kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:チヂミ


「福島クッキングアンバサダー」の活動です。


根元から葉先まで柔らかくて繊細な「福島県産にら」を使った料理をご紹介しています。

P1120472 (3)


今回は定番のチヂミを焼きました。
4人分でたっぷり200gのにらを使っています。
(こちらのサイズで4枚焼けます。)

P1120477 (2)

相性の良い魚介はシーフードミックスを使って手軽に!
旨みたっぷりです。


■材料(3~4人分)

・福島県産にら 2束(200g)
・長ねぎ 1/2本
・シーフードミックス(エビ・イカ・アサリ) 150g
・白玉粉 100g
・薄力粉 100g
・水 200ml
・卵 3こ
・塩 小さじ1と1/2
・ごま油 適量

【A】(たれの材料)
・醤油 大さじ2
・酢 大さじ1
・コチュジャン 大さじ1
・ごま油 小さじ1
・煎りごま 小さじ1

■作り方

1.福島県産にらは5cmの長さに切り、長ねぎは縦半分にしてから斜め薄切りにする。

2.シーフードミックスは解凍しておく。(小さめのものなら半解凍でもOK)

3.ボウルに白玉粉を入れてすりこぎなどで潰し、薄力粉、塩を加えて混ぜ合わせる。

4.水と卵を混ぜ合わせて2に加え、さっと混ぜたら、1、2を加えてさっくり混ぜ合わせる。

5.フライパンにごま油を熱し、4を丸く広げる。
焼き目が付くまで弱めの中火で3分ほど焼き、返してもう片面も焼く。

6.格子状に切り分け、混ぜておいた【A】をかける。


P1120481

白玉粉と卵を混ぜた生地はモチっとしていて、にらはシャキシャキ食感。
ごま油をきかせた甘酸っぱいたれもよく合います。


日持ちに向かないにらは、こうしてチヂミにして冷凍保存するのもおすすめです。

P1120493 (3)

福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー




「福島クッキングアンバサダー」の活動です。

P1110803 (2)


今月いただいた福島県産しゅんぎくとねぎをたっぷり使ってチヂミを焼きました。

P1110785 (2)


しゅんぎくはたっぷり1袋、ねぎは青い部分まで1本丸ごと使います。

P1110802 (2)

卵を加えて粉の半量を白玉粉にすることで、カリッ&モチッとした食感になります。


■材料(3~4人分)

・福島県産しゅんぎく 1袋(約180g)
・福島県産ねぎ 1本
・にんじん 1本
・薄力粉 100g
・白玉粉 100g
・水 150ml
・卵 3こ
・塩 小さじ1と1/2
・米油またはごま油 適量

(たれの材料)
・醤油 大さじ2
・酢 大さじ1
・コチュジャン 大さじ1
・ごま油 小さじ1
・煎りごま 小さじ1

■作り方

1.しゅんぎくは軸の固い部分は縦に切って薄くし、5~6cmに切りそろえる。
2.ねぎは縦半分に切って斜め薄切りにする。
3.にんじんは千切りにする。
4.薄力粉、白玉粉、水、卵、塩を混ぜ合わせたところに、1、2、3を加えて混ぜる。
5.フライパンに油(1枚につき小さじ1程度)を熱して4を3~4枚分に分けて丸く広げ、弱めの中火でじっくり焼く。
6.表面がこんがりと焼けて中まで火が通ったら皿に移し、混ぜ合わせたたれをかける。

P1110804 (2)


たれはコチュジャンがベースの酢醤油。
甘みと酸味のバランスはお好みで。

P1110806 (2)


しゅんぎくは瑞々しくシャキッとした歯ごたえで、独特の香りとほろ苦さが楽しめます。
ねぎはじっくり焼くことで甘みが増します。

P1110807 (2)


3枚焼いてみたのですが、娘は昔からこれが大好きで一人で1枚食べてしまうほどお気に入り。

P1110809 (2)

くせのある野菜の代表のようなしゅんぎくとねぎが美味しく食べられるレシピです。


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー




今週の常備菜です。

P1090968

・にらチヂミ
・キャベツと油揚げの白だし煮
・人参しりしり
・ポテトサラダ


にらが2束売りしかなく、1束は春巻きにして残りはチヂミにしました。

P1090976

同量の薄力粉と片栗粉に、水、卵、鶏がらスープの素、塩を混ぜた生地に
たっぷりのにら、薄切りにした玉ねぎ、チーズを混ぜて焼きました。
たくさん作って冷凍しても。
食べるときはトースターで温めて酢醤油+ごま油をたれにします。


ストウブで作るキャベツと油揚げの白だし煮。

P1090977

油揚げは中身が詰まった厚いタイプが食べ応えがあってお気に入り。
暑いときは冷蔵庫から出してそのままでも。


人参2本、卵2こでたっぷり作った人参しりしり。

P1090975

ツナは入れず、味付けは顆粒の鰹だしと塩のみです。
こちらは絶対温めたほうが美味しい。


きゅうり、ツナ、コーン入りのポテトサラダ。

P1090978

本当は玉ねぎを入れたいのですが、途端に子どもたちの箸の進みが悪くなるので断念しました。


---

宣言解除が見えてきて、先週くらいから買い物は自分で行くようになりました。
頻度は3日に一度のペースに慣れてきたのでそのままで。

一時はヨーグルトや豆腐が多めに入っていた冷蔵庫。
まとめ買いの必要がなくなって、気が付いたら落ち着きを取り戻していました。

P1090980

下一段を常備菜スペースにできるのは久しぶりでした。



すき焼きで余った春菊でチヂミを作りました。

BlogPaint

生地は薄力粉と白玉粉を半々にしてカリカリモチモチに。


■材料(2枚分)

・春菊 70g
・人参 1/3本
・長ねぎ 1/2本

・薄力粉 50g
・白玉粉 50g ※なければ薄力粉100gでも
・卵 2こ
・水 50ml
・塩 小さじ2/3
・ごま油 大さじ2

■作り方

1.野菜を切る
・春菊は長さを揃えて切り、太い茎は細く切る。
・人参は千切り、長ねぎは斜め切りにする。

2.生地を作る
・白玉粉はすりこぎでついて粒を細かくしておく。
・卵、水、塩を混ぜたところに粉を加えて混ぜる。
・1の野菜を加えて混ぜ合わせる。

3.焼く
・フライパンにごま油大さじ1を熱し、生地の半量を丸く広げる。
・弱めの中火で3分ほど焼き、裏返してさらに3分焼く。残りの半量も同様に。


たれは醤油、酢、煎りごま各大さじ1、コチュジャン小さじ1を混ぜ合わせたものです。

BlogPaint


ほぼ春菊とねぎなので子どもは絶対無理だと思っていたら、
お好み焼きが好きな娘がいたく気に入って、1枚の半分くらい食べました。

BlogPaint

夫ですら言われるまで春菊だと気付かなかったくらい、
独特の苦みを感じない食べやすい味に仕上がりました。





↑このページのトップヘ