kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ガーリックトースト

春菊のジェノベーゼ風ペーストで二品作ってみました。

まずはトーストです。
と言っても、バケットに春菊のペーストを塗り、モッツァレラチーズを乗せて焼いただけ。

BlogPaint

にんにくも入っているので、ひと味違ったガーリックトーストという感じ。
塩気のないモッツァレラを使うところがポイントです。

BlogPaint

朝食にアイスコーヒーと共に。



もう一品はパスタと合わせてみました。

BlogPaint


パスタ(1.6mmスパゲッティ使用)を表示より短めに茹でてフライパンに移し、
茹で汁をお玉1杯分、ミニトマトを4つに切ったもの、春菊ペーストを加えて炒めます。
そのうちに水分が飛び、トマトにも火が通ってよく絡むようになったらできあがりです。

単調になりがちなジェノベーゼも、トマトの酸味と甘みでさっぱり食べられます。

BlogPaint

前日にストウブ鍋で作りすぎてしまったクリームシチューと共に。


実はオムレツに混ぜてみたりもしたのですが、色が…
味はよかったけれどくすんだ黄緑色になってしまい、これはナシ!ということになりました。




今年は大学からのお友達一家をお招きしてクリスマスパーティーをしました。
去年は開催できず、一昨年はすき焼きパーティー、その前は鍋だったかな。
お互い小さい子どもがいるのでお昼からのスタートです!

慣れないテーブルセッティングですが
今年は新しい食器たちにかなり助けられました。
普段お酒を飲まないので、かなり久しぶりに出してもらえたグラスたちも…

BlogPaint

開始1時間前にお皿を並べてみてイメージ作り…

BlogPaint

こちらは子ども席です。(6歳・5歳・2歳)

BlogPaint

息子が待てなかったため、一足早く開始した子ども席の様子。

BlogPaint

【子どもメニュー】
・鶏の唐揚げ
・サラダ(ミニトマト・スチームかぼちゃ・スチーム人参・ブロッコリー・ゆで玉子)
・マッシュポテト(コストコ)
・鮭とほうれんそうとしめじのマカロニグラタン
・コーンクリームスープ
・パン(HB食パン・白い豆乳ロール)

息子はまだ2歳ですが、こういうとき大人席に来ることはなく
必ずお姉ちゃんにくっついて子ども席で自分で食べます。
離乳食の頃から汚さないで食べる子で、こぼしても自分で拭くし
「ててっちゃった!(よごれちゃった!)」と教えに来るので、わりと手がかかりません。


この日のために試作をしたローストビーフは前回よりは火が入り、
赤すぎず個人的には安心の仕上がりになりました。
たっぷりのクレソンを添えて!

BlogPaint

サラダは子どものほうとほぼ同じで、
ブロッコリー・スチームかぼちゃ・スチームパプリカ・ゆで玉子。
クルミをトッピングしました。
ドレッシングは粒マスタード+レモン汁+塩・こしょう+オリーブオイルの自家製または
キューピーのコブサラダドレッシングで。

BlogPaint

マカロニグラタン。
塩抜き新巻鮭・ほうれんそう・しめじのシンプルな組み合わせにしました。

BlogPaint

ガーリックトースト。
(室温に戻したバター+すりおろしにんにく・塩・ドライパセリ)

BlogPaint

あとはマッシュポテトと鶏の唐揚げでした。
バタバタして全景も撮り忘れました。


大人席のほうには1歳半の妹ちゃんも。
グラタンはしょっぱい鮭やチーズを抜き、焼かずにシチューのようにしました。

BlogPaint

お友達一家にはケーキと飲み物(スパークリングワイン・ビール)を担当していただきました。
ごちそうさまです!

BlogPaint

子どもは遊ぶほうに気持ちがシフトしてしまってだいぶ残ってしまいましたが
(わが子はいつもなら食べるものすら手を付けず!)
大人のほうはきれいになくなってホッとしました。
炊飯器任せだったり蒸しただけだったり、手の込んだものは何もお出しできなかったけれど
喜んでいただけて何よりでした!


グラタンのホワイトソースは
1.鍋に牛乳と薄力粉を入れて粉が消えるまでよく混ぜる。
2.火にかけて混ぜ続ける。
3.沸騰しないよう気をつけながら煮て、とろみがついたらバター、塩、ホワイトペッパーを加える。
という失敗なし・ダマなし・時短の簡単な方法です。




↑このページのトップヘ