kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:タカラ本みりん


「宝酒造×レシピブログ」のコラボ広告企画に参加しています。

タカラ本みりん簡単料理レシピ
タカラ本みりん簡単料理レシピ



モニタープレゼントでいただいた“タカラ本みりん「国産米100%」米麹で甘みまろやか”
を使ったレシピの第三弾!

P1110034


今回はミートソースに本みりんを加えて和風テイストにしてみました。

P1110207

コンソメの代わりに鰹だしの素を使い、仕上げに醤油も加えているのでどこか安心する味。
本みりんのおかげでトマトの酸味の角が取れてまろやかになります。


■材料(4人分)

・合いびき肉 200g
・玉ねぎ 150g
・人参 100g
・ホールトマト 1缶(g)

・米油 小さじ1
・顆粒鰹だしの素(食塩無添加) 小さじ1
・タカラ本みりん 大さじ2
・酒 大さじ1
・塩 小さじ1
・醤油 小さじ1

■作り方

1.玉ねぎ、人参はみじん切りにし、ホールトマトはつぶしておく。

2.鍋に米油を温め、合いびき肉を焼く。
焼き目がついたら返し、8割ほど火が通ったらほぐしながら炒める。

3.脂が透き通ってきたら玉ねぎ、人参を加えてしんなりするまで炒める。

4.ホールトマト、顆粒だしの素、タカラ本みりん大さじ1、酒、塩を加える。

5.様子を見て水を足しながらふたをして弱火で20分煮込む。

6.タカラ本みりん大さじ1、醤油を加え、ふたを外してたまに混ぜながら5分ほど煮詰める。


ストウブ鍋など無水調理が可能な場合、5の工程で水は足さなくても大丈夫です。

P1110197


18種類以上の豊富なアミノ酸が含まれているというタカラ本みりん。
トマトのグルタミン酸も同じアミノ酸の一種なので、相乗効果もあって味に深みが出ます。

P1110206


さらにチーズも加われば、最強…

P1110208

フレッシュなトマトの酸味を感じる王道のミートソースも好きですが、
優しい味わいの和風のミートソースもおすすめです。



「宝酒造×レシピブログ」のコラボ広告企画に参加しています。

タカラ本みりん簡単料理レシピ
タカラ本みりん簡単料理レシピ



モニタープレゼントでいただいた“タカラ本みりん「国産米100%」米麹で甘みまろやか”
を使ったレシピをご紹介しています。

P1110034


今回は切り干し大根といえば定番の、ほんのり甘い煮ものを作りました。

P1110103

砂糖を入れずみりんだけで煮ると、甘ったるくなくすっきりと上品です。


■材料(4人分)

・切り干し大根 30g(1袋)
・にんじん 1/2本
・油揚げ 1枚

・タカラ本みりん 大さじ3
・酒 大さじ1
・水 200ml
・白だし 大さじ3

■作り方

1.切り干し大根はさっと洗って被るくらいの水に5分ほど浸けて戻し、水気を軽くしぼってざく切りにする。

2.にんじんは千切り、油揚げは油抜きをして短冊切りにする。

3.鍋に1、戻し汁100ml、2、タカラ本みりん、酒、水を入れて火にかける。

4.煮立ったら白だしを加えて弱火にし、落としぶたをして15分煮る。


白だしで見た目は色が薄く仕上がりますが、しっかり味がしみています。
これも味のしみ込みをよくする本みりんのアルコールの力!

P1110104

本みりんにはうまみ成分のアミノ酸もたくさん含まれているので、
単なる甘みだけではなくコクとうまみが加わります。

夏は冷蔵保存して、温め直さず冷たいままがおすすめです。





「宝酒造×レシピブログ」のコラボ広告企画に参加しています。

タカラ本みりん簡単料理レシピ
タカラ本みりん簡単料理レシピ



今回モニタープレゼントとしていただいたのは、
“タカラ本みりん「国産米100%」米麹で甘みまろやか”という商品です。

P1110034


タカラ本みりんはずっと前から愛用しています。
国産米100%の本みりんであることに加え、改良された2WAYボトルが使いやすく、
ますますこちらの商品一択に!

P1110069


計量しやすい細口。

P1110067


多めに使うときはこちらの広口。

P1110068

1本でどちらにも対応できる画期的なボトルです。
酒や醤油もこのタイプになったら便利だなと思っています。


そんなタカラ本みりんを使ってまぐろの漬け丼を作りました。

P1110082


甘み以外にもコクやうまみ、てりやつやを出すのに欠かせない本みりん。
生臭みを消す効果もあるので、魚料理には特に重宝します。

P1110070

子どもも大好きな漬け丼なので、今回は煮切って使いました。


■材料(4人分)

・びんちょうまぐろ(さく) 300g
・タカラ本みりん 大さじ1と1/2
・醤油 大さじ3

・ごはん 適量
・刻み海苔 適量
・青じそ(千切り) 8枚
・煎りごま 適量

■作り方

1.まぐろは食べやすい大きさのそぎ切りにし、保存容器に並べる。

2.小鍋にみりんを入れて火にかけ、30秒ほど加熱して煮切る。
冷めたら醤油を加える。

3.2を1にかけて冷蔵庫で30分ほど寝かせる。

4.丼に温かいごはんをよそって刻み海苔を乗せ、3を並べる。

5.漬けだれをスプーン1杯程度回しかけ、千切りにした青じそを乗せ、煎りごまをふる。


麹作りにこだわっているというタカラ本みりんには、
9種類以上の糖と18種類以上のアミノ酸がバランスよく含まれているとのこと。
本みりんでしか出すことのできない上品な甘みです。

P1110083


表面のてりやつやも、本みりんならではの効果。

P1110078

とろっとしてごはんに合う漬けは、お刺身とはまた違った美味しさです。




↑このページのトップヘ