kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:カレー

たっぷりの野菜とひき肉をトマトジュースで煮込んだキーマカレーのレシピです。

P1130641


スータイのプーパッポンカレーとあいがけにしました。

P1130643


溶き卵を加えて作るカニのカレーは異国情緒あふれる個性的な味。
野菜の甘みとトマトの酸味で優しい味に仕上がったカレーと合わせることでバランスが取れました。

P1130642


■材料(4人分)

・合い挽き肉 200g
・玉ねぎ 1こ
・人参 1本
・生姜 1かけ
・にんにく 1かけ
・ミディトマト 1こ
・なす 1本

・カレー粉 大さじ1
・ローリエ 1枚
・コンソメ 1/2こ(約小さじ1)
・トマトジュース 150ml
・塩 小さじ1/2

■作り方

1.玉ねぎ、人参、生姜、にんにくはみじん切りにする。(フードプロセッサー使用)

2.ミディトマトとなすは1cm角に切り、なすは水にさらして水気を切る。

3.鍋を温め(適宜油をひく)合い挽き肉を色が変わるまで炒める。

4.カレー粉を加えて香りが立つまで炒め、1、2を加えてしんなりするまで炒める。

5.ローリエ、コンソメ、トマトジュース、塩を加え、蓋をして10~15分煮込む。
水分がなくなるようなら途中で水を足す。

6.蓋を外して好みの濃度になるまで混ぜながら水分を飛ばす。


生姜やカレー粉が入っているのでミートソースとは違いますが、タコミートには近いかもしれません。

P1130640


子どもたちは冷凍してあった普通のルウのカレーとともに。
フライドオニオン、福神漬け、茹で玉子、レタスを一緒に盛り付けました。

P1130637
(気付いたら食器が全て無印良品)


いろいろな味が楽しめる気軽なワンプレートになりました。

P1130638


ホットサンドのバリエーションです。
カレーライスとマカロニサラダを作った日に、並行してカレーマカロニも作っておきました。

P1090356

カレーに茹でたマカロニを加えて焦げないように混ぜながら煮詰めたもの。
人参などの具材はつぶすなどして細かくしておくと一体感が出ます。


そんなカレーマカロニとチーズを挟んだホットサンド。

P1090359


マカロニサラダはマヨネーズを足してサンド。

P1090357


2種類のホットサンドが完成しました。

P1090360

ちょっと断面の穴が…見た目が苦手な人は苦手かも。


どちらが人気があったかというと、3対1でマカロニサラダでした。

P1090362

ホットサンドといえばチーズは欠かせないですが、同じくらいマヨネーズも大切。
マヨネーズが苦手な家族も増量したことに気付かず美味しく食べることができました。




生のトマトと玉ねぎをたっぷり使って、ストウブで無水カレーを作りました。

BlogPaint


ご実家が畑をしているというお友達から季節ごとに立派なお野菜をいただきます。
今回はこちらの真っ赤な完熟トマトと2こと、玉ねぎを丸ごと1こ使いました。

BlogPaint


■材料(4人分)

・鶏手羽元 10~12本
・トマト 2こ
・玉ねぎ 1こ
・にんにく 2かけ

・塩 ひとつまみ(肉の下味用)
・ホワイトペッパー 少々
・カレー粉 小さじ2
・バター 20g
・ヨーグルト 大さじ4
・塩 小さじ1

■作り方

1.鶏手羽元、塩、ホワイトペッパー、カレー粉をポリ袋に入れ、揉んでなじませる。
2.ストウブ鍋を熱して全体にバター10gを塗り、1の鶏肉を焼き色がつくまで焼いて取り出す。
3.トマトは湯剥きをして角切りに、玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。
4.2の鍋にバター10gを足して温め、3を加えてしんなりするまで炒める。
5.鶏肉を戻し、ヨーグルト、塩を加えて蓋をし、途中2回ほど混ぜて様子を見ながら弱火で約1時間煮込む。


ストウブでじっくり煮込んだ手羽元は、ホロッと簡単に骨が外れます。

BlogPaint


トマトは加熱するとホールトマトとはまた違った美味しさで、フレッシュさが際立ちます。
自然な色と優しい味も生トマトならでは!

BlogPaint

たっぷり入れた玉ねぎの甘みもあいまってまろやかなカレーになり、
子どもたちも美味しく食べてくれました。

丸いズッキーニはどうやって食べようか考えた末、輪切りにしてトースターでグリルに。
詳しいレシピはまた後日。


スーパーに並ぶかぼちゃの産地がだんだんと南下しておりますが…
(関東以北を支持しています。)
この日は新潟県産を発見!
生のとうもろこしと合わせて簡単な炒めものを作りました。

BlogPaint

■材料(4人分)

・かぼちゃ 200g
・とうもろこし 1本
・バター 20g
・カレー粉 小さじ1/2
・塩 少々

■作り方

1.かぼちゃは種を取り、皮付きのまま3mm程度にスライスする。
2.とうもろこしは包丁で実をこそげ落とす。
3.フライパンにバター10gを温め、かぼちゃを重ならないように並べて焼く。焼き色がついたら返す。
4.かぼちゃのもう片面を焼いている上にとうもろこしを広げ、ゆっくり火を通す。
5.かぼちゃに火が通ったら残りのバター、カレー粉、塩を加えて1分ほど炒める。

何も言わずにそっと出してみたら、娘は「美味しい!」と連呼しておかわりまで。
炒めものを好まず、副菜やお弁当のおかずに苦労している息子までもが
かぼちゃ×コーンの組み合わせとカレー粉のおかげで、促さずとも静かに完食しました!

BlogPaint

甘いかぼちゃととうもろこしに、バターのコクとカレーの風味が合わさり、
子ども受けの良い食欲をそそるおかずとなったようです。

こういう主菜ではないちょっとしたものが喜ばれると
おおいにモチベーションがアップします!


講談社『向田邦子の手料理』より、有名なトマトの青じそサラダを作りました。
食材が時期外れではありますがミディトマトがお手頃だったので。

BlogPaint


オリジナルレシピはトマト4こに対して青じそ12枚。
ごま油大さじ3と1/2、酢大さじ2と1/2、醤油大さじ1、塩とうま味調味料少々
を混ぜ合わせたドレッシングをかけます。

s_P1360828

全て半量で作り、うま味調味料は常備していないので砂糖を少々加えています。


この日はロイタイで簡単に作ったレッドカレーと共に。
食材整理を兼ねて、鶏もも肉、なす、じゃがいも、ピーマンで。
鶏肉となすは炒めて、じゃがいもはレンジで蒸してから煮込んでいます。

BlogPaint


タイカレーとの取り合わせが妙だったかもしれませんが…

向田さんのお料理は“手料理”ということばがしっくりくる家庭的なレシピが満載。
シンプルなのに想像を超える美味しさの「常夜鍋」はわが家の定番です。

エッセイには料理、食べもの、器のエピソードが盛り込まれ
現代だったら間違いなく食関係の連載もたくさんお持ちだったと想像します。
料理人としてのセンスや魅力がたくさん発見できる向田ファンにとってはバイブル的な本です。



にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 手作りおうちごはんへ
手作りおうちごはん

↑このページのトップヘ