kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:オイルサーディン


レシピブログの「くらしのアンテナ」にレシピを掲載していただきました。
テーマは「オイルサーディンのごはんもの」です。




千葉県産コシヒカリのモニターを務めたときに作ったオイルサーディンときのこの混ぜごはん。
バター醤油で食欲倍増です。
新米というだけでも食欲が増すというのに、自分のレシピながら本当に危険…!
(もちろん良い意味で)

P1060677


詳しいレシピはこちらにも。




缶詰ですでに完成しているオイルサーディンがあれば、あとはお好みのきのこを合わせるだけ。
炊き込みごはんよりもパパッとできて手軽です。


---


余談ですが、今年はふるさと納税でほぼ毎月千葉県産コシヒカリをお取り寄せしています。
もっちりして冷めても美味しく、特におにぎりに合うお米だと感じています。


「千葉県産米需要拡大推進協議会×レシピブログ」のコラボ広告企画に参加しています。

P1060675


前回に続き千葉県産コシヒカリの新米を使った「スピード混ぜごはん」のレシピです。

P1060473

きのこをバターでサッと炒めたところにオイルサーディンを加え、お醤油で味と香りをつけます。
それを炊き上がった新米に混ぜるだけというまさにスピード混ぜごはん!
詳しい分量と作り方です。


■材料(2人分)

・千葉県産コシヒカリ新米 1カップ(180ml)
・まいたけ 30g
・しめじ 30g
・オイルサーディン(オイルを切っておく) 60g(2尾)
・バター 10g
・醤油 小さじ1と1/2
・塩 少々

■作り方

1.千葉県産コシヒカリ新米は洗い、ざるに上げて自然に水を切る。30分ほど浸水して炊く。
2.フライパンにバターを熱し、ほぐしたまいたけとしめじを強火で1分炒める。
3.オイルサーディンを加え、醤油を回しかけて軽く火を通す。
4.炊き上がったごはんに3を加えてさっくりと混ぜ合わせる。


バター醤油にモチっと甘い新米、イワシの旨み…簡単なのになかなか贅沢!
旬のきのこをたっぷり入れた食感も良い混ぜごはんです。

P1060677

そういえば…イワシとお醤油といえば千葉県です!

小学2年生の秋の校外学習ではキッコーマンの醤油工場を見学し、
ミッキーのガラス製のお醤油ボトルをもらって嬉しかったことを思い出しました。


【レシピブログの「ちばのお米でおいしい♪スピード混ぜごはんコンテスト」参加中】
スピード混ぜごはん料理レシピ
スピード混ぜごはん料理レシピ



↑このページのトップヘ