kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:たこ焼き


「ボーソー米油部」の活動です。

これまでの600mlボトルに加え、180mlのミニボトルが新しく発売となりました。

P1080540

ボトルを押した分だけ出てくるので、少量使いたいときや回しかけたいときなどに便利です。


まずはじめに試してみたのはたこ焼きです。

P1080517


いつもは刷毛に含ませて、ある程度の量を鉄板に落として塗り広げていましたが、
これならサーッと回し入れることができます。
まんべんなく塗り広げる作業は必要なものの、だいぶ楽になりました。

P1080518


そして、仕上げに回しかけるのもミニボトルなら簡単。
カリッと焼けます。

P1080526


まんべんなく行き渡るので、2回目は油をひかずにスタートできました。

P1080529


鉄板でもしっかり熱してから焼き始めれば、くっつかずにきれい!

P1080528


米油なら油っこさもありません。

P1080532


同じたこ焼き鉄板を使って、ごま団子も焼いてみました。

P1080538

油をたくさん使って揚げなくても表面はカリカリ、中まで柔らかく火が通りました。
こちらのレシピはまた後日。

卓上に置いても違和感ないサイズのミニボトル。
米油がより身近に、便利になりました。

カリッとおいしい粉もんレシピ
カリッとおいしい粉もんレシピ





11月22日にボーソー米油部の第2期キックオフイベントがありました。
残念ながら参加することができなかった私にも嬉しいプレゼントが届きました。

P1070670

米油についてもっと深く知るための資料に、名刺、米ぬかのハンドクリーム、マグカップです。



オリジナルデザインのマグカップは、米油スイーツを作ったときのお供にするのが楽しみ。

P1070665



乾燥が続くこれから先、いくらあってもありがたいハンドクリーム。
半透明でクリームとゲルの中間のような手触りです。
スーッと伸びてなじませるとふっくらして、お米を思わせる優しい香りがします。

P1070662

レシピブログさん、ボーソー油脂株式会社さん、ありがとうございました。



イベントでは「米油でカリッと、おいしいたこ焼きパーティ」をしたそうです。
実はわが家も少し前からたこ焼きの際の油は米油にしているので、その様子を!

P1060776



鉄のたこ焼き器なので、煙が出るまで強火で熱して一気に流し込んで焼きます。
そんなとき高温でも品質の変わらない米油はありがたい存在!

P1060777



米油はまんべんなく穴の底に溜まるくらいに。

P1070684



これでくっつくことなくカリッと焼けます。

P1070687



こちらのたこ焼き器を購入してから月2回くらいは焼いているので
だいぶ手際よく上手にできるようになりました。

P1070691


ちょっと頻度が多いかなと心配しているのですが、子どもたちも夫も飽きる気配がありません。
これからも、もたれず油っこくない米油でたこ焼きを楽しみます。


ボーソー米油部 米油レシピ
ボーソー米油部 米油レシピ



クリスマスパーティーの日はお泊まり会でした。
翌日はロールパンサンドで朝ごはん。

BlogPaint


レタス、ハム、チーズ、玉子サラダ、水切りヨーグルト、ブルーベリージャム。

BlogPaint


水切りヨーグルトは画期的な水切り方法を考えました!

BlogPaint

コーヒーのフィルターを二重にしてヨーグルトを入れ、カラフェにセットするだけ。
冷蔵庫から出したので曇っていて見えませんが下にホエーが落ちています。


子どもテーブル。
玉子サラダにハムにブルーベリーというカオスなサンドを作ったりしていましたが…
しっかり食べてくれればそれでいいです。

P1010144


ちなみに、お昼はすっかり定番になっているたこ焼き。

BlogPaint


粉500g、水1500ml、卵2こ、たこ300gで4回焼いて、64このたこ焼きができました!

BlogPaint


海苔たっぷりの梅おにぎりとともに。

BlogPaint

ほぼセルフの簡単メニューで全く偉そうなことは言えないけれど…
やっぱり大人数料理は考える過程も買い出しも楽しかったです!
十分すぎるほどのお土産もいただいてしまい、お友達にも感謝の一泊二日でした!


お友達のおうちでたこ焼きパーティーをさせてもらったのが楽しくて、
そのお友達家族を今度はわが家にお招きして、第2回たこ焼きパーティーを開催しました!

BlogPaint


直火で焼きたかったのと、ダイニングテーブル近くに電源がないという理由から、
カセットコンロに乗せるプレートを購入しました。(Iwatani)
既存のコンロにフィットする専用プレートを選ぼうにも、年代物すぎて製造元がすでに行方不明…
きちんと乗るか不安でしたが、どっしり重い鉄鋳物なので動くこともなく安全に使用できています。

BlogPaint


生地はお好み焼き粉の美味しさで信頼度の高いオーマイのたこ焼き粉におまかせ。
粉250g・卵1こ・水700mlで、32個(16個×2回)焼けます。
具はシンプルにたこ、九条ねぎ、天かすです。

BlogPaint


おたふくのたこ焼きソース、マヨネーズ、花鰹、青のりも準備。

BlogPaint


道具の準備としては、100円ショップで油ひきと先端が尖っていないピックを購入しました。
いざ使ってみると竹串の方が返しやすくて、ピックのほうは失敗。
油ひきはあるととても便利です。

BlogPaint


プレートにサラダ油を多めにひき、煙が出るまでよく熱してから生地を流し入れます。
まずたこを入れ、続いて天かすと青ねぎを散らしているところ。

BlogPaint


今回のパーティーの前に練習したので、プレートは油の馴染みがよく
くっつかずにカリッとしたたこ焼きができました!
(というわけで、わが家はこの日夏休みに入って3回目のたこ焼き!)

BlogPaint


穴が大きくて深いので、1このボリュームがあります。
サイドメニュー次第で子どもなら4~5こで満足できるサイズ。

BlogPaint


そのサイドメニューは、冷凍の焼きおにぎり、とうもろこしごはんのおにぎり、サラダ。
サラダはトマト、アボカド、きゅうりをシンプルに岩塩とレモンで和えました。

BlogPaint


この日は子どもたちが楽しみにしていたお泊まり会。
晩ごはんは鶏の唐揚げをメインにした普段通りのごはんにしました。
暑くて昼間はどこにも行かず室内で遊んだので、
晩ごはんのあと浴衣と甚平に着替えて、接近していた火星と星座の観察へ出かけました。


翌日の朝ごはん風景です。

BlogPaint


HBの焼きたて食パン、トマト、マカロニサラダ(前夜の残り)、キャンベルのクラムチャウダー。

BlogPaint

お風呂も就寝も子どもたちだけでワイワイ!
非日常を楽しみました。


↑このページのトップヘ