kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ココア


ボーソー米油部の活動です。

今月のテーマは「バレンタインにもぴったり♪パン&スイーツ」。
生地に溶かしバターを入れる代わりに米油を使ったクレープのレシピです。

P1080233


バレンタインを意識してココアクレープにしてみました。
米油を加えて寝かせることでしっとりした生地になります。

P1080236


■材料(20cm×10枚分)

【A】
・薄力粉 50g
・ココアパウダー 小さじ2
・塩 少々

・卵 2こ
・砂糖 大さじ1
・牛乳 200ml
・ボーソー米油 大さじ1

・粉砂糖、バナナ、クルミ、チョコレートなど 適量

■作り方

1.【A】は合わせてふるっておく。

2.卵を割りほぐし、砂糖を加えて混ぜ、牛乳、米油の順に加えてさらによく混ぜる。

3.1をもう一度ふるいながら数回に分けて加え、そのつどよく混ぜ合わせる。

4.ラップをして冷蔵庫で30分以上寝かせる。

5.フッ素樹脂加工のフライパンを温め、米油(分量外・少々)をキッチンペーパーで薄く塗り広げる。

6.生地を流してフライパンを回しながら薄く広げ、生地の表面が乾いて縁がめくれてきたら竹串でひっくり返す。

7.裏は10秒ほどさっと焼いて冷ます。


息子は湯煎で溶かしたチョコレート、バナナ、粉砂糖。

P1080235

わたしはクルミと粉砂糖。


娘はバナナを巻いてクルミと粉砂糖。
それぞれトッピングを楽しみました。

P1080238

甘さ控えめでほろ苦いココアクレープ。
バターの香りもいいですが、米油でチョコレートの香りを引き立てるのもおすすめです。

バレンタインにもぴったり♪パン&スイーツ
バレンタインにもぴったり♪パン&スイーツ




「ネクストフーディスト」の活動です。

今回は石垣食品株式会社さんの「粉末ごぼう茶」をお菓子作りに使いました。
あの有名な「フジミネラル麦茶」の石垣食品さんです。

P1030222


国産ごぼうを皮付きのままじっくり焙煎してお茶にしたものをさらに粉末にしたとあって、
香ばしく力強いごぼうの香りがします。

P1030221

これはビターなカカオやナッツとの相性が良さそう!と思い
クルミと共に焼き菓子に混ぜ込んでみたのでした。


■材料(15cm×15cmの耐熱容器1つ分)

【A】
・薄力粉 30g
・ココアパウダー 20g
・粉末ごぼう茶 2袋(4g)
・ベーキングパウダー 小さじ1/4
・塩 少々

・無塩バター 30g
・グラニュー糖 50g
・卵 1こ
・クルミ 20g

■作り方

1.無塩バターと卵は室温に戻しておく。

2.【A】は合わせてふるい、クルミは刻む。

3.ボウルにバター、グラニュー糖を入れてすり混ぜ、溶いた卵を少量ずつ加えてそのつどよく混ぜる。

4.クリーム状になったらクルミ、ふるった粉類を2回に分けて加え、さっくり混ぜる。

5.容器(または天板)にオーブン用シートを敷き、生地を流して平らにならす。

6.180℃のオーブンで15分焼く。

7.シートを剥がして冷まし冷めたら好きな形に切る。


焼きたての温かいうちはごぼうの香りが強く、冷めるとなじみます。
娘の感想は…「大人味だね。」でした。

P1030224


旬の新ごぼうを細かく切って混ぜ込むのもありだったかもー!と
焼き上がったあとで気付く…

P1030223

食物繊維などの栄養が手軽に取れるごぼう粉末。
スイーツとの組み合わせに可能性を感じます!


ネクストフーディスト

お父さんと弟にバレンタインのお菓子を作りたい!ということで
娘がココアプリンを作りました。

昔からよく作っているプリンのレシピにココアパウダーを加えてバレンタイン仕様にしたのですが
牛乳を沸騰直前まで温めるところがちょっと甘かったようで、パウダーが分離。

BlogPaint

微妙に失敗。
でも中はちゃんとココアプリンになっていました。

BlogPaint


■材料(120mlのプリン型4こ分)

・牛乳 400ml
・グラニュー糖 50g
・全卵 2こ
・卵黄 1こ分 ※共にMサイズ・室温に戻しておく
・ココアパウダー 小さじ1

■作り方

1.小鍋に牛乳、グラニュー糖、ココアパウダーを入れて弱火にかけ、混ぜながら沸騰直前まで温める。
2.卵を泡立てないように溶きほぐし、1に加えて裏ごしする。
3.プリン型に薄くバターを塗り、2を注ぐ。表面に気泡があればつぶしておく。
4.160℃に予熱したスチームオーブンで40分ほど焼き、粗熱を取って冷蔵庫で冷やせば出来上がり。 
※スチーム機能を使わない場合は、熱湯を張った耐熱皿に乗せて焼きます。

BlogPaint

まずは計量。

BlogPaint

砂糖は50gなのにドサドサ入れていて気が付いたときには100g超え!
500gと間違えたそうです。
これはケースに戻しているところ。

BlogPaint

わが家の量りはアナログのため、目盛の見方の勉強にもなっています。

BlogPaint

混ぜながら牛乳を温めているところ。
ガスコンロでの作業はなるべく早く終わらせたい娘が「もういい?もういい?」と言うので
ちゃんと溶けなかったのだと思います。(言い訳)

卵を割りながら卵黄を取り出すこともできるようになりました。

BlogPaint
(全部Mサイズなのに卵黄の大きさにずいぶんバラつきが)

新しい泡だて器でレッツラまぜまぜ。(←毒されています。)

BlogPaint

型にバターを塗って

BlogPaint

牛乳と合わせて濾したプリン液を型に注ぎます。
このときは分離していなかったのにな…。

BlogPaint

オーブンで焼いて、丸一日冷やしてデコレーション。

BlogPaint

予想通りチョコペンは難しく、「おとうさん」の文字で精一杯。
本当は「おとうさんおしごとがんばって」と書きたかったそうです。

BlogPaint

息子も自分でいちごを飾りました。

BlogPaint

娘のバレンタインは昨年がカップケーキ、おととしが無印のキットのトリュフでした。
トリュフは火を使わないところに魅かれて選んだのですが、
丸めるところで手が真っ黒になるしパウダーは舞い散るしで大変。
今年は仕上がりに悔いは残るものの、トッピングまで楽しめてよかったと思います。



にほんブログ村

↑このページのトップヘ