kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ケーキ

「フーディストアワード2019スペシャルBOXモニタープレゼント」でいただいた商品のお試しです。

昭和産業さんの「ケーキのようなホットケーキミックス」で2品目。
今回はりんごと合わせて蒸しケーキを作ってみました。

P1060496


バターミルクパウダーの風味とバニラの香りがリッチなミックスです。

P1060245


■材料(ココット型/8号のカップ6こ分)

・卵 Mサイズ1こ
・りんご1/2個
・ケーキのようなホットケーキミックス 100g

・砂糖 大さじ1
・米油(サラダ油でも可) 大さじ1
・牛乳 大さじ4

■作り方

1.卵に砂糖を加え、ハンドミキサーで白っぽくもったりするまで混ぜる。
2.りんごをすりおろしながら加え、米油、牛乳を加えて混ぜ合わせる。
3.ケーキのようなホットケーキミックスを3回くらいに分けて加え、粉が消えるまで混ぜる。
4.カップを敷いたココット型に入れ、蒸気の上がった蒸し器にセットして強火で20分蒸す。


ミルク風味のミックスとりんごの甘みが相性抜群。

P1060493


蒸しケーキは焼くのとはまた違った優しい味わいです。

P1060497


モニターコラボ広告企画に参加しています。
フーディストアワード2019
フーディストアワード2019


混ぜていくだけでとても簡単なハミングバードケーキをアレンジしてみました。
ココナッツロングをたっぷり入れて、バナナを豆腐に代えています。

BlogPaint


■材料(18cmのエンゼル型1台分)

【A】
・薄力粉 150g
・強力粉 75g
・ベーキングソーダ 小さじ2/3 (食感が変わりますがベーキングパウダーでも可)
・シナモン 小さじ1/2

・砂糖 90g
・塩 小さじ2/3
・パイナップル(缶詰)の輪切り 4枚(150g)
・充填豆腐 150g 
・ココナッツロング 40g
・米油 100ml (サラダ油でも可)
・牛乳 大さじ4

■作り方

・エンゼル型にサラダ油(分量外少々)を塗って薄力粉を薄くはたいておく。
・オーブンは180℃に予熱を始める。

1.【A】を合わせてふるいにかける。
2.パイナップルは細かく切り、豆腐は潰してなめらかにする。
3.【A】に砂糖と塩を加えて混ぜ、米油、パイナップル、豆腐、ココナッツを加えて混ぜ合わせる。
4.型に生地を入れ、5cm程度の高さから数回落として空気を抜く。
5.180℃のオーブンで50分焼く。途中で表面が焦げるようならアルミホイルをかぶせる。


実は卵を入れ忘れるというミスを犯したのですが、結果オーライ!
お豆腐のおかげで軽い仕上がりになりました。

BlogPaint


ココナッツのザクザク食感と、パイナップルのレア感がいいバランスです♪

BlogPaint


娘も絶賛!

BlogPaint

息子が習い事の日で、二人きりのおやつタイムでした。


熟しすぎたバナナを救済すべく、子どもたちとバナナケーキを焼きました。
レシピはしっとりバナナとアーモンドのケーキ
今回はアーモンドの代わりにクルミを使っています。

BlogPaint
水切りカゴをなくしたので作業スペースが広く取れて嬉しい!)


くもんに行った娘が予定時刻を過ぎても帰ってこないので、息子と先にスタート。
クルミを袋に入れて麺棒で叩いて砕きます。

BlogPaint


粉類の計量も。
ベーキングパウダーはすり切り棒を使ってしっかり計量。

BlogPaint


薄力粉、ベーキングパウダー、シナモンパウダーを合わせてふるいます。

BlogPaint


「まーるくなってるの(ダマ)、つぶしたい!」と言うので、フォークが登場。

BlogPaint


数字が読めるようになったので、お砂糖を量るのも真剣です。

BlogPaint


ここで帰宅した娘が参戦!
室温に戻したバターと砂糖を混ぜ合わせる作業をお願いしました。
息子はバナナの皮をむいてフォークで潰します。

BlogPaint


バナナは娘が仕上げをし、息子は卵を溶いています。

BlogPaint


一番大変なバターと卵を合わせる工程。
どれだけ室温に戻しても分離しがちなので途中で湯煎にもかけました。

BlogPaint


粉→バナナ→クルミの順に混ぜていきます。
混ぜ作業は取り合い!

BlogPaint


オーブンシートを敷いたパウンド型に流して、180℃のオーブンで30分ほど焼きました。

BlogPaint


粗熱が取れたところで少しだけ味見をし、冷蔵庫で寝かせて翌日。

BlogPaint


焼きたてホカホカももちろんいいですが、冷蔵庫で寝かせてしっとりギュッとさせるのが好み。
クルミが香ばしくシナモンのアクセントが利いています。

BlogPaint

子どもたちはホットミルク、大人はブラックコーヒーで美味しいおやつ時間でした。


毎年バレンタインにガトーショコラを焼くのが習慣になりつつあります。

BlogPaint

今年はカカオ65%のダークチョコレートを使用。
ココアパウダーはクッキー作りでも使用したブラックココアだったので、
色、味ともにかなり大人な仕上がりとなりました。
オレンジピールはガトーショコラでも使うことを見越してシュトーレンの時期に用意したものです。


■材料(4号・12cmの丸型1台分)

・クーベルチュールチョコレート(カカオ65%のもの使用) 100g
・無塩バター 60g
・卵 2こ
・グラニュー糖 40g
・オレンジピール(スライス) 大さじ1
・薄力粉 20g
・ブラックココアパウダー 小さじ4

■作り方

1.チョコレートを湯せんにかけて溶かす。(板状の場合は刻む)
2.1にバターを加え、溶けてなめらかになるまで混ぜ、オレンジピールも加える。
3.ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れ、ハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜる。
4.3に2を加えて混ぜ、薄力粉とココアパウダーをふるいながら加え、泡立て器で底から返すようにさっくり混ぜ合わせる。
5.卵白を角が立つまでしっかり泡立て、4に3~4回に分けて泡立て器で泡をつぶさないように、色が均一になるように手早く混ぜ合わせる。
6.オーブンシートを敷いた型に流して空気を抜き、160℃に予熱したオーブンで35分ほど焼く。
7.型から外してオーブンシートをはがして冷まし、できれば冷蔵庫で一晩寝かせる。

BlogPaint

お好みで粉砂糖を振りかけたり、ホイップクリームを添えたり。
粉砂糖は溶けないタイプが便利です。

「バレンタインの本命スイーツ」コーナーにレシピを掲載中!

11月の下旬にシュトーレン用にと仕込んだドライフルーツのブランデー漬け
結局パネトーネ風デニッシュを焼いたきり、冷蔵庫に眠っていたので
そろそろ何かに使おう!ということでパウンドケーキを焼きました。

BlogPaint

■材料(15cmのパウンド型1台分)

・薄力粉 120g
・ベーキングパウダー 小さじ1/3
・無塩バター 90g
・砂糖 90g
・卵 Mサイズ2こ
・ドライフルーツ(ブランデーまたはラム酒に漬けたもの) 80g

■作り方

(下準備)
・バターと卵を室温に戻しておく。
・薄力粉とベーキングパウダーは合わせて2回ふるう。
・型にオーブンシートを敷いておく。

1.柔らかくしたバターをなめらかなクリーム状になるまで泡立て器でよく混ぜる。
2.砂糖を3回に分けて加え、そのつどよく混ぜて白っぽくふわふわの状態にする。
3.卵を溶いて大さじ1ずつ加え、そのつどよく混ぜる。(分離したら一瞬だけ湯煎にかけてよく混ぜる。)
4.汁気を切ったドライフルーツにふるった粉を適量まぶし、残りの粉を3に加えてへらで切り込むように混ぜる。
5.だいたい混ざったらドライフルーツも加え、粘りが出ないように気を付けて混ぜる。
6.型に流してゴムべらで表面を平らにならし、中の空気を抜くために数回台に打ち付ける。
7.160℃に予熱したオーブンで45分焼く。

型から外して冷まし、冷蔵庫で一日寝かせました。

BlogPaint

しっとりきめ細かい生地で、自分なりに満足の仕上がり!
ブランデーの香りも良いです。


↑このページのトップヘ