kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ココアパウダー

子どもたちとクッキー作り。
今回はハロウィンバージョンです。

BlogPaint


生地を2つに分け、一方は鮮やかなオレンジ色が出るかぼちゃフレークを、
もう一方は真っ黒に色付けできるブラックココアパウダーを練り込んでいます。

BlogPaint

■材料(約30枚分)

・薄力粉 200g
・無塩バター 100g
・砂糖 50g
・かぼちゃフレーク 30g
・ブラックココアパウダー 15g
・牛乳 大さじ3

■作り方

1.材料の準備
・薄力粉をふるいにかける。
・無塩バターを1cm角に切る。

2.生地を作る
・フードプロセッサーに1と砂糖を入れ、バターがサラサラになり砂糖の粒がなくなるまで撹拌する。
・計量して半分に分ける。
・一方にはパンプキンパウダー、牛乳大さじ2を加えて再び撹拌する。
・もう一方にはブラックココアパウダーと牛乳大さじ1を加えて撹拌する。

3.生地をのばして休ませる
・撹拌してまとまりが出てきたら保存袋に入れ、麺棒でのばす。
・冷蔵庫で30分ほど休ませる。

4.型抜きして焼く
・4~5mmの厚さにのばして型抜きする。
・180℃に予熱したオーブン(中段)で14~15分焼く。

BlogPaint


やめておけばいいのに、ここから禁断のデコレーション作業…

BlogPaint


こういうのが大の苦手で、実は楽しめません…
娘は上手くいこうがいくまいが、楽しんでデコレーションしていました。

BlogPaint

息子は計量とフープロにかける作業には参加しましたが、
途中で飽きて戦線離脱してしまいました。


お砂糖控えめでしっかりかぼちゃの味がするし、ココアもきちんとほろ苦くて
わりと大人向けのレシピです。


ココアパウダーを混ぜて食パンコースでココアブレッドを焼きました。

BlogPaint

焼いている間から広がるチョコレートの香り。
焦がすのが怖くて焼き上がりより4分ほど早く取り出しました。


■材料

【A】
・強力粉 250g
・ココアパウダー 大さじ2
・砂糖 大さじ2
・塩 小さじ1
・無塩バター 20g
・牛乳 180ml

・ドライイースト 小さじ1

【A】を上から順番にケースに投入し、ドライイーストはイーストケースへ。
焼き色は「淡」コースに設定しています。


菓子パンほどの砂糖は加えていないので、ほんのり甘いくらいのビターテイスト。
翌朝少し手をかけてフレンチトーストにしました。

BlogPaint

相性の良いオレンジシナモンジャムを添えて。
朝からしっかり濃厚でコーヒーが進む…
ジャムはもう一瓶買えばよかったと思うくらい好評で減りも早いです。





↑このページのトップヘ