kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:キッチン収納


急に思い立ってやらずにはいられなくなった冷蔵庫の掃除!
年末に大掃除をさぼったので今さらながら気になって始めてしまいました。

とりあえず中身を全部出して、中はお湯で絞った布巾で拭き掃除。

P1080111


外したパーツは食器用洗剤で丸洗い。

P1080110

これを機に中身を点検し、残念ながら開けてからだいぶ経ってしまった調味料などは処分しました。


パーツをセットして、使いやすい位置に戻していきます。
中段の卵の隣は卓上に出す調味料、下段は調理中に使うものにしてみました。

P1080113

みりん、酒類、油類は常温保存しています。


チルド室には肉、魚、ソーセージ系、チーズなど。

P1080115


最上段は粉類で、あとはその時々でわりと適当…
一番下だけ鍋ごと保存したり常備菜を入れられるように空けています。
(たまたま中身が乏しすぎる日でした…)

P1080125


玉ねぎの皮や葉っぱくずなどで一番汚れていた野菜室も同じように拭いてきれいに。

P1080104


100均のボックスで皮がパラパラしやすい玉ねぎと使いかけの野菜の場所は確保しています。

P1080108


下段の手前はすぐに使う葉物類と、近いうちに冷凍予定のきのこ。
奥は日持ちのする根菜類。

P1080106


サラダスピナーごと保存することも多く、現在は茹でたブロッコリーが入っています。

P1080107


最後に冷凍ゾーン。
上段は作り置きのカレーなど。
今の時期はいただきものの新巻鮭や鮭とばなどが半分を占めています。

P1080121


下段はブックエンドで仕切って立てる収納に。
現在はパン、コーヒー豆、トマトソース、うどん、きのこ、焼き菓子などが入っています。

P1080122


急冷室は主にごはんの冷凍に使用しています。

P1080129


あまり活用できていない中、唯一使っている機能です。

P1080128

衛生面でも在庫管理の面でもスッキリして、モチベーションアップ!
ピーピーお知らせ音が鳴る中、なかなか大変な作業でしたがやってよかったです!


冷蔵庫内の収納見直しの一つとして、ホーロー容器を購入しました。

P1030722


富士ホーロー バターケース ホワイト 200g用
 
P1030682

においが移りにくいホーロー製。
二重パッキンとバルブでしっかり密閉できるところがポイントです。


バターはこれまで箱のまま保管していました。
切る手間や洗う手間を考えるとケースに移すことができなかったのですが、
やっぱりそのつど箱から出すのは面倒で…
変色や劣化を防ぐためにも紙に包んだままケースに入れることで採用を決めました。

s_P1030724


手間でもこうして10gずつにしておけば、のちのち使いやすいです。

P1030684


富士ホーロー 保存容器 角型 みそポット 密閉フタ

P1030715


同じメーカーさんの味噌用のホーロー容器です。
(野田琺瑯よりお安いです。)

P1030714


もう十数年変わらないわが家の味噌。

P1030716


こちらももちろんケースごとin。

P1030717


まだ改善途中の冷蔵庫の様子。

P1030720

一番下の段を常備菜や鍋ごと一時保存するスペースにしている以外は流動的。
調味料以外は常備すると決めているものが少ないので(納豆や豆腐もないときはない!)
あまり細かく位置を決めないほうが合っているのかもしれません。


雑貨や衣料品は年々無印化が進むわが家ですが、食品の購入は久しぶり。
豊富なレトルトカレーとノンカフェインのお茶をまとめて購入しました。

P1010391


・シチリアレモンのクリーミーチキンカレー 180g
・ブラウンマサラエビのクリーミーカレー 180g
・牛ばら肉の大盛りカレー 300g

P1010393

レモン好きとしては見過ごせなかったクリーミーチキンカレーは平日の一人ランチ用。
エビカレーと牛ばら肉のカレーは合いがけにして大人2人で。
夫はきっと激辛ホットソースを足すでしょう。


・有機ルイボスティー
・国産穀物ブレンド茶(大麦・米・はと麦・とうもろこし・小豆)

P1010392

3学期に入ってから幼稚園に持っていく水筒の中身を温かいお茶にしています。
昨年末から夫が突然カフェイン断ちを始めたこともあり(眠りの質を高めたいそうです)
ノンカフェインのお茶を常備。


お茶類が増えたので収納場所を見直してみました。

P1010608

お茶類、シュガー、ティーポット、インスタントコーヒー、コースター、コーヒーフィルター。
コーヒー豆だけは冷凍保存して淹れるときにそのつど挽くようにしています。


お茶はダイソーのプラスチックジャーでおおまかに4種類に分けました。
ラベルは「A-oneフィルムラベルシール」とプリンターで自作しています。

P1010609

日持ちがするせいか気になるとつい買ってしまっていつの間にか増えてしまうお茶類。
分類してそこに入る容量を決めれば増えすぎを防止できる気がします。

(この状態をキープしよう!という気持ちも働くはず…と思って記録してみました。)


↑このページのトップヘ