kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:キムチ

週半ばに作った常備菜の記録です。

P1130117

・ブロッコリーのごま酢あえ
・和風ミートソース
・れんこんの塩きんぴら
・豚キムチ


固めの塩茹でにしたブロッコリーはざるに上げて粗熱を取り、
サラダスピナーでしっかり水気を切っておきます。
すり鉢で煎りごまをすったところに、砂糖、酢、醤油を加えてあえ衣を作り、
ブロッコリーを加えてあえます。

P1130110


この日のミートソースは和風の気分だったので、コンソメの代わりに鰹だしを使いました。

P1130111


詳しいレシピはこちらに。
あっさりと優しい味に仕上がります。



れんこんの塩きんぴらは、ごま油で炒め、塩、砂糖、みりんで味付け。

P1130113


キムチ救済レシピでもある豚キムチ。
塩、こしょう、酒で豚こまを炒めてから、キムチを加えて水分を飛ばすように炒めます。
仕上げに醤油とバターをほんの少し。
キッチンばさみで細かく切ってビビンパに混ぜると子どもも辛さを気にせずよく食べます。

P1130115


もう一品サラダ的なものを作りたかったのですが、気力及ばず今週はここまで…

P1130109


自分で作るものに飽きて、無性にテイクアウトがしたい気分!
今月は家族でサイクリングがてらベーカリーでパンを買い、途中の広場でランチをした1回のみでした。
来月はもう少し利用したいところです。



「福島クッキングアンバサダー」の活動です。


いただいた「福島県産にら」を豚キムチと炒めて焼きそばを作りました。

P1120486


根元から葉先まで柔らかいので、できるだけ短時間でさっと火を通していただきます。

P1120472 (3)


■材料(2人分)

・中華麺(蒸し麺) 300g
・豚こま切れ肉 150g
・キムチ 100g
・福島県産にら 100g(1束)

・米油 小さじ2
・塩 少々
・こしょう 少々
・酒 小さじ1

【A】
・砂糖 小さじ1
・醤油 小さじ1
・コチュジャン 小さじ1
・酒 小さじ1
・鶏がらスープの素 小さじ1/2
・水 100ml

■作り方

1.豚肉とキムチは食べやすい大きさに切り、豚肉には塩、こしょうをしておく。
にらは5cm程度の長さに切る。

2.フライパンに米油小さじ1を熱し、中華麺を広げる。
表面がカリッとするまで焼いたら裏返してもう片面も焼いて取り出す。

3.同じフライパンに米油小さじ1を足して豚肉を炒める。
色が変わったら酒、キムチ、にらを加え、にらが全体になじむまで炒める。

4.2をフライパンに戻し、混ぜ合わせた【A】を回し入れて水分がなくなるまで炒める。


にらは香りがあって味の馴染みが良く、適度に食感も残るので、
わが家では焼きそばに合わせる野菜としてはもやしと一、二を争っています。

P1120483


キムチの辛みと酸味、コチュジャンの甘みが絶妙です。

P1120484


好評につき、翌々日にリピート!
目玉焼きを乗せるとより美味しいです。

P1120509 (2)


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー





冷たくて酸っぱくて辛いものが食べたくて…
そうめんをビビン麺風にアレンジしてみました。

P1100971


■材料(2人分)

・そうめん 200g
・茹で鶏 100g ※
・キムチ 50g
・きゅうり 1本
・ゆで玉子 1こ

【A】
・コチュジャン 大さじ2
・麺つゆ 大さじ2
・酢 小さじ2
・レモン汁 小さじ1
・胡麻油 小さじ1
・豆板醤 小さじ1/2 (お好みで)
・にんにくのすりおろし 1/2かけ分
・煎りごま 少々

鍋に800mlの水、生姜スライス2枚、酒小さじ1、塩小さじ1/2を加えて沸騰させる。
鶏むね肉1枚を入れてひと煮立ちさせ、ふたをして粗熱が取れるまで冷ます。

■作り方

1.茹で鶏は手で割き、きゅうりは千切りにする。

2.【A】を大きめのボウルに入れて混ぜ合わせておく。

3.素麺は表示通りに茹で、流水で冷やし水気をしっかりしぼる。

4.3を2に入れてあえ、器に盛る。

5.1、キムチ、半分に切ったゆで玉子を盛り付ける。


お酢オンリーでもいいですが、レモンを加えると爽やかです。

P1100972


混ぜてみたところ。
きゅうりはたっぷり入れるのが食感も良くおすすめです。

P1100664

この夏のわが家のヒット作になりそうです!



「ひんやり・つるつる♪冷たい麺料理」コーナーにレシピを掲載中!


新鮮で柔らかい春菊を見つけたので、たっぷり食べられるチゲを作りました。

P1080306

春菊は火を通し過ぎると苦味が出るので、仕上げに加えて10秒ほどで火を止めます。


■材料(2人分)

・豚ばら肉(薄切り) 200g
・白菜キムチ 100g
・春菊 1/2パック 
・えのき 1/2パック
・豆腐 1/2丁

【A】
・顆粒だしの素(鰹、いりこなど) 小さじ1
・味噌 大さじ1
・コチュジャン 小さじ2
・にんにくのすりおろし 1かけ分
・水 400ml

■作り方

1.春菊は太い軸の部分は縦に切り目を入れ、食べやすい長さに切る。

2.鍋に【A】を入れてよく混ぜ、火にかける。

3.沸騰したら豚ばら肉、白菜キムチ、食べやすい長さに切ったえのきだけを加える。
豚肉に火が通ったら豆腐を加えてひと煮立ちさせる。

4.春菊を加えて10秒ほどで火を止める。


鍋つゆを買わずとも身近な材料でできて、スピーディーに完成するおすすめレシピです。

P1080310

納豆も少し加えると発酵食品の効果で味に深みが出ます。


残りの春菊はクルミ、にんにく、オリーブオイルとともにフードプロセッサーにかけてペーストに。
タコと合わせてジェノベーゼ風スパゲッティにしました。

P1080311

旬の春菊をまだまだ楽しみたいと思います。


今週の常備菜です。

BlogPaint

・ミニきゅうりのピクルス
・豚キムチ
・揚げなすとししとうの甘酢漬け
・茹で鶏ともやしの梅和え


スーパーで見つけためずらしいミニサイズのきゅうり。
板ずりをして塩を洗い流し、よく水気を拭き取ってから煮沸消毒した瓶へ。
カンタン酢を注いでこのまま冷蔵庫で保存し、ピクルスとして食べようと思います。

BlogPaint


キムチはそのままより火を通して食べることが多く、今回もチゲ鍋で使った余りです。
豚バラ肉は油をひかないフライパンで炒め、酒、塩、ブラックペッパー。
肉に火が通ったらキムチを加えてさっと炒めておきます。

BlogPaint


ここまで作っておいて、のちほどアレンジ。
しめじを加えて炒め合わせ、鍋肌からお醤油。
ふんわり玉子と合わせればボリュームおかずの完成です!

BlogPaint


今シーズン初のししとうは楊枝で穴を開けてなすと共に素揚げ。
カンタン酢+白だしに浸しています。

BlogPaint


作り置きの茹で鶏で簡単な一品。
下茹でしたもやしと合わせ、叩いた梅干しと白だしを混ぜた梅だれで和えました。
今回はもやしでしたが、きゅうり、白髪ねぎ、焼きなすなども合います。

BlogPaint


酸味に辛味…子ども受けゼロです。

BlogPaint

たまにはこんな日も。
初夏らしいラインナップに大人は満足です。


↑このページのトップヘ