kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:カレーライス


これまでに何度も子どもたちと作ってきたカレーライス。
今回ついに二人だけで完成させることができました。

P1100104

お皿選びから盛り付けまで全てお任せ。
人参が入っていないかな…?


息子が幼稚園経由で購入している「キンダーブック」の今月のテーマは「カレー」。
今回はこれを一目見て、「作りたい!」となったのでした。

P1100085

わかりやすく写真で切り方の目安を教えてくれます。


お肉はいつもの豚こま切れではなく、カレー用の角切りを使用。
あとは玉ねぎ、人参、じゃがいもだけの基本を忠実に守ったカレーライスを作ります。

P1100084


じゃがいもは店頭に並び始めた旬の三方原じゃがいもです。
昨年お試しさせていただいて感動したので、今年はすでに予約購入済み。
届くのが楽しみです。

BlogPaint


ごはん担当は最近は息子に。
計量して洗って水加減をしてスイッチオンまで一人で。

娘は切るのも炒めるのもやっと任せられるようになりました。
あくを取るのだけは怖いのと火加減が難しいのとで、苦手なようです。


無事カレーができたらサラダ作り。
昔懐かしい輪切りのきゅうりは、本の完成写真に添えられていたサラダを参考にしています。

P1100089


独特の盛り付け…

P1100095


完成しました!

P1100096


娘のカレー。

P1100101


息子のカレー。
自分でよそったらお肉があまり入らなくて、このあとおかわりで追加しました。

P1100100

わたしが作るとついつい余り野菜を入れたり、にんにくや生姜を足したりしてしまうのですが、
箱に書いてある通りに作ると美味しいというのは真実!
安心感のある優しい味わいです。
ルウは甘口をベースに少し中辛を混ぜたそうで(ここもお任せ)給食のカレーを彷彿とさせます。


カレー作りについてはこれだけの記録がありました。
初回は娘はもうすぐ7歳になろうとしているところで、息子はまだ2歳半でした。


2017年1月


2017年8月


2019年9月


2020年1月



「肉を切る」という工程を省略したものの、とにかく手出しを一切しなかったという点で
カレー作りは合格!ということにします。
これで類似のシチューやスープなどもできるはず。

ほぼこちらの忍耐とやる気次第なところがある子どもの料理。
少しずつレパートリーを増やしていければと思います。




今のところお手伝いは積極的にしてくれる子どもたち。
お風呂洗い、洗濯物干しなども進んでやってくれるので助かりますが、
本人たちが頼まれて一番嬉しいのはやっぱり料理のお手伝いのようです。

冬休みの最終日。
「そろそろカレーでも食べたいね」ということになり、夕方から子どもたちに作ってもらうことにしました。

P1080060


ごはん担当は息子。

P1080061


セットして…

P1080067


スイッチ、オン!

P1080068


娘はひたすら材料を切ります。

P1080066


ピーラーや包丁はまだ無理な息子も玉ねぎの皮ならむけます。

P1080069


娘はピーラーでじゃがいもの芽を取るのも上手になりました。

P1080072


娘がじゃがいもに奮闘している間に息子は玉ねぎを炒めます。
飴色玉ねぎなら多少手が止まっても大丈夫。
材料がこぼれないように深い鍋で炒めるのもポイントです。

P1080070


お肉を入れたら娘にタッチ…の予定がなかなか交代しようとしない息子。
このあたりからケンカが始まります。

P1080073


息子はトッピングのゆで卵のほうにシフトしてもらいました。

P1080074


得意の殻むき作業。

P1080075


フォークで潰すのできれいにむけなくてもOK。

P1080077


ルウは二人で相談して甘口3かけ、中辛3かけの1:1になりました。

P1080078


ごはんの水加減もちょうど良く、カレーも美味しくできました。

P1080081


トッピングはゆで卵のほかに息子も好きな福神漬け。
ブロッコリーとトマトのサラダも一緒に。

P1080084


平日の夕方は忙しくてなかなか作ってもらう余裕がないのですが、
この積み重ねは家事としてのごはん作りをお任せするために必要な貯金のようなもの。
できるだけ時間を作ろう!…とは毎年思っています。

P1080080





連休の中日。
暇を持て余した子どもたちに何気なくカレー作りを提案したところ、
大喜びでエプロンに着替え始めました。

P1060385

豚こま、玉ねぎ、じゃがいも、人参と基本の具材に、余っていたいんげん。
少し酸味がほしい気分だったのでホールトマトも。
ルウは甘口と中辛をブレンドしています。


P1060386


息子が玉ねぎの皮をむき、娘がくし型にカット。

P1060388


娘にはそのままじゃがいもと人参もお願いし、息子はホールトマトを手で潰すお仕事。

P1060389


いんげんだけは息子に切ってもらいました。

P1060395


娘は鉄フライパンでの調理は初だったので、いつも以上に警戒しながらの炒め作業。

P1060397


その間に息子はお肉に塩こしょうを。

P1060399


じゃがいもとホールトマト以外を炒めて、鍋に移します。

P1060403


同時進行で茹でていた卵の殻を剥くのは息子。

P1060405


本人は「しっぱいしたぁぁ~!」とショックで固まっていましたが、問題なしです。

P1060409


ルウは二人で相談して甘口と中辛を1:1にすることに。

BlogPaint


水、ホールトマト、ローリエを入れて煮込み、時間差でじゃがいも。
火を止めてルウを加え、再び煮込めば完成です。

P1060415


ルウでまろやかに仕上げたポークカレー。
トマトのおかげで後味はさっぱりしています。

P1060417


今回のトッピングはゆで玉子、フライドオニオン、ザワークラウト、バリ粗唐辛子、ホットソース。

P1060419

オーソドックスなカレーに様々な味と食感を追加するのがここ数年の楽しみ方です。


「今日はカレーにしよう!」と思うのはたいてい時間がなくて急いでいる日。
なかなか子どもたちに任せる余裕がなく、普段はせいぜいお味噌汁とお米研ぎくらいです。
嬉々としてキッチンに立つ姿を見るたびに、もっと機会を作りたいと思います。



レシピブログさんとハウス食品さん主催のモニター企画に参加しています。

P1050195


唐辛子を粗く挽いた「バリ粗唐辛子」は気軽に辛みを足せるとあって活躍中。

BlogPaint

おすすめの食べ方はカレーにトッピングすること。
粗くクリスピーな食感を生かし、フライドオニオンと一緒にふりかけます。


カレーのレシピは今さらなので、わが家の定番カレーのリンクを↓



辛さの好みが分かれるわが家では中辛のカレールウを使ってマイルドに作り、
あとで辛みを足す方法で落ち着いています。


【レシピブログの 「刺激がやみつき!辛味スパイス料理対決」 レシピモニター参加中】
辛味スパイス料理レシピ
辛味スパイス料理レシピ  スパイスレシピ検索


今週の息子のお弁当です。

BlogPaint

・おにぎり(塩と海苔・ほんだし)
・鶏の塩から揚げ
・玉子焼き
・スティックきゅうり
・ミニトマト

BlogPaint

今週もリクエストが揺るがず、おにぎり・から揚げ・玉子焼きのお弁当に。
「香りソルトレモンペッパー」と酒と生姜で下味をつけた塩から揚げにしました。


この日はお芋掘りがありました。

BlogPaint

今年は豊作だったようで、お持ち帰りも例年の倍以上。


どうやって食べたいか息子に聞いたら、「カレーライス!」の一択でした。
昨年もカレーのリクエストだった気がして過去の記事を見てみたら…
大豆たんぱくとベジブロスでベジカレーを作っていました。


ストウブで作ったオーソドックスなポークカレーに、各自でトッピングするスタイル。
ゆで卵、フライドオニオン、福神漬け、カンタン酢に漬けたピクルスです。

BlogPaint


雨の土曜日のお昼ごはんでした。

BlogPaint

自分で採ってきたじゃがいもはより一層美味しく感じられて、おかわりもした息子でした。


↑このページのトップヘ