kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:コチュジャン


「福島クッキングアンバサダー」の活動です。


福島県産ピーマンを使い、ピーマンをいつもより増量してプルコギを作りました。
下味を揉み込んで炒めるだけの手軽なレシピです。

P1110417

ピーマンは最後に加えて瑞々しい食感を残すようにしました。


■材料(2人分)

・牛薄切り肉 200g
・福島県産ピーマン 3こ
・玉ねぎ 1/2こ

【A】(肉の下味)
・コチュジャン 大さじ1
・酒 小さじ1
・醤油 小さじ1
・塩 小さじ1/4
・すりおろしにんにく 1/2かけ分
・煎りごま 小さじ1
・米油 小さじ1

■作り方

1.調理用ポリ袋に牛薄切り肉、【A】を入れてよく揉み込み、冷蔵庫で30分以上置く。

2.ピーマンはへたと種を取って斜め細切りに、玉ねぎは薄切りにする。

3.温めたフライパンに1を広げて焼く。

4.半分くらい火が通ったら玉ねぎを加えて炒める。

5.肉にほぼ火が通り、玉ねぎがしんなりしてきたらピーマンを加えて30秒~1分炒める。


今回はコチュジャンベースですが、醤油にしても味噌にしても、
甘辛い味付けのお肉とピーマンはどうしてこんなにも合うのだろう!

P1110413

甘みと苦みを持ち合わせたピーマンならではの相性の良さです。


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー





冷たくて酸っぱくて辛いものが食べたくて…
そうめんをビビン麺風にアレンジしてみました。

P1100971


■材料(2人分)

・そうめん 200g
・茹で鶏 100g ※
・キムチ 50g
・きゅうり 1本
・ゆで玉子 1こ

【A】
・コチュジャン 大さじ2
・麺つゆ 大さじ2
・酢 小さじ2
・レモン汁 小さじ1
・胡麻油 小さじ1
・豆板醤 小さじ1/2 (お好みで)
・にんにくのすりおろし 1/2かけ分
・煎りごま 少々

鍋に800mlの水、生姜スライス2枚、酒小さじ1、塩小さじ1/2を加えて沸騰させる。
鶏むね肉1枚を入れてひと煮立ちさせ、ふたをして粗熱が取れるまで冷ます。

■作り方

1.茹で鶏は手で割き、きゅうりは千切りにする。

2.【A】を大きめのボウルに入れて混ぜ合わせておく。

3.素麺は表示通りに茹で、流水で冷やし水気をしっかりしぼる。

4.3を2に入れてあえ、器に盛る。

5.1、キムチ、半分に切ったゆで玉子を盛り付ける。


お酢オンリーでもいいですが、レモンを加えると爽やかです。

P1100972


混ぜてみたところ。
きゅうりはたっぷり入れるのが食感も良くおすすめです。

P1100664

この夏のわが家のヒット作になりそうです!



「ひんやり・つるつる♪冷たい麺料理」コーナーにレシピを掲載中!

コチュジャンベースのたれに漬けた鶏肉を野菜と一緒に炒めて、
最後にチーズをたっぷり加える話題の「チーズタッカルビ」。
ホットプレートがないわが家はストウブブレイザーで作ってみました。

BlogPaint

■材料(4人分)

・鶏もも肉 2枚
・キャベツ 1/4こ
・玉ねぎ 1こ
・じゃがいも 1こ
・にんじん 小1本

【A】
・コチュジャン 大さじ2
・醤油 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・酒 大さじ1
・にんにくのすりおろし 1かけ分

・ごま油 大さじ2
・チーズ(溶けるタイプ) 50g

■作り方

1.材料の準備
・鶏肉は皮と脂肪を取り除いて食べやすい大きさに切り、混ぜ合わせた【A】に15分ほど漬けこむ。
・キャベツはざく切り、玉ねぎはくし切り、じゃがいもは小さめの乱切り、人参は短冊切りにする。

2.焼く→蒸し焼きにする
・ストウブをよく熱してからごま油を入れ、全体になじませる。
・鶏肉を広げて焼き、色が変わったら返す。
・野菜を加えて返すように混ぜ、蓋をして弱めの中火で5分蒸し焼きにする。

3.チーズを加えて仕上げる
・蓋を取って上下を返すように混ぜ、真ん中を開けてチーズを広げる。
・蓋をして1分ほど加熱し、チーズを溶かす。


24cmのブレイザーだと、返すのもやっとなくらいの溢れんばかりの大量の野菜たちも
蓋をして数分で水分が出て、しっかり鶏肉となじみます。

BlogPaint


チーズはモッツァレラミックスのシュレッドチーズに、チェダーチーズのスライスをプラス。
何種類か混ぜると味に深みが出ます。

BlogPaint


子どもたちも一緒に食べられるように辛味の追加はなしで。
コチュジャンの甘みとチーズのまろやかさで、食べやすい味に仕上がりました。

BlogPaint


本物を食べたことがなく、あくまでかき集めた情報で作った自己流レシピですが、
手軽にできて間違いない味。
チーズがグツグツしている様も盛り上がります!


たっぷりの野菜を茹でて、ナムルを作りました。

BlogPaint

■材料

・人参 大1本
・ほうれんそう 1束(7~8把)
・豆もやし 1袋

【A】
・醤油 大さじ2
・砂糖 小さじ2

【B】
・すりごま 大さじ2
・ごま油 大さじ2
・にんにくのすりおろし 1かけ分

・塩
・酢 
・七味(一味)唐辛子

■作り方

1.人参はピーラーで千切りにし、塩少々を加えた湯で1分茹でて水気を切る。
2.ほうれんそうはよく洗って1の熱湯でさっと茹で、水にさらして水気をしぼる。4~5cmの長さに切る。
3.豆もやしはひげを取り、酢と塩少々を加えた湯でさっと茹でて水気を切る。
4.人参とほうれんそうには【A】をそれぞれ大さじ1程度加えてあえる。そのあと【B】も大さじ1程度加えてあえる。
5.豆もやしには【B】と塩少々、七味唐辛子を加えてあえる。

BlogPaint

要は、①茹でて②醤油と砂糖で味をつけ③ごまとにんにくの風味をつけるというだけです。


このまま常備菜としてももちろんおいしく食べられます。
でも、ナムルを作ったらビビンパにしたいよね!ということで…

BlogPaint

豚バラ肉に塩、こしょうをしてごま油で炒めたところにキムチを加え、
醤油少々で味付けした豚キムチ。
それから温泉玉子、小さじ1程度のコチュジャンを添えて。

ストウブで石焼き風にすることも考えましたが、
どんどん火が通ってごはんが固くなるのがネックでわたしは焼かない派。
夫は焼く派だというので、そのうち試してみようかな。



にほんブログ村

野菜不足だなーと思ったとき、レタスが一玉98円だったとき…
昔焼肉屋さんで食べたサニーレタスたっぷりの韓国風サラダを真似て
わが家ではこれを作ります。

BlogPaint

材料はレタスをたっぷり1/2~2/3玉、きゅうりと大根と、彩りに人参を少々。


たったこれだけなのに、家族(わたしの両親にも好評◎)に人気の理由は
ドレッシングにあります。

BlogPaint

■材料

・レタス 1/2~2/3玉
・きゅうり 1/2本
・大根 5cmくらい
・人参 1/3本

【A】
・醤油 大さじ1と1/2
・酢 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・コチュジャン 小さじ1
・ごま油 大さじ1
・煎りごま たっぷり

■作り方

1.レタスは洗って(50℃の湯につけるとパリッとする)サラダスピナーか布巾で水気をよく切っておく。
2.その他の野菜はピーラーで千切りにし、水気をよくしぼっておく。
3.【A】をよく混ぜ合わせ、食べる直前にかけて軽くあえる。


説明、いらなかったかな…

BlogPaint

夫が洋風でしかも乳化しているタイプのドレッシングが好きではなく、
特にフレンチドレッシングとサウザンアイランドはNG!
かと言って野菜が嫌いなわけではないので「そのままで食べる」と…
こちらとしては味気ない素のままの野菜をもっとおいしく食べてほしいと思って
三杯酢をベースにごまとコチュジャンを足して韓国風にしたのが始まりでした。

コチュジャンを使っているだけで果たして「チョレギサラダ」なのかどうかは不明ですが
もう家ではこの名前で通しているのでそのままご紹介しました。
ちなみに、昨日の塩麹唐揚げの添えものになっているのがこちらです。




↑このページのトップヘ