kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:シチュー


旬のかぶを使ってシチューを作りました。

P1120201 (2)

先日母と作ったときは牛乳でしたが、今回は豆乳鍋をして余っていた無調整豆乳を使いました。


■材料(4人分)

・かぶ 小7こ(350g)
・かぶの葉または茎 お好みで適量
・にんじん 1本
・じゃがいも 2こ
・鶏もも肉 1枚

・バター(食塩不使用) 20g
・薄力粉 大さじ2
・固形スープの素(コンソメ) 1こ
・水 200ml
・豆乳(無調整) 200ml
・塩 小さじ1
・ホワイトペッパー 少々

■作り方

1.かぶは皮をむいて半分(大きいものは四つ割り)に切る。
にんじんとじゃがいもは乱切りにし、じゃがいもは水にさらす。

2.鶏肉は一口サイズに切り分け、塩(分量外・少々)をふる。

3.ストウブ鍋(20cm使用)にバターを熱し、2を表面の色が変わるまで炒める。
かぶ、人参を加えてつやが出るまで炒める。

4.薄力粉を加えて粉っぽさがなくなるまで炒める
固形スープの素、水を加えて混ぜながらひと煮立ちさせる。あくが出ればすくう。

5.ふたをして弱火で15分煮込み、ローリエ、じゃがいも、かぶの葉を加えてさらに10分煮込む。

6.豆乳を加えて沸騰させない火加減でとろみがつくまで混ぜながら煮込む。
塩、ホワイトペッパーで味をととのえる。


※ストウブ使用で水の量が少なめになっています。
5の工程はふたができる鍋で、ひたひたの水加減で野菜が柔らかくなるまで煮込めばOKです。


水分の多いかぶは、先にスープで煮ておくと味がぼけません。
豆乳の場合は分離しやすいので火加減に注意して仕上げに加えます。

P1120212 (2)


野菜が少々煮崩れるくらいのちょうど良いとろみ加減。
鶏肉とバターのこくが加わって、市販のルウを使わなくても満足の味です。

P1120204 (2)


リクエストをくれた娘が喜びそうなクリーミーな味に仕上がりました。

P1120205 (2)


かぶといえば、もっと手軽にクリームコーンを使ったレシピも。



今年も北海道の親戚から新巻鮭をたくさんいただきました。
塩漬けしてから干す製法で、普通の塩鮭よりも旨みが凝縮されているのが特長です。

その鮭を相性のいい白菜やじゃがいもと合わせてクリームシチューを作りました。

BlogPaint

ストウブで無水の蒸し煮にすることで白菜の甘みが引き出され、
じゃがいもはいつもの通りホクホクになります。


新巻鮭はそのまま焼いてももちろんおいしいのですが、
やっぱりしょっぱいので今年も…

BlogPaint

塩抜きしてから調理。
水約3カップにみりんと酒(塩分のないもの)を各大さじ1加え、
サッと洗った鮭の切り身を浸し、冷蔵庫で4~5時間。
旨みを逃がさない塩抜き方法です。


■材料(4人分)

・塩鮭(切り身) 4切れ
・白菜 300g
・じゃがいも 小4こ
・しめじ 1株
・ホワイトソース缶 1缶
・牛乳 400ml

・ホワイトペッパー 少々
・薄力粉 大さじ2~3
・オリーブオイル 大さじ1
・バター 10g
・味噌 大さじ1と1/2

■作り方

1.鮭の下準備
・塩抜きした鮭は水気をおさえて皮と小骨を取り除き、ひと口大に切る。
・ホワイトペッパーをふり、薄力粉を薄くまぶす。
・フライパンにオリーブオイルをひき、中火で両面を焼き固める。

2.ストウブで野菜を煮る
・白菜とじゃがいもは食べやすい大きさに切り、じゃがいもは水にさらす。しめじはほぐす。
・鍋を温めてバターを溶かし、野菜を中火で軽く炒める。
・蓋をして火を弱め、10分蒸し煮にする。

3.仕上げる
・ホワイトソース、牛乳を加えて混ぜながら煮る。
・1の鮭を加えて2~3分煮込む。
・火を止めて味噌を溶かす。


副菜は常備菜のれんこんと豚肉のきんぴらと、冷奴。

BlogPaint

味噌を加えたのは大正解!
おかげでごはんにも合うシチューになったので(家族はごはんあり)
他のおかずも気にせず和風にしました。

新巻鮭を使ったわが家の定番は長らく鮭フライ三平汁でしたが、
シチューもこちらのレシピでメニューに追加することにします。




まだ9月も上旬だというのに朝晩涼しくて、早くもあったかメニューの登場。
コーンスターチでとろみをつけるのがポイントのさらりとしたシチューです。

BlogPaint

■材料(4人分)

・鶏もも肉 300g
・人参 中1本
・じゃがいも 中2こ
・しめじ 1/3パック
・アスパラガス 4本 (ブロッコリー、インゲンなどでもOK)

・無塩バター 20g
・ローリエ 1枚
・固形スープの素 1こ
・牛乳 500ml
・コーンスターチ 大さじ3
・水 大さじ3
・塩
・ホワイトペッパー

■作り方

1.鶏肉はひと口大に切り分けて塩をふる。
2.人参、じゃがいもはひと口大に、しめじは石づきを切って小房に分け、アスパラガスは下処理をしてサッと茹でておく。
3.ストウブにバターの半量を溶かし、鶏肉を薄い焼き色がつくまで中火で焼く。
4.残りのバター、人参、じゃがいも、しめじを加えて軽く炒めたら、ローリエを加えて蓋をし、弱火で5分蒸し煮にする。
5.固形スープの素、牛乳を加え、ときどき混ぜながら弱火で15分煮る。
6.大さじ3の水で溶いたコーンスターチを回し入れ、混ぜながらさらに1~2分煮る。
7.アスパラガスを加え、塩、ホワイトペッパーで味をととのえる。

BlogPaint

シチューをメインに、HBで焼いたパンと、簡単なサラダの晩ごはんでした。




突然ですが、ロシアの「文化」が好きです。

BlogPaint

ロシア語の響き、マトリョーシカ、もの悲しいロシア民謡(トロイカとかペチカとか)、
ロシア語通訳者の米原万里さんと、その著書も好き。
そしてロシア料理!
新婚旅行先の候補に挙げたくらい昔から好きでしたが、未だ旅行は実現していません。

新宿で働いている頃に通っていたロシア料理店ではお目にかからなかった「ヨージキ」という料理は
ソチオリンピックをきっかけに個人的にロシア料理ブームが到来したときに(単純!)
あれこれ調べて作ったうちの一つです。

BlogPaint

今回はストウブブレイザーで作ってみたので覚え書きを。


■材料(3~4人分)

【ミートボールの材料】
・合挽き肉 300g
・塩 小さじ1/3
・こしょう 少々
・ナツメグ 少々
・米 0.5合(約大さじ4)
・玉ねぎ 小1/2こ
・牛乳 大さじ1

【トマトシチューの材料】
●玉ねぎ 小1/2こ
●にんじん 1/3本
●キャベツ 2~3枚  ●野菜は合わせて150g程度
・ホールトマト 1缶
・オリーブオイル 小さじ1
・ベジブロス(または水) 200ml
・ローリエ 1枚
・塩 小さじ1/2

・サワークリーム 適量
・パセリ

■作り方

1.米は洗って30分ほど浸水する。ミートボールの玉ねぎはみじん切りにして、レンジでしんなりするまで加熱して冷ましておく。
2.玉ねぎとにんじんは薄切り、キャベツはざく切りにする。
3.ストウブにオリーブオイルを温めて2の野菜を炒める。しんなりしたらホールトマトを加えてさらに炒め、蓋をして弱火で15分煮込む。
4.合挽き肉に塩、こしょう、ナツメグを加えて手早く捏ねる。粘りが出たら水気をよく切った米、玉ねぎ、牛乳を加えてさらに混ぜる。
5.3にベジブロス、ローリエ、塩を加える。煮立ったら4のタネをひと口大にまとめ、空気を抜きながらボール状に丸めて鍋に入れていく。全部入れたら最初に入れたものから順に上下を返し、蓋をして弱火で15分煮込む。
6.皿に盛りつけ、サワークリームを乗せてパセリを散らす。


ロシア料理には欠かせないサワークリームも添えてみました。
クリーミーだけどさっぱり!全体をまとめてくれます。

BlogPaint


お米が入っているので、主食はごはんではなく焼いたばかりのコーンブレッドにしました。

BlogPaint

付け合わせはピコ・ココットで、いつものじゃがいもとパプリカの蒸し焼きに。

BlogPaint

お米の食感が楽しいトマト煮込みハンバーグでした。

ちなみに、聞き慣れない「ヨージキ」という名前はロシア語では「ハリネズミ」。
煮込むと混ぜ込んでいたお米に火が通って膨らみ、
外側にツンツンと飛び出して見た目がハリネズミのようになることから名付けられたそうです。
なんて可愛いんだろう!


 

↑このページのトップヘ