kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:タルトタタン

母の誕生日と来月の父の誕生日を一緒にお祝いするべく、子どもたちとケーキを焼きました。

P1060576


先日、今年から留萌に住んでいる義姉からりんごがたくさん届いたのでタルトタタンに決定。
紅玉とウースター・ペアメインというりんごを掛け合わせた「あかね」という品種だそうです。

P1060527

崩れにくく酸味があってお菓子作りにはもってこいのりんごです。


■材料(18cmの丸型1台分)

・りんご 3こ
・卵 2こ
・バター(食塩不使用) 100g
・粉砂糖 100g
・薄力粉 100g
・ベーキングパウダー 小さじ1と1/4
・グラニュー糖 100g
・バター30g

詳しいレシピは過去記事のリンクに。




P1060539


まずは娘がピーラーでりんごの皮をむきます。

P1060540


8等分のくし型に切るところまではお任せできますが、芯の処理はまだできません。

P1060549


息子は計量係。

P1060542


カラメルソースを作ります。

P1060550


グラニュー糖がだんだん溶けてきました。

P1060554


色付き始めたら手早く混ぜ、バターを加えます。

P1060556


りんごをからめて柔らかくなるまで火を通します。

P1060559


りんごを冷ましている間に型の準備。
バターを塗ってグラニュー糖をまぶしておきます。
このグラニュー糖が表面のシャリシャリ食感につながります。

P1060560


室温に戻してクリーム状にしておいたバターに粉砂糖を加えて混ぜます。

P1060563


同じく室温に戻しておいた卵を半分ずつ加えます。
少しでも冷たいと分離してしまう一番緊張するポイントですが、今回は大丈夫でした。

P1060567


薄力粉とベーキングパウダーをふるいながら加えて…

P1060569


底からさっくり混ぜ合わせます。

P1060570


りんごを敷き詰めたところに生地を絞り出していきます。
生地の固さを考えると、これが空気が入らない方法なのだと思います。

P1060572


表面をならしてオーブンへ。
170℃で40分焼きます。

P1060573


型に入れたまま冷まし、お皿を乗せてひっくり返すと飴色のりんごが!

P1060574

りんごの酸味とカラメルのしみこんだ生地がよく合うケーキです。



夫の誕生日にはエビチリを作るのが恒例です。

一番古い写真は2006年で、毎年作っているので今年は12回目。
年によって尻尾付きの大きなエビだったり、たけのこを一緒に炒めたりしていて
昨年スクランブルエッグを合わせたらおいしかったので今年もリピートしてみました。

BlogPaint

■材料(2人分)

・ブラックタイガーまたはむきエビ(大) 150g
・卵 2こ
・長ねぎ 10cm
・生姜 ひとかけ
・にんにく ひとかけ

【A】
・片栗粉 大さじ1
・酒 大さじ1
・塩 小さじ1/3
・こしょう 少々

【B】
・水 100ml
・トマトケチャップ 大さじ2
・酢 小さじ2
・鶏がらスープの素 小さじ1/2
・豆板醤 小さじ1/2~1
・片栗粉 小さじ1

・サラダ油
・塩 
・こしょう

■作り方

1.エビは殻をむき、背側を開いて背わたを取る。
2.【A】を加えてもみこみ、低温に熱したサラダ油(分量外)で表面が固まるまで油通しをして油を切っておく。
3.長ねぎ、生姜、にんにくをみじん切りにする。
4.卵は塩、こしょう少々を加えて大きくかき混ぜ、サラダ油を熱したフライパンでオムレツのようにふんわり半熟に焼いて取り出しておく。
5.フライパンにサラダ油をひき、生姜とにんにくを弱火で炒める。香りが出てきたら【B】を加え、煮立ったところに2、3、長ねぎを加えて炒め合わせる。


主菜がエビチリなので毎年おのずと献立は中華になります。

BlogPaint


白菜としめじの中華風クリームスープ。

BlogPaint

シャンタンスープで煮てから牛乳を加え、生姜のしぼり汁でキリッとしめています。


すりおろしたれんこんに塩と片栗粉少々を加えて丸めて焼いたれんこん餅。
れんこんスライスを乗せてごま油でカリッと焼いています。

BlogPaint

大根餅は作ったことがありましたが、れんこん餅ははじめて。
カリカリモチモチで風味も良くてとてもおいしくできました。
娘は絶賛!息子は一口かじって終了でした…


なめたけを乗せた冷奴。

BlogPaint

息子の冷奴には納豆を乗せたら、そればかり夢中で食べて他には目もくれず。


油通しをしたエビとふんわり卵を炒めて、ケチャップで和えたエビチリの子どもバージョン。

BlogPaint

エビ好きな娘はおいしい!と喜んでくれましたが…
息子は一目見るなり「それ、食べない!」と連呼し、お皿をどけるまで椅子に座ろうともしません!
やっぱりハードルが高かったかな。


食後にはタルトタタン
ロウソクを灯して娘の伴奏でハッピーバースデーを歌うところまではいつも通りでしたが、
嬉々として吹き消したのは息子でした。

BlogPaint


食わず嫌いの息子はケーキにも手を付けず、3人でおいしくいただきました。

BlogPaint

シナモン香る甘酸っぱいりんご×キャラメル×バター…
晩ごはん後としては危険なこちらのケーキはコーヒーとよく合いました!





「みんなのきょうの料理」より、こちら→紅玉のタルトタタン風のレシピで
タルトタタンを焼きました。

BlogPaint

紅玉が見つからなかったのでふじで。
お友達にいただいたシナモンスティックを一緒に煮て香りよく仕上がりました。
ただ、キャラメりゼの火入れがおっかなびっくりでちょっと焦がしが足りなかったため
色が若干薄くなってしまったのが反省点。

生地もバターと卵を室温に戻すのが甘かったようで分離しかけて焦りました。
こちらは湯煎にかけてなんとか修正。

BlogPaint

りんごを煮たときのカラメルソースが生地に浸み込んでしっとり。
冷蔵庫で一日馴染ませてから、夫のバースデーケーキとして登場予定です。





↑このページのトップヘ