kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:そぼろ

「福島クッキングアンバサダー」の活動です。

P1110247

まっすぐに伸びた新鮮な福島県産いんげんを使ったレシピの最終回!
(2週間ほど前に作ったのですが、アップするのを忘れていました…)


さっと茹でて小口切りにしたいんげんと甘辛い生姜そぼろを炊きたてのごはんに合わせました。

P1110338


■材料(4人分)

・ごはん(できれば炊きたてのもの) 1.5合
・福島県産いんげん 8本
・豚ひき肉 100g
・生姜 ふたかけ

【A】
・酒 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・みりん 大さじ1
・醤油 大さじ1と1/2

■作り方

1.いんげんは塩(分量外少々)を加えた湯で2分ほど茹でてざるに上げておく。
2.生姜はみじん切りに、粗熱が取れたいんげんは小口切りにする。
3.フライパンに豚ひき肉、生姜、【A】を入れて火にかけ、混ぜながら煮詰めていく。
4.水分が飛んだら、いんげんとともに温かいごはんに混ぜる。


生姜の利いた甘辛いそぼろが、いんげんの食感と甘みを引き立てます。

P1110340


別の野菜で作ることを考えてみたのですが、
同じ仲間のスナップエンドウを刻むことくらいしか思いつきませんでした。

P1110342

とにかくいんげんと相性の良い混ぜごはんで、実は独身の頃から作っているレシピです。

細切りたけのこをさらに細かく刻んでそぼろに混ぜるのもおすすめ。
もちろん味と食感と彩りにいんげんは欠かせません!


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー




久しぶりの常備菜作りです。
野菜の高値が続いていて、特に葉物と根菜が高いと感じます。

P1100995

この日のラインナップは、広告の品だったブロッコリー、状態の良かった国産オクラ、
少し緑が薄く感じるけれど安かった豆苗など。
なんとか入手した野菜たちをすぐに下ごしらえしました。


ブロッコリーは固めの塩茹でに。

P1100989


オクラはガクを剥いて塩でこすってからサッと茹でて、白だしに浸しました。

P1100990


カルディの鮭の中骨缶詰に、塩揉みきゅうりと煎りごまを合わせたもの。

P1100991


こちらにハマっています↓




豆苗はとりあえず洗ってカットして保存。

P1100992


夏場はどれだけこまめに水を替えても根腐れが気になるので、
1回再生させたらおしまいにするようにしています。

P1110002


鶏ひき肉のそぼろ。
水、酒、砂糖、みりん、おろし生姜を加えて混ぜながら火にかけ、時間差で醤油を。
少しだけ水分が残るくらいで火を止めて、しっとりとしたそぼろに仕上げます。

P1100993


8月に入ってからというもの、暑いので火を使う時間はおのずと短くなっています。

P1100988

そういえば、ストウブの出番が少ないな…



簡単で子どもたちがよく食べてくれるそぼろ丼のレシピです。

いつもは甘辛いそぼろと塩味の煎り玉子の組み合わせにするのですが
夏なので塩揉みきゅうりをアクセントに加えて、煎り玉子は甘くしてみました。

P1060180

■材料(2人分) ※大人2人分の量です。鶏そぼろは保存可。

(鶏そぼろ)
・鶏ひき肉(もも) 200g
・酒 大さじ1
・みりん 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・醤油 大さじ1と1/2

(煎り玉子)
・卵 2こ
・砂糖 大さじ1
・塩 少々
・サラダ油 少々

・きゅうり 1本
・塩小さじ1/4

・ごはん 適宜

■作り方

1.きゅうりはスライサーで薄切りにし、塩を揉み込んで5分ほど置き、水気をよくしぼる。
2.鍋に鶏ひき肉、酒、みりん、砂糖を入れて中火にかけ、菜箸(あれば数本)でかき混ぜながら火を通す。
3.鶏肉の色が変わってきたら醤油を加え、汁気がなくなる寸前で火を止める。
4.卵に砂糖、塩を加えて混ぜ、サラダ油をひいて温めたフライパンに流して大きくかき混ぜる。
5.7割ほど火が通ったら火を止め、かき混ぜながら余熱でふんわり仕上げる。
6.温かいごはんをよそい、具を全て乗せる。


この日のお昼ごはんは親子丼と迷ってそぼろ丼に。
同じ鶏肉と卵の組み合わせですが、こちらのほうが好みのようで喜ばれます。

P1060181

しっとりそぼろ、ふんわり玉子、シャキシャキのきゅうり。
食感も甘辛のバランスもちょうどよく美味しくできました。


先日作り置きした肉そぼろ。

BlogPaint


美味しくてアレンジも利いて使い勝手抜群だったので
倍量でもう一度作りました。

BlogPaint


■材料(作りやすい分量)

・豚ひき肉 300g

【A】
・みそ 大さじ4
・酒 大さじ4
・砂糖 大さじ2

・すりごま 大さじ4

■作り方

1.【A】はよく混ぜ合わせ、みそを溶いておく。
2.豚ひき肉と1の合わせみそをフライパンに入れて火にかけ、菜箸で絶えずかき混ぜる。
3.脂が透明になり、パチパチしてきたらすりごまを加えて混ぜ、火を止める。


こちらのそぼろをトッピングして作ったのが冷やし担担麺です。

BlogPaint

スープはヒルナンデスの料理のワンコーナーより拝借した豆乳+白だしで手軽に。
(元レシピは肉味噌にピーナッツバターを加えて、麺はそうめんでした。)

■材料(2人分)

・中華麺(冷やし中華用) 2玉
・ごまみそ肉そぼろ 大さじ山盛り4
・きゅうり 1本
・無調整豆乳 200ml
・白だし 大さじ2
・ラー油 適宜

茹でて水でしめた麺に、豆乳と白だしを合わせたものをかけ、
千切りにしたきゅうりとそぼろを乗せたら、ラー油を回しかけるだけ。
そぼろにたっぷりのすりごまが入っているので、混ぜると担担麺になります!

BlogPaint


麺を細めのうどんにして子どもごはんにも。

BlogPaint

ラー油の代わりにごま油をたらし、ゆで玉子をプラス。
息子は冷たいのがお気に召さなかったようなので、次回は温めます…


最近ダイニングではなくローテーブルでごはんを食べたがる二人。

BlogPaint

なぜか向かい合うことはなく、いつも横並びです。


半端に余った豚ひき肉と旬のゆでたけのこを、たっぷりの生姜と一緒に甘辛く炒めて
アレンジがきくそぼろを作りました。

■材料(ごはん2合分)

・豚ひき肉 150g
・ゆでたけのこ 100g
・生姜 40g

【A】
・酒 大さじ1
・みりん 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・醤油 大さじ2

■作り方

1.たけのこと生姜はみじん切りにする。
2.フライパンに油をひかずにひき肉を炒める。
3.色が変わったら1を加えて生姜の香りが立つまで炒め、【A】を加える。
4.混ぜながら水分がなくなるまで炒める。


まずは熱いうちに炊きたてのごはんと合わせた混ぜご飯。

BlogPaint


彩りのさやえんどうも食感のアクセントになります。

BlogPaint


冷蔵保存しておいて、別の日にはチャーハンにしました。
卵と一緒に炒めて塩こしょうで味を調え、青ねぎをたっぷり。

BlogPaint


付け合わせはザワークラウトとミニトマト。
簡単なお昼ごはんでした。

BlogPaint

たけのこの食感と生姜が利いた甘辛の肉そぼろで
簡単にごはんものが2品完成です!


↑このページのトップヘ