kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:しらす

親子丼に、茶碗蒸しに、豚汁に…ないと寂しい三つ葉。
刻んでたくさん乗せても新鮮なうちに消費できないこともあります。
そんなときの簡単に美味しく食べ切るレシピです。

P1130404


■材料(作りやすい分量)

・三つ葉 1袋
・しらす 40g
・焼き海苔 1/2枚
・煎りごま 小さじ1

・ごま油 小さじ1
・みりん 小さじ1
・醤油 小さじ1

■作り方

1.三つ葉は1cm程度に刻む。

2.フライパンにごま油を熱し、しらす、1の順に炒める。

3.みりん、醤油を加えて水分が飛ぶまで炒め、火を止めて粗熱が取れるまで冷ます。

4.海苔を細かくちぎって加え、煎りごまも加えてさっと混ぜる。



少々濃いめの味付けなので、醤油の量はお好みで。
海苔は冷ましてから加えたほうがさらっと混ざります。

P1130406


混ぜごはんにしてにぎってみました。

P1130437 (2)

大根の葉でもかぶの葉でも同じようにできますが、三つ葉はやっぱり香りがいいです。



常備菜作りの記録です。

P1130407 (2)

・蒸かしいも
・三つ葉としらすのふりかけ
・切干大根の煮もの
・春菊と油揚げの玉子とじ


さつまいもを圧力鍋で蒸したもの。
今回はホクホク系の紅あずまです。

P1130408


茶碗蒸しで余っていた三つ葉を細かく切って、しらすと一緒にごま油で炒めました。
みりんと醤油で味つけし、海苔とごまを加えたら、白いごはんに合うふりかけが完成。
美味しくできたのでのちほどレシピをアップします。

P1130409


切り干し大根と人参の煮ものは白だしとみりんで。

P1130414


鍋をして余った春菊は油揚げと合わせて卵とじに。
先に油揚げをだし、みりん、砂糖、醤油で甘辛く煮ておきます。
春菊は苦みが出るのでさっと10秒ほど火を通し、すぐに溶き卵を回し入れます。

P1130411


作り置きが活躍したこの日の晩ごはん。

P1130419


子どもは切り干し大根、大人は春菊の卵とじ。

P1130424

この日の魚は小田原の「ひもの山安」さんの鯵の開き。
最近通るようになった街道沿いに店舗を見つけたので、定期的に購入しています。

お米は息子が炊いてくれました。
解凍しておいた魚を焼き、お味噌汁(なめこと豆腐)を作るだけの簡単ごはん。
冷蔵庫整理にもなってよかったです。



「ボーソー米油部」の活動です。

1年間の集大成!わたしのおすすめ米油レシピ
1年間の集大成!わたしのおすすめ米油レシピ


今月のテーマは「1年間の集大成!わたしのおすすめ米油レシピ」。
昨年の10月に始まったボーソー米油部2期の活動も、いよいよ最終回の月となりました。
集大成として、ジャンルを問わずおすすめの米油レシピをご紹介したいと思います。


まずはわが家の長年の定番の納豆スパゲッティ。
タイトルの通り、米油で作るようになってより美味しくなったと感じています。

P1110431


幼稚園の息子は水曜日が午前保育で早帰り。
週に一度の息子とのランチは、リクエストにより高確率で大好物の納豆スパゲッティになります。

こちらがリアルな食卓。

P1110433

このときばかりは息子が自分でお気に入りの食器を選ぶのが暗黙の了解となっています。


過去の記事によると、2歳4か月にしてもう食べていました↓



(二人で150gから息子の成長とともに少しずつ増量して今ではほぼ200gに!)


■材料(2人分)

・スパゲッティ 200g
・納豆 1パック
・しらす(またはちりめんじゃこ) 大さじ2
・にんにく 1かけ
・ボーソー米油 小さじ2
・醤油 大さじ1
・青ねぎ(または長ねぎのみじん切り) 適量
・刻み海苔 適量

■作り方

1.スパゲッティを茹で始める。(塩・分量外適量)

2.2つ割りにして芽を取り除いたにんにくと米油をフライパンに入れ、ごく弱火でじわじわと煮る。

3.にんにくに火が通ったらしらすと納豆を加えて中火でさっと炒める。

4.茹で上がったスパゲッティを鍋から移し(茹で汁は切らずに少し入るくらいが良いです)
醤油を回しかけてさっと炒める。

5.皿に盛りつけて青ねぎ、刻み海苔を乗せる。


米油と出会う前はオリーブオイルやサラダオイルで作っていたのですが、
和風の素材を合わせるときには、味も香りもないあっさりとした米油が最も合うと思います。

P1110435

米油で作るガーリックオイルが美味しさの決め手となるスパゲッティ。
しらすのうまみと塩気が加わって納豆と相性抜群です!
醤油で味をととのえたら、ねぎと刻み海苔で香り良く仕上げます。

納豆好きな方にはもちろん、納豆とスパゲッティの組み合わせは…という方にも、
自信を持っておすすめしたいレシピです!



「福島クッキングアンバサダー」の活動です。


柔らかくて味染みの良い福島県産なす「くろべえ」。
焼いてよし炒めてよし揚げてよし、和洋中どう料理しても美味しくて大好きな野菜の一つです。

P1100776


今回は揚げ焼きにしてから煮てみました。

P1100876


しらすはだしとなりつつも、なすの甘みや旨みを吸ってふっくら。
相乗効果で美味しくなる一品です。

P1100878

ちなみに母のオリジナルはちりめんじゃこでした。
たまたま買い置きのあったしらすで作りましたが、食感の違いはあれどどちらでもOKです。


■材料(2人分)

・福島県産なす 2本
・ししとう 8本
・しらす 大さじ2

【A】
・水 100ml
・白だし 大さじ2
・みりん 大さじ1
・酒 小さじ1

・米油 大さじ3

■作り方

1.なすは縦横半分に切り、皮目に隠し包丁をして水にさらし、水気をよくふきとる。

2.ししとうはへたを落として破裂防止の切り目を入れておく。

3.フライパンに米油を熱し、ししとう、なすの順に焼き目がついてしんなりするまで揚げ焼きにする。

4.鍋に【A】を沸かし、油を切った3、しらすを加える。

5.なすとししとうが柔らかくなるまで、弱火で10分ほど煮る。


だしがじゅわっと染みて、やっぱりなすは煮物にしても美味しいと再確認!

P1100873


ししとうのほろ苦さが良いアクセントになっています。

P1100875

皮も実も柔らかい福島県産なすを存分に味わうことができました。


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー





「福島クッキングアンバサダー」の活動です。


福島県産ブロッコリーを美味しく味わうレシピ第5弾。
今回は刻んでショートパスタに絡めてみました。

P1100224


ブロッコリーとしらすのガーリックオイルベースのパスタは、以前にスパゲッティでも。



シンプルさが決め手のおすすめの組み合わせです。


今回は新鮮なうちにさっと茹でて、冷凍していたものを使用しています。
(写真左)

P1100031


■材料(1人分)

・フジッリ 80g
・ブロッコリー 30g(小房に切り分けたもの3房程度)
・しらす 大さじ2
・にんにく 1/2かけ
・エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1
・塩 適量

■作り方

1.ブロッコリーとにんにくをみじん切りにする。

2.フジッリは塩を加えたたっぷりの熱湯でくっつかないようにかき混ぜながら表示通りに茹でる。

3.フライパンにオリーブオイル大さじ1、にんにくを入れて弱火で熱し、焦がさないように1~2分炒める。

4.茹で汁お玉1杯分とブロッコリーを加えて2分ほど煮たら、しらすを加えてさらに1分煮る。

5.フジッリ、茹で汁大さじ3を加えて炒め合わせ、塩加減をみて味をととのえる。


生のブロッコリーの場合は4の工程でプラス1分加熱するとなじみが良くなります。

P1100218

フジッリのらせん状のひだにブロッコリーとしらすがしっかり絡んで食べやすい!

香りづけのにんにく以外、野菜はブロッコリーのみ。
旬の福島県産ブロッコリーの美味しさを、ソースとして存分に感じられる一皿です。


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー




↑このページのトップヘ