kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ひな祭り

台風のように雨風が吹き荒れた日。
夫の帰宅時間の都合により、一足お先に桃の節句のお祝いをしました。

P1130147


メインはちらし寿司。
2合半の酢飯に、まぐろ、鰻の蒲焼き、玉子焼き、塩揉みきゅうりを広げました。

P1130157

穴子の代わりに鰻の蒲焼き。
さっと茹でてふっくらしたところをトースターで香ばしく焼き戻すことで、
中国産のお安い鰻でも美味しくなります。


ストウブでほぼ無水で作ったお煮しめ。
鶏肉、こんにゃく(息子が手綱に)、大根、人参、椎茸、ごぼう、スナップえんどう。

P1130150

鶏肉は面倒でも丁寧に筋と脂肪を取り除き、熱湯を回しかけて霜降りに。
ひと手間で煮汁もすっきりします。


今年ははまぐりでもあさりでもなく鯛と菜の花のお吸いものにしました。

P1130152

鯛は切り身で買ったところかなり骨がついていたので、ありがたくだしに使いました。
昆布と骨(あら)でだしを取り、酒と塩と醤油で味を調えます。(味の素をひと振りすると安定)
身は塩をふって表面の水分をふき取り、煮立てただしに加えて火を通します。
最後に別茹でしておいた菜の花と合わせれば出来上がり。


デザートは実家から送ってくれたひな祭りのひし餅と、初めてのスカイベリーでした。

P1130148


これまではしばらく玄関に飾って当日だけリビングに移動してもらっていたお雛様ですが、
ステイホームのおかげか子どもたちの室内での過ごし方がだいぶ大人しくなったので…
今年はずっとリビングで安全に過ごしてもらうことができました。

P1130095

健やかに成長しますように。




今年の桃の節句のお祝いは、わたしの両親も交えてにぎやかに。

BlogPaint


メインはばらちらしです。

BlogPaint

まぐろ、サーモン、エビ、アボカド、きゅうり、玉子焼きをサイコロに切って散りばめました。
エビは母が甘酢に浸けてくれました。
美味しくなるひと手間です。


ストウブ鍋いっぱいに作ったお煮しめ

BlogPaint

鶏もも肉(皮をのぞく)、厚揚げ、しいたけ、こんにゃく、大根、人参、彩りにスナップエンドウ。


お吸いものはあさりと麩。

BlogPaint

だしは昆布のみ。
酒、醤油、塩で味をととのえました。
はまぐりが3倍近いお値段だったので、大粒あさりで。


揚げるだけのクリームコロッケはおまけです。

BlogPaint


子どもたちと作った抹茶白玉といちごの和風パフェを食後のデザートに。

BlogPaint

娘が白玉を捏ねて茹でて、いちごを切ってくれました。
息子はグラスに等分に入れていく重要な作業を担当。
抹茶白玉とこしあんとバニラアイスという間違いない和の組み合わせに、
甘酸っぱいいちごがよく合います!


玄関に飾っていたお雛様は、当日にはリビングに移動。
どんどんにぎやかになって息子の幼稚園の制作物やお菓子まで飾られています。

P1020242[1]

昨年までお雛様の前で正座をして「なむなむ…」と手を合わせていた息子は、
今年は懸命に「寿限無」を唱えていました。


桃の節句のお祝いごはんです。
今年はいつも土曜出勤の夫が休みだったので、ゆっくりお昼にお祝いしました。

BlogPaint


メインはケーキ型(18cm)で作った押し寿司です。

BlogPaint


五目ちらしの素(ミツカン)を混ぜたごはんをケーキ型に敷き詰めます。
角切りにしたサーモン、厚焼き玉子、きゅうり、えびを乗せ、
ラップの上から重石をして冷蔵庫で少し寝かせます。
崩れない程度に固まったら、型から出していくらを飾って完成です。

BlogPaint


大きくて立派な真鯛が手に入ったので(先着20名980円をゲット!)塩焼きに。
夫がうろこを取って内臓を処理してくれました。
全体に塩をまぶして200℃のオーブンで30分、そのままオーブン内で10分置くと、ふっくら!

BlogPaint


お祝いごとといえば、いつもの茶碗蒸し
具材は鶏肉、しいたけ、人参、鞠麩、絹さやです。

BlogPaint


デザートには旬のいちごを。

BlogPaint

箸袋は本日の主役の娘が作ってくれました。


鯛は大きすぎて半身しか食べられなかったので
あらと身に分けて鯛めしにしようと思います。

BlogPaint


昨年は危なすぎてリビングから玄関に移動になったお雛さまですが、
今年は一度だけ落下事故は起きたものの、最後までリビングに飾ることができました。

BlogPaint

よく見たら…みかんを持たされていた!





わが家の雛人形は木目込みです。
三十数年前に祖母に買ってもらいました。
娘の初節句にあたり母は新調しようかと言ってくれたのですが、
わたしとしてはお気に入りで愛着があったのでお下がりを申し出ました。
人形屋さんに修繕に出してくれたので、きれいになって小物も新しくなり、晴れて娘のものに。

BlogPaint

飾り終えると、誰も何も教えていないのに…

BlogPaint

神聖なものと感じたらしい息子。
実は娘も2歳くらいから自然と手を合わせていました。
不思議です。

こうしてリビングに飾っていたら、気が付くと三人官女が真ん中に寄り集まっていたり
紅梅と白梅の位置が変わっていたり…(犯人はたぶん息子でしょう。)
危ないなーと思っているうちにフワフワのボールがぶつかって一人が落下するという事故が!
結局一週間ほど経ったところで玄関へ移動となりました。
来年はリビングに飾れるといいのですが。


さて、桃の節句の晩ごはんです。

BlogPaint

・お赤飯
・ホタテのフライと付け合わせ野菜
・はまぐりとあさりと菜の花の酒蒸し
茶碗蒸し

BlogPaint

子どもにはデザートもつけて。

BlogPaint

お赤飯は蒸す予定でしたが、今日は忙しさと疲労でくじけてしまい、
おとなしく炊飯器に投入するだけの簡単なものにしました。
炊飯器は楽ですがモチモチになってしまうので、やっぱり次回は頑張って蒸すことにします。

BlogPaint

お弁当で好評だったホタテのフライをメインにして、
付け合わせはさつまいものレモン煮とアスパラガスとトマト。

BlogPaint

国産にこだわるとはまぐりだけでは値が張ってたくさん用意できないので
あさりでかさ増しをした酒蒸し。
春らしく菜の花も入れました。

BlogPaint

娘のリクエストでこの日も茶碗蒸し。
中身は鶏もも肉、えび、干し椎茸、にんじん、みつ葉です。
つるんときれいにできて満足♪

BlogPaint

幼稚園でいただいてきた桜餅にいちごを添えてデザートに。

BlogPaint

幼稚園でも今日はお雛祭りで、甘酒の代わりにカルピスでお祝いしたようです。

BlogPaint

持ち帰った制作のお雛さまは、仲良くお話をしているところだそうです。
本当におしゃべりが聞こえてきそうな可愛さ!


ガラスケースではない雛人形は片づけもそれなりのイベントです。
今夜中にしまうべきなのか気になりつつ、明日の朝へ持ち越しとなりました。



にほんブログ村

↑このページのトップヘ