kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:アイスクリーム

「福島クッキングアンバサダー」の活動です。


甘くて香りが良くてジューシーな福島県産あかつき。

P1100783


2~3時時間冷やして生の果実の美味しさを存分に味わったほか…

P1100811


アイスクリームも作ってみました。

P1100881


■材料(4人分)

・福島県産あかつき(もも) 1こ
・卵黄 1こ
・砂糖 大さじ2
・牛乳 100ml
・生クリーム 100ml
・レモン汁 小さじ1

■作り方

1.ボウルに卵黄、砂糖大さじ1を入れて白っぽくなるまで混ぜる。
2.鍋に牛乳、砂糖大さじ1を入れて火にかけ、沸騰直前で火を止める。
3.粗熱が取れたら1を合わせ、混ぜながら弱火にかける。
4.固まらないように注意しながらとろりとするまで煮たら、火を止めて粗熱を取る。
5.生クリームは氷水にあてながら7分立てにする。
6.ももは皮をむいてフォークでつぶし、レモン汁をまぶす。
7.4、5、6を混ぜ合わせ、冷凍庫で冷やし固める。
8.2時間おきに取り出して空気を含ませるように混ぜ、それを3~4回繰り返す。


こちらは2回目の撹拌の様子。

P1100880


ももはピューレではなく粗くつぶしているので、所々果肉の食感があります。

P1100885

ももの甘い香りとミルクのコクで濃厚ですが、自家製なので乳脂肪分が低めでさっぱり!
贅沢なアイスクリームになりました。


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー



「甘くてジューシー!桃のデザート」コーナーにレシピを掲載中!

ネクストフーディストの活動です。

レシピブログさんを通じて、JA全農岐阜さんから岐阜県のブランドいちご「濃姫」をいただきました。
そのまま食べた感想はこちらに。




いちごサンドの次は新鮮なうちにピューレにしていちごアイスクリームを作りました。

P1070861


■材料(作りやすい分量)

・濃姫いちご 200g
・レモン汁 小さじ1/2
・卵黄 2こ分
・上白糖 60g
・牛乳 150ml
・生クリーム 150ml

■作り方

1.いちごは目の細かいざるで裏ごししてレモン汁を混ぜておく。
2.卵黄に上白糖を加えて白っぽくもったりするまで混ぜる。
3.人肌くらいに温めた牛乳を数回に分けて加えて混ぜる。
4.3を鍋に移して弱めの中火にかけ、とろみが出るまで混ぜながら10分ほど煮て冷ましておく。
5.生クリームを7分立てにして4に加え、さらに1を加えて混ぜる。
6.金属製のバッドやボウルに入れて冷凍庫で冷やす。2~3時間置きに混ぜて空気を含ませる。


きちんとしたアイスクリームを作ったのは実ははじめてだったのですが、
卵黄と生クリームのおかげで乳脂肪分の高いいわゆる「アイスクリーム」になっていて感動!
そこに濃姫の酸味と華やかな香りが加わって絶妙なバランスです。

P1070863


真っ赤な濃姫はトッピングにしても映えます!

P1070862

アイスクリームにして長く楽しんでいます。


ネクストフーディスト

IKEAの脚付きグラスでやってみたかったこと…
パフェ作りです。

BlogPaint


用意したのは、

・全粒粉のホットケーキ
・缶詰めのパイナップル
・プレーンのコーンフレーク
・カラーチョコスプレー
・バナナ
・ストロベリーソース
・トッポ
・バニラアイス

BlogPaint


この日遊びに来てくれたお友達姉妹と一緒に。

BlogPaint

趣旨がわからず「わたしはこれよ!」と、バナナを食べ始める可愛い3歳の妹ちゃん↑


それぞれ好きなものを好きなだけ入れて、オリジナルパフェが完成。
楽しかったようで何よりです!

BlogPaint

このグラスを使ってトライフルも作ってみたいな~。


先日夕張メロンシャーベットを作りましたが、今回はアイスクリームです。

BlogPaint

卵黄と生クリームで作る基本のアイスクリームにメロンを加えたこちらは、
水分が多いためシャリシャリ食感で、アイスクリン(乳脂肪分の低い氷菓)に近い感じです。
まろやかなのにさっぱりして、とても美味しくできました。


■材料(6人分)

・夕張メロン 1/2玉(果肉と果汁で約400g)
・レモン汁 大さじ1
・卵黄 1こ
・砂糖 50g
・生クリーム 100ml

■作り方

1.メロンは種は種を取り除き、果肉と果汁をフードプロセッサー(またはブレンダー)にかけてなめらかにし、レモン汁を加えて混ぜる。
2.卵黄と砂糖を混ぜ合わせ、湯煎にかけながら白っぽくなるまで混ぜる。
3.生クリームを6分立てにする。
4.2、3、4を混ぜ、保存容器に移して冷凍庫に入れ、5~6時間冷やす。


スプーンでくり抜いたメロンを飾れば、食感と色のコントラストが楽しめます。

BlogPaint

今年は少しの手間で、2玉のメロンを長く美味しく味わうことができました!


↑このページのトップヘ