“子どもたちの”父の日には毎年あんこの和菓子をプレゼントしています。
(実の父には今年はワインにしました)
今年は娘が自分で作りたいというので、どら焼きに挑戦しました。

BlogPaint


白玉粉が残っていたのでこちらのレシピで→もちどら焼き キューピー3分クッキング

BlogPaint


計量する目が真剣です。

BlogPaint


白玉粉を水で溶かしたり、卵と砂糖を白っぽくなるまですり混ぜたり、
ひたすら計量と混ぜの作業が続きます。

BlogPaint


大さじ1杯ずつ生地を流してミニサイズの皮をたくさん作ります。
なかなか大変な作業で途中の写真はありませんが、16枚焼きました。

BlogPaint


先に作っておいた小豆あんを挟みます。

BlogPaint


二人で仲良く8このミニどら焼きを完成させました。

BlogPaint


主役であるお父さんはあいにく帰りが遅く、
父の日当日は朝からおでかけを予定しているため、お先にいただいてしまいました。

BlogPaint


生地は白玉粉が入っているだけあって、しっとりというよりもっちり。
みりんを入れたら和の感じが出るかも。
次回はベーキングソーダを使うレシピを試してみたいです。

BlogPaint


お父さんの分はラッピング。

BlogPaint

お手紙…ではなく、ただの書き置きですね。



以下余談。

母の日にはプログラム30番にも及ぶ母の日会を企画してくれた娘。
(クイズ、ゲーム、あやとり、手遊び、読み聞かせ、プレゼント贈呈、合奏、歌などなど)
父の日にはシンプルに歌をプレゼントすることになりました。
選んだ曲は夫のカラオケの十八番であるこちら→宇宙刑事ギャバンOP(※音が出ます)

直球すぎて何度聞いても笑ってしまう最高傑作なのですが、
7歳女児に「男なんだろ?ぐずぐずするなよ」と熱唱されるシュールさよ…
何もわからずプラレールのレールをバチにして太鼓代わりに箱を叩く息子も他人事ではない!
そして夜中に伴奏を練習する自分。(そもそもピアノはミスマッチ)

前奏の時点で気付いた夫は爆笑で、歌のサプライズプレゼントは大成功をおさめました。