kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:なます


「なますはなくてもいいか」と一度は候補から外れた紅白なます。
いろいろ作っていくうちに味のバランスを考えて酸味のきいた箸休めがあってもいいな、
柚子の果汁を無駄にしないチャンスかも!ということで、ラインナップに入りました。

写真の通り、カルティオボウルに一杯分の食べ切りレシピです。

P1120583 (2)

普通の人参よりも赤い「御前人参」を使っています。


■材料(作りやすい分量)

・大根 250g
・人参 50g
・柚子の皮の千切り 適量

【A】
・塩 小さじ2/3
・酢 小さじ1
・砂糖 小さじ1
・柚子の果汁 大さじ1

■作り方

1.大根、人参を千切りにする。

2.ボウルに入れて塩を揉みこみ、重石をして15分ほど置く。

3.水気をよくしぼり、混ぜ合わせた【A】、柚子の皮を加えてあえる。


柚子の爽やかな香りと清涼感、パリパリとした食感が楽しめます。

P1120586 (2)


しょっぱいか甘いかに偏りがちなおせち料理の中で、実はありがたい一品なのかもしれません。

P1120584 (2)

銘々に盛り付けていくらを乗せれば子どもたちも箸が伸びるはずです。



an diさんで、ビーフとレモングラスのバインミー の虜になってから、
ようやく自宅で作るに至りました。

BlogPaint


お茶もお店にならってアーティチョークティーに。
牛肉もパクチーもぎっしり挟みました!

BlogPaint

■材料(作りやすい分量)

・牛薄切り肉 200g
・大根 100g
・人参 80g
・バケット 1つあたり1/4本(約12cm)
・パクチー 適量
・サラダ油 小さじ1

【A】
・ニョクマム 小さじ2
・オイスターソース 小さじ1
・砂糖 小さじ1
・塩 小さじ1/4
・にんにくのすりおろし 1/2かけ分
・レモングラス ひとつまみ
・ホワイトペッパー 少々

【B】
・酢 大さじ1と1/2
・砂糖 小さじ2
・ニョクマム 小さじ2

■作り方

1.牛肉に【A】を揉み込み、15分ほど置く。
2.大根と人参は細切りにし、塩小さじ1/2をまぶして10分置き、水気をよくしぼる。
3.2に混ぜ合わせた【B】を加えてなじませておく。
4.フライパンにサラダ油を熱し、1を色が変わるまで炒める。
5.バケットは横に切り込みを入れ、トースターで軽く温める。
6.なます、牛肉、刻んだパクチーを挟む。

BlogPaint


どちらかというとパクチーが苦手なわたしでも、これはパクチーじゃないとだめだ!
と思うくらい全てがマッチしています。
ニョクマム、レモングラスの爽やかさ、パクチー…このバランスはすごい!
お肉の味付けも我ながら理想的でした。

夫にはパクチーではなくレタスで提供したところ、かなり好評。
意外なことに娘にも好評!
また一つレパートリーが増えました。


バインミー専門店an diを再訪しました。

P1000533

「鯖とトマト」と「緑豆あんこ」をテイクアウトした前回から9か月も経ってしまいました…
はじめてのバインミー*世田谷区砧 an di


娘が生まれた直後からお世話になっている成育医療センターの向かいにあるお店で、
今回は依頼していた診断書を受け取りがてら一人ランチ。

P1000527
(写真にあるように2階のイートインスペースは11:00~16:00までとなっています。)


店内は向かい合う形の2人席テーブルが2つ(間隔が狭い)、カウンターが1つ(椅子2脚)、
L字型の4人くらい座れるベンチ席が1つ。
2人席にすでに一組お客さんがいたので、カウンターに座りました。


オーダーしたのは「ビーフとレモングラス」。

P1010416

ぎっしりすぎて中身がこぼれ落ちていますが、紙に包み直して食べるので問題ないです!


パリパリと歯ごたえの良い大根と人参のなますと、
しっかり目の味付けの炒めた牛肉がぎっしり両端までサンド!

P1010419


ドリンクは「アーティチョークティー」。
こちらはRefreshまたはRelaxがあってRelaxを選びました。
詳しくはお店のHPに。

P1010417


あまりに美味しかったので牛肉の味付けについてお尋ねしたところ、
ヌクマム、オイスターソースがベースとのこと。
HPの紹介には、レモングラス・ヌクマム・オイスターソースなどでマリネして焼いているとあり、
確かによく見るとお肉とレモングラスが一緒に炒められていました。
謎だったレモングラスの使い方もマリネと聞いて納得!


(別の日にかわいい黒板を撮影)

P1010420

具はもちろんのこと、実は大切なのはパリッとしつつもフワフワなバケット!
自作するにはまずバインミー向きの美味しいバケット探しからということになります。
道のりは遠いかも…


バインミー専門店 an diで美味しかった「魚とトマト」バインミーを
おうちバージョンで再現してみました。

BlogPaint


まずは具材の鯖のトマト煮となますを準備。

BlogPaint


オリーブオイルでにんにくのみじん切り、赤唐辛子の輪切りを沸々させ、
トマト缶(1/2缶)、鯖の水煮缶詰め(190g)の汁を加え、
トマトを潰しながら煮詰めていきます。
とろりとしてきたら鯖を加えて2分ほど煮込めばメインの具は完成です。

BlogPaint


なますはan diさんにならってしっかり食感が感じられる太めの細切りに。
大根と人参をそれぞれ100g、塩を揉み込んで10分ほど置き、水気をよくしぼったら、
酢大さじ1と1/2、砂糖小さじ2、ナンプラー小さじ2を混ぜた合わせ酢をなじませます。

BlogPaint


バケットに切れ目を入れてトースターで温めている間に、鯖もレンジで軽く温めます。
きゅうり、なますと共にたっぷり挟んで、パクチー…ではなくてわが家は三つ葉を!

BlogPaint


本物を知らないのに、初めてが一度だけ食べた人の創作料理で申し訳ない…
と思いつつ、夫にも朝ごはんに試食をしてもらいました。

BlogPaint


なますとパン…?と訝しみつつ、ありかなしかで言ったら、「あり」とのこと!よかった。

それにしても、奥深いバインミーの世界。
バケットの選び方や具材の組み合わせなどいろいろ試していきたいです。





↑このページのトップヘ