kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:コシヒカリ


「福島クッキングアンバサダー」の活動です。

P1110800 (2)


食味、生産量共に福島県が誇る「会津コシヒカリ」の新米で作る炊き込みごはんのご紹介です。

P1120036 (2)


「会津コシヒカリ」についてはこちらの記事に。




■材料(4人分)

・会津コシヒカリ 2合
・鶏もも肉 2枚(600g)
・塩 小さじ2
・水 340ml
・生姜スライス 4~5枚
・酒 大さじ1
・鶏がらスープの素 小さじ1

■ねぎだれの材料

・米油 大さじ1
・生姜のみじん切り 1かけ分
・にんにくのみじん切り 1かけ分
・青ねぎの小口切り ひとつかみ
・醤油 大さじ3
・酢 大さじ3

■作り方

1.会津コシヒカリは洗ってしばらくざるに上げて水気を切る。

2.炊飯器の内釜に米と水を入れて30分浸水する。

3.鶏もも肉は脂肪や筋を処理し、1枚につき塩小さじ1をすり込み20分ほど置く。

4.2に酒、鶏がらスープの素を加えて混ぜ、皮目を上にした鶏肉、生姜のスライスを並べて炊飯する。

5.小さめのフライパン(鍋)に米油、生姜を入れて火にかける。

6.香りが出てきたら青ねぎを加え、馴染んだら酢と醤油を加えて火を止める。

7.鶏肉は切り分けてごはんとともに盛り付け、6のねぎだれを添える。


ごはんも鶏肉もふっくらとした炊きあがり!

P1120031 (2)


鶏のだしが染みたごはんはおこげもできて絶品です。

P1120032 (2)


お好みでゆで玉子のスライスや、きゅうり、レタスを添えて。

P1120034 (2)


ねぎだれは和風の酢醤油ベース。
ごはんにも鶏肉にも合うのでたっぷりかけるのがおすすめです。

P1120035 (2)


本場ではたれにナンプラーを利かせ、ごはんはタイ米のジャスミンライスで炊くそうですが、
わが家ではたまにもち米を1/4ほど混ぜて作るほど、もっちり食感も合うと思っています。

P1120036 (2)


水分があるけれどべちゃっとしない、艶やかでもちっとした食感の「会津コシヒカリ」。
いつもの炊き込みごはんも、より美味しく出来上がります。

P1120037 (2)


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー




「福島クッキングアンバサダー」の活動です。

福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー


全国屈指の収穫量を誇る米どころの福島県。
令和元年産米の食味ランキングでは、会津地方・中通り・浜通りのすべてのコシヒカリと、
中通りのひとめぼれが「特A」(※)を獲得しています。
「会津コシヒカリ」は東日本大震災の翌年と平成15年の冷害の年を除けば、
平成元年から数えて24回の「特A」を獲得しているそうです。

※特Aとは
「米の食味ランキング」の最高位。
全国でとれる米の味・香り・粘りなど6項目で試験を実施し、特に良好なものが「特A」とされます。



福島のお米といえば、“ふっくん・しまちゃんのコシヒカリ・ひとめぼれ”が聞き馴染みのある2品種。
中でも「コシヒカリ」は東北地方では福島県が最大の生産量を誇るのだそうです。

P1110800 (2)

冬は雪が多く、日本海側気候の会津盆地。
朝晩と昼の温度差が甘みのある良質な米を育てます。


「会津コシヒカリ」は炊飯器以外にストウブでも何度か炊飯しています。
鍋炊きは浸水さえしっかりできれば、炊飯時間そのものは蒸らしを入れても30分未満!
慣れるととても簡単です。

P1120064 (2)

鍋炊きならではのもっちりとした美味しさをご紹介します。


■材料(2合分)

・会津コシヒカリ 2合(360ml)
・水 360ml

■炊き方

1.米は水を3回ほど替えて洗い、ざるに上げて10分ほど水切りする。
2.ボウルに1、360ml(3合なら540ml)の水を入れて30分~1時間浸水させる。
3.ストウブ鍋に2を移し、蓋を半分くらいして中火にかける。
4.沸騰して大きな泡が出てきたら蓋をして強火で1分、弱火にして9分炊く。
5.火を止めて蓋をしたまま12分置いて蒸らし、底からさっくり混ぜる。


ツヤツヤとして、もっちりふっくら!
味はもちろん、見た目にも最高品質の新米です。

P1120065 (2)


そんなお米を美味しく食べるために用意したおかずたち。
先日両親が届けてくれた郡山産の野菜で何品か作りました。

P1120078 (2)


わが家の冬の定番、白菜と油揚げの白だし煮。
オフシーズンはキャベツで作っています。

P1120070 (2)


肉厚の菌床しいたけの甘辛い佃煮。
(次回の福島クッキングアンバサダーで届くのは菌床しいたけだそうで楽しみです!)

P1120072


ハムときゅうりのシンプルなポテトサラダ。

P1120069 (2)


郡山産の大根や白菜を使った野菜たっぷりの豚汁に、刻んだせりと柚子風味の唐辛子をかけて。

P1120077 (2)

作り慣れたいつものおかずで、炊きたての「会津コシヒカリ」がすすむ献立になりました!



「千葉県産米需要拡大推進協議会×レシピブログ」のコラボ広告企画に参加しています。

P1060675


前回に続き千葉県産コシヒカリの新米を使った「スピード混ぜごはん」のレシピです。

P1060473

きのこをバターでサッと炒めたところにオイルサーディンを加え、お醤油で味と香りをつけます。
それを炊き上がった新米に混ぜるだけというまさにスピード混ぜごはん!
詳しい分量と作り方です。


■材料(2人分)

・千葉県産コシヒカリ新米 1カップ(180ml)
・まいたけ 30g
・しめじ 30g
・オイルサーディン(オイルを切っておく) 60g(2尾)
・バター 10g
・醤油 小さじ1と1/2
・塩 少々

■作り方

1.千葉県産コシヒカリ新米は洗い、ざるに上げて自然に水を切る。30分ほど浸水して炊く。
2.フライパンにバターを熱し、ほぐしたまいたけとしめじを強火で1分炒める。
3.オイルサーディンを加え、醤油を回しかけて軽く火を通す。
4.炊き上がったごはんに3を加えてさっくりと混ぜ合わせる。


バター醤油にモチっと甘い新米、イワシの旨み…簡単なのになかなか贅沢!
旬のきのこをたっぷり入れた食感も良い混ぜごはんです。

P1060677

そういえば…イワシとお醤油といえば千葉県です!

小学2年生の秋の校外学習ではキッコーマンの醤油工場を見学し、
ミッキーのガラス製のお醤油ボトルをもらって嬉しかったことを思い出しました。


【レシピブログの「ちばのお米でおいしい♪スピード混ぜごはんコンテスト」参加中】
スピード混ぜごはん料理レシピ
スピード混ぜごはん料理レシピ



先日、千葉県から新米が届きました。
今回は「千葉県産米需要拡大推進協議会×レシピブログ」のコラボ広告企画です。

P1060473

わたしは千葉県の玄関口で育ちました。
社会人になって仕事ではじめて赴任したのも千葉県の海辺の町。
夫も学生時代は千葉県で過ごし、現在も親戚が住んでいるという何かとご縁のある県です。

モニター募集を知った8月末にはまさかこんなことになるなんて…
心配になってリーフレットを読んだところ、稲刈りは関東で一番早い8月中旬から。
台風シーズン前に刈り取るのだそうです。
無事に全ての新米の収穫が終えられていると信じたい。
報道で見知った地名が出るたびに早く復旧してほしいと願うばかりです。


さて、テーマは「スピード混ぜごはんレシピ」。
いただいた新米を炊いて混ぜごはんを作っていきます。
まずは火を使わない簡単レシピです。

P1060502

■材料(2人分)

・千葉県産コシヒカリ新米 1カップ(180ml)
・小松菜 2把(100g)
・ちりめんじゃこ 大さじ3
・煎りごま 大さじ1
・塩 小さじ2/3

■作り方

1.千葉県産コシヒカリ新米は洗い、ざるに上げて自然に水を切る。30分ほど浸水して炊く。
2.小松菜はよく洗ってみじん切りにし、塩を加えて揉み、5分ほど置いてから水気をしぼる。
3.炊き上がったごはんに2、ちりめんじゃこ、煎りごまを加えてさっくりと混ぜ合わせる。


大根の葉を使った菜めしに比べて辛みや苦味がなく、塩揉みだけでも食べやすくておすすめ。
小松菜・ちりめんじゃこ・ごまはカルシウム豊富な食品の代表格でもあります。

P1060505


ごま油を少々加えてオイルおにぎりにしたバージョンも。

P1060506

粘りがあって甘みがあってツヤツヤの新米。
ありがたくいただいています。


【レシピブログの「ちばのお米でおいしい♪スピード混ぜごはんコンテスト」参加中】
スピード混ぜごはん料理レシピ
スピード混ぜごはん料理レシピ



↑このページのトップヘ