)

辣白菜(ラーパイツァイ)

by salaisara

調理時間:20分
Comment

中国のレシピでは、 白菜を塩水に漬けて一晩とか、のんびり作るものらしいのですが、作ってすぐに食べたいので、時短バージョンで作ります。

このレシピを詳しく見る




手早く炒めて食感を残したれんこんのきんぴら。

BlogPaint

おかず感を出すために今回も豚肉をプラス。
煎りごまもザザーっとたっぷり加えます。


いただくお歳暮と今週末のクリスマスの準備で、冷蔵庫内がカオス状態に。
来週はじめには帰省してしまうので、消費も計画的にしなければいけません。
献立メモが欠かせない一週間です。





他のおかずとのバランスを考えて
マヨネーズを使わないポテトサラダを作りました。

BlogPaint


■材料(4人分)

・じゃがいも 小5こ(300g)
・ツナ缶詰 1こ(80g)
・きゅうり 1本

【A】
・酢 小さじ2
・オリーブオイル 小さじ1
・塩 小さじ1/4
・ブラックペッパー 

■作り方

1.じゃがいもはよく洗って皮つきのまま水から茹でる。(小さいもので20分程度。)布巾に包んで皮をむき、木べらなどで潰す。
2.混ぜ合わせた【A】をじゃがいもが温かいうちに加えて混ぜる。
3.きゅうりはスライサーで小口切りにし、塩ひとつまみを加えて5分ほど置いてから水気をよくしぼる。
4.軽く油を切ったツナ、3のきゅうりを加えてあえる。


大人は取り分けてからさらにブラックペッパーをふりました。

BlogPaint


メインは鮭のホイル焼き。(ツナと鮭、魚がかぶってしまった)
甘塩鮭、しめじ、玉ねぎ、バターをほんのひとかけ包んで、魚焼きグリルで12分。

BlogPaint


この日の晩ごはん。

BlogPaint

ポテトサラダと鮭のホイル焼きのほかには、ストウブで作った豚汁と、
焼きパプリカのレモンマリネでした。


マヨネーズなしもあっさりしていいものです。
このポテトサラダなら具はツナ+春キャベツ+りんごなどにしてみたいと思うのですが、
定番が好きな夫は嫌がるだろうな。




↑このページのトップヘ