kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ひよこ豆

「ボーソー米油部」の活動です。


今月のテーマはイタリアン。
ひよこ豆を使ったレシピをもう一つご紹介したいと思います。

P1090188

ホクホクのひよこ豆に食感の良いきゅうりと甘いトマトを合わせ、
米油を使ったハニーマスタードドレッシングで和えたサラダです。


■材料(4人分)

・ひよこ豆(茹でたもの) 200g
・きゅうり 1/2こ
・トマト 1/2こ

【A】
・酢 小さじ2
・塩 小さじ1/8
・ハチミツ 小さじ1
・粒マスタード 小さじ1
・米油 小さじ1

・バジル(乾燥) 適量

■作り方

1.ひよこ豆(乾燥豆200g)は洗って5~6時間たっぷりの水に浸けておく。
2.水を替えて一度茹でこぼしをし、新たに水カップ4、塩小さじ1/2とともに圧力鍋に入れ、ピンが上がってから中火で5分加圧する。
3.火を止め、ふたが開くまで自然冷却し、ざるにあけて水気を切る。
4.きゅうりは縦4等分に切って種を取り除き、1cm角に切る。トマトもスプーンで種を取り除いて1cm角に切る。
5.【A】をよく混ぜ合わせて3、4をあえ、お好みでバジルをふる。


オリーブオイルでは香りが強く、サラダオイルでは少々しつこいかな…というときに、
これまではグレープシードオイルなどを使っていたこともあります。
それが今では米油一択。

P1090190


サラッとしているので火を通さないドレッシングにも抵抗なく使えます。

P1090192


粒マスタードはほぼ初めての子どもたちも、ハチミツのほのかな甘みが気に入ったようで
おかわりをするくらいよく食べてくれました。

手作りドレッシングに米油、おすすめです。

米油でつくるイタリアンレシピ
米油でつくるイタリアンレシピ




「ボーソー米油部」の今月のテーマは米油で作るイタリアンレシピです。

P1090171

外出を控えて買い物に行く機会を減らした今こそ乾物の出番!
圧力鍋でひよこ豆を茹でて常備野菜と煮た、豆が主役のスープです。


■材料(4人分)

・ひよこ豆(茹でたもの) 250g
・人参 1/2本
・玉ねぎ 1/2こ
・キャベツ 1枚
・トマト 1/2こ

・水 800ml
・ボーソー米油 小さじ2
・コンソメ 5g
・塩 小さじ1/2


■作り方

1.ひよこ豆(乾燥豆200g)は洗って5~6時間たっぷりの水に浸けておく。

2.水を替えて一度茹でこぼしをし、新たに水カップ4、塩小さじ1/2とともに圧力鍋に入れる。

ピンが上がってから中火で5分加圧する。

3.火を止め、ふたが開くまで自然冷却し、ざるにあけて水気を切る。

4.野菜はすべて1cm角に切り、米油小さじ1でしんなりするまで炒める。

5.ひよこ豆、水、コンソメを加えて蓋をして弱火で30分~1時間煮込む。
※途中水分が少なくなったら足します。

6.塩で味をととのえ、仕上げに米油小さじ1をひと回しする。


オリーブオイルで風味をつけたりハーブやスパイスを加えるのもいいですが、
今回は野菜と豆の味を生かすべく、シンプルにコンソメと塩のみで味付けました。

P1090202


お好みで粉チーズを少々かけても。

P1090205


野菜と豆の味をじゃませずに引き立ててくれる米油。
甘みが感じられる優しいスープになりました。

P1090183

冷凍エビピラフと合わせた献立。
栄養たっぷりのスープを鍋いっぱいに作っておくだけで、手抜きの罪悪感も薄れます…


米油でつくるイタリアンレシピ
米油でつくるイタリアンレシピ



久しぶりに富澤商店でお買いものをしました。

P1070529


町田に用事があって本店に。
前回(2年以上前!)初めて訪れたときも雨で、今回も冷たい雨の日でした。

P1070526


娘に頼まれていたわらびもち粉。
黒みつも買わなくては…

P1070556


必ず買ってしまう塩メンマ。
半日かけて塩抜きして、豚ばら肉と煮ます。

P1070535





やっぱり乾燥豆から茹でると美味しいひよこ豆。
カレーに、サラダに。

P1070530


今年は「シュトーレンシーズニング」なるものを発見したので、シュトーレンを焼きます!

P1070532

粉はフランスパンなどハード系のパンでおなじみのリスドールが合うそうなので、
きっちり1回分の250gを購入。
レーズンは今年は楽をしてラムレーズンを購入しました。
いつも土壇場になるシュトーレン作りですが、今年こそは早めに取りかかりたい!


ツリーはわが家にしては早めの12月に入ってすぐ飾り、
子どもたちは初のアドベントカレンダーも楽しんでいます。

P1070561


ストウブでルウを使わないカレーを作りました。
玉ねぎの水分とホールトマトとヨーグルトで無水調理が可能。
チキンもやわらかく仕上がりました。

BlogPaint


■材料(2人分)

・鶏もも肉 1枚
・ひよこ豆(下茹でしてあるもの) 1カップ
・玉ねぎ 中1/2こ
・にんにく ひとかけ

・赤唐辛子 1本
・ミックススパイス(カレーパウダー、チキンマサラなど)…小さじ1
・バター 10g

【A】
・ミックススパイス  小さじ2
・ホールトマト 1/2缶
・プレーンヨーグルト 大さじ3
・塩 小さじ1

■作り方

1.ひよこ豆は下茹でしておく。(詳しくは→)
2.鶏肉に塩少々、ミックススパイス小さじ1をもみこむ。
3.玉ねぎ、にんにくはみじん切りにし、赤唐辛子は種を取って輪切りにする。
4.鍋にバターを溶かし、玉ねぎ、にんにく、赤唐辛子を軽く炒めて蓋をし、弱火で5分蒸し煮にする。
5.玉ねぎを端に寄せ、あいたスペースで鶏肉の表面に火を通す。
6.【A】を加えて蓋をして弱火で10分煮込み、ひよこ豆を加えてさらに10分煮込む。

BlogPaint


使ったミックススパイスはこちらのMDH社のもの。

s_P1360077

ミックスの詳細。

s_P1360078

MDH社の商品はキッチンキングとガラムマサラがポピュラーで
ガラムマサラ以外はハラルフードのお店でないとなかなかお目にかからないので
たまに見つけたら必ず購入します。


家族はもちろんごはんと共に。
サラダはレタス、アボカド、ワカメでした。

BlogPaint


ちなみに子どもたちのカレーは、ルウを使ったチキンカレーにひよこ豆をプラス。
生野菜サラダは久しぶりです。

BlogPaint

自由な息子は一人フライング。
でもレタスもごまドレッシングのおかげで完食できてびっくりしました。
(アボカドはまだダメでした。)





↑このページのトップヘ