kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:ちらし寿司

台風のように雨風が吹き荒れた日。
夫の帰宅時間の都合により、一足お先に桃の節句のお祝いをしました。

P1130147


メインはちらし寿司。
2合半の酢飯に、まぐろ、鰻の蒲焼き、玉子焼き、塩揉みきゅうりを広げました。

P1130157

穴子の代わりに鰻の蒲焼き。
さっと茹でてふっくらしたところをトースターで香ばしく焼き戻すことで、
中国産のお安い鰻でも美味しくなります。


ストウブでほぼ無水で作ったお煮しめ。
鶏肉、こんにゃく(息子が手綱に)、大根、人参、椎茸、ごぼう、スナップえんどう。

P1130150

鶏肉は面倒でも丁寧に筋と脂肪を取り除き、熱湯を回しかけて霜降りに。
ひと手間で煮汁もすっきりします。


今年ははまぐりでもあさりでもなく鯛と菜の花のお吸いものにしました。

P1130152

鯛は切り身で買ったところかなり骨がついていたので、ありがたくだしに使いました。
昆布と骨(あら)でだしを取り、酒と塩と醤油で味を調えます。(味の素をひと振りすると安定)
身は塩をふって表面の水分をふき取り、煮立てただしに加えて火を通します。
最後に別茹でしておいた菜の花と合わせれば出来上がり。


デザートは実家から送ってくれたひな祭りのひし餅と、初めてのスカイベリーでした。

P1130148


これまではしばらく玄関に飾って当日だけリビングに移動してもらっていたお雛様ですが、
ステイホームのおかげか子どもたちの室内での過ごし方がだいぶ大人しくなったので…
今年はずっとリビングで安全に過ごしてもらうことができました。

P1130095

健やかに成長しますように。





GW中のささやかなイベント、端午の節句のお祝いをしました。

P1090661


メインはちらし寿司。
息子のリクエストでから揚げとポテトも揚げました。

P1090663


酢飯はお米2合(酢大さじ2・砂糖大さじ1・塩小さじ1)。
塩揉みきゅうり、玉子焼き、まぐろ、塩すじこ、青じそ、煎りごま。

P1090671


見栄えに自信がないのでいつもサイコロ状に切ってしまいます。
青じその香りが良く好評でした。

P1090668


久しぶりに茶碗蒸しも作りました。
鶏肉、しいたけ、人参、彩りにスナップえんどう。
覚え書きとしては卵2こにだしが300ml、蒸し時間は強火2分のち弱火11分。
なめらかにできました。

P1090664


鶏もも肉でいつものから揚げ。
2度揚げでパリッと。

P1090666


ポテトは揚げるだけの冷凍品です。

P1090665


柏餅は先月両親が送ってくれた支援物資の一つで、大事に冷凍しておきました。
薄皮饅頭で有名な柏屋さんのものです。

P1090669


わが家の兜は夫の実家からお下がりでいただいた収納飾りです。
柏餅はこちらの鯉のぼりの箱に入っていました。

P1090684

もうすぐ6歳を迎える息子。
昔は被れた兜ですが、もう頭が大きくなって飾るのみとなりました。


幼稚園最後の年が今後どうなっていくのか全く先が見えません。
でもその焦る気持ちはきっとみんな同じ。
大事な時期なのに…という不安もそれぞれ誰にでも言えること。
とにかく健康であることを願って日々を過ごしていきたいと思います。



今年の桃の節句のお祝いは、わたしの両親も交えてにぎやかに。

BlogPaint


メインはばらちらしです。

BlogPaint

まぐろ、サーモン、エビ、アボカド、きゅうり、玉子焼きをサイコロに切って散りばめました。
エビは母が甘酢に浸けてくれました。
美味しくなるひと手間です。


ストウブ鍋いっぱいに作ったお煮しめ

BlogPaint

鶏もも肉(皮をのぞく)、厚揚げ、しいたけ、こんにゃく、大根、人参、彩りにスナップエンドウ。


お吸いものはあさりと麩。

BlogPaint

だしは昆布のみ。
酒、醤油、塩で味をととのえました。
はまぐりが3倍近いお値段だったので、大粒あさりで。


揚げるだけのクリームコロッケはおまけです。

BlogPaint


子どもたちと作った抹茶白玉といちごの和風パフェを食後のデザートに。

BlogPaint

娘が白玉を捏ねて茹でて、いちごを切ってくれました。
息子はグラスに等分に入れていく重要な作業を担当。
抹茶白玉とこしあんとバニラアイスという間違いない和の組み合わせに、
甘酸っぱいいちごがよく合います!


玄関に飾っていたお雛様は、当日にはリビングに移動。
どんどんにぎやかになって息子の幼稚園の制作物やお菓子まで飾られています。

P1020242[1]

昨年までお雛様の前で正座をして「なむなむ…」と手を合わせていた息子は、
今年は懸命に「寿限無」を唱えていました。


毎年年末を実家で過ごし、元旦には義理の実家に移動するので
実家でお正月を過ごすのは久しぶり。
親戚が集まる新年会にも数年ぶりに参加しました。

当日朝、初売りでごった返す駅前百貨店と生鮮の専門店に買い出しに行き、
お昼のスタートに合わせて15人分のお料理を準備しました。

BlogPaint

BlogPaint


とにかく人数がいつもより多いのと、調理時間が1時間程度ということもあり
メインは寿司桶いっぱいのばらちらしに。

BlogPaint

マグロ、サーモン、茹でエビ、玉子焼きをサイコロ状に切って散りばめたら、
いくらとブロッコリースプラウト(貝割れ菜より苦みが少なく子どもにはおすすめ)で飾り付け。
お刺身を並べるより時短で盛り付けの失敗もなく、具が均等に行き渡ります。


デパ地下のお総菜コーナーより、生ハムサラダと鶏のから揚げ(×2皿)。

BlogPaint


子どもたち(中学生以下が5人)に喜ばれたスコッチエッグ。

BlogPaint


グリルでエビを焼いたり、ちょっといいソーセージをボイル→炒めて盛り合わせにしたり。

BlogPaint


お酒が大丈夫な人には好評だった父作のカナッペ。
酒粕、クリームチーズ、ドライフルーツ、ナッツを混ぜてクラッカーに。

BlogPaint


お刺身の盛り合わせにはもちろん、母方の実家の本わさびを添えて。

BlogPaint

ちなみに新年会は87歳の祖母がホストとなり、買い出しに同行するイベントとなっています。


宴会がひと段落したらビンゴ大会というのがわたしが子どもの頃からの恒例行事です。
景品は全て食品で、お菓子の詰め合わせ福袋やハム、ソーセージ類、みかんなど、
最下位まで優劣なくもらえます。

わが家はカルディで調達。
派手なパーティー向けサイズのお菓子や大きな韓国海苔のパック、
カルディオリジナルのアイスティー(無駄に重さがあると盛り上がる!)などを提供しました。

結果は、娘が当たったみかん&干しいもセット以外はみんなお菓子!

BlogPaint

これでもみんなでシェアしたり交換したりしたごく一部。
おかげさまでしばらくおやつは買わなくて済みそうです。


この日は小学校の始業式。
娘のリクエストでお祝い(を意識した)ごはんを作りました。

BlogPaint


来週の息子の入園のお祝いは考えていたけれど、娘の進級は正直予定外!
これは毎年恒例になる…?

BlogPaint


メインはちらし寿司に。
桃の節句の押し寿司のときと同じく市販の五目ちらしの素を混ぜ、
鰻の蒲焼き、エビ、アボカド、厚焼き玉子を乗せました。

BlogPaint


娘の好きなマカロニサラダ
きゅうり、ツナ、コーンでシンプルに。

BlogPaint


汁椀はあさりのすまし汁です。
あさりのだしと酒をベースに、ヤマキ割烹白だしで味をととのえてお手軽に。

BlogPaint


デザートはゼラチンで作ったゼリー。
下の段はオレンジジュース、上の段は缶詰の甘夏みかんとそのシロップで。
時間差で冷やして2層にしています。

BlogPaint


娘は「ぜーーーんぶ大好きなものだぁー!」と喜んで完食してくれました。

BlogPaint


新二年生になった娘は、入学式に参加して歓迎の歌と合奏を披露しました。
一年生のお世話係としても活躍したようです。

始業式では担任の先生が持ち上がりになるという嬉しい発表が!
親子共にとても信頼している大好きな先生なので、
もう一年担任をしていただけて本当によかった。
息子のほうはまだこれからですが、小学校の新年度は安心してスタートできそうです。

↑このページのトップヘ