夫の誕生日にエビチリを作り続けて十数年。
たけのこを入れてみたり、大きなエビで贅沢に作ってみたり、玉子を炒め合わせたりと、
毎年気分でバリエーションをつけています。

今年は子どもでも食べられるように辛くせず、玉子を増やしてボリュームを出しました。

P1110883 (2)


■材料(3~4人分)

・エビ 250g
・卵 3こ
・長ねぎ 1/2本
・生姜 ひとかけ
・にんにく ひとかけ

【A】
・片栗粉 大さじ1
・酒 小さじ1
・塩 ひとつまみ
・こしょう 少々

【B】
・水 120ml
・ケチャップ 大さじ2
・酢 大さじ1
・鶏がらスープの素 小さじ1
・片栗粉 小さじ1
・砂糖 小さじ1/2

・米油 適量
・塩 少々
・こしょう 少々

■作り方

1.エビは殻をむき、背側を開いて背わたを取る。
2.【A】を加えてもみこみ、低温に熱した米油で表面が固まるまで油通しをして油を切っておく。
3.長ねぎ、生姜、にんにくをみじん切りにする。
4.卵は塩、こしょうを加えて溶き、米油小さじ1を熱したフライパンに一気に流す。大きくかき混ぜてふんわりとまとめ、半熟状態で取り出しておく。
5.同じフライパンに米油小さじ、生姜、にんにくを入れて火にかけ、沸々して香りが出てきたら混ぜ合わせた【B】を加えて煮立てる。
6.2、4、長ねぎを加えて手早く炒め合わせる。


食べ応えのある少し大きめのエビを使い、ふわふわの玉子もねぎもたっぷり。
ねぎは「福島県産ねぎ」です。

P1110887 (3)


辛くないと物足りない大人はこちらで辛みを足します。

P1110891 (2)


再掲になりますが「会津地鶏もも肉」のソテーとともに。

P1110886 (3)


今年も子どもたちがお誕生日会を開催。
白いブラウスに黒いスカート&ズボンで正装し(法事スタイル)、
自作のプログラムに沿ってお手紙を読み上げ、リコーダーとピアノを披露しました。
毎年「いつまでやってくれるのかな…」と密かに幸せを噛みしめています。