kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:さつま揚げ


「福島クッキングアンバサダー」の活動です。


出荷量日本一を誇る、旬の福島県産いんげん。

P1110248


そのいんげんを、こくとだしが出るさつま揚げ(魚河岸揚げ・紀文)と一緒に甘辛く煮ました。

P1110327

もちろん厚揚げやちくわなど、様々な練りもので作れます。


■材料(4人分)

・さつま揚げ 8こ(360g)
・福島県産いんげん 10~15本

【A】
・水 100ml
・酒 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・みりん 大さじ1
・白だし 大さじ2

■作り方

1.さつま揚げは熱湯をかけて油抜きをし、いんげんは半分に切る。

2.鍋に1、【A】を入れて火にかけ、落としぶたをして弱火で煮る。

3.焦げ付かないように煮汁の量に気を付けながら15分ほどかけて煮る。
そのまま常温まで冷まして味を含ませる。


じっくり味を煮含めたいんげんは、噛んだ瞬間にだしがじゅわっと広がります。

P1110330

もちろんお煮しめとして根菜や干し椎茸などを一緒に煮ることもありますが、
シンプルにいんげんの食感や甘みを味わうのもおすすめです。


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー



今年は絶対ストウブで作ってみよう!と思っていたおでん。
立派な大根が手に入ったので、お昼から仕込みにかかりました。

BlogPaint

といっても、下茹での手間以外はたまに世話をしてあげるだけでほぼ放置。
時間が美味しくしてくれます。

 
■材料(4人分) ブレイザー24cm使用

【だし】
・昆布 10cm
・鰹節 20g
・水 1000ml
・みりん 大さじ3
・醤油 大さじ2
・塩 小さじ1

【A】(味を吸う具材)
・大根 1/2本(2cm程度の輪切りを8切れ)
・卵 4こ
・じゃがいも 中3~4こ
・他、結びしらたき、こんにゃく、牛すじなど適宜

【B】(味を出す具材)
・はんぺん、ちくわ、さつま揚げなど、練り物や揚げ物を数種類

■作り方

1.だしを作る
・鍋に水と昆布を入れ、戻るまで浸しておく。
・火にかけて沸騰寸前で昆布を取り出して鰹節を加え、火を止めて20分ほど置いてから濾す。
・みりんは煮切り、醤油、塩と共にだしに加える。

2.下茹でをする
・大根は2cm幅の輪切りにして皮を厚め(5mmほど)に剥き、面取りをしてから米のとぎ汁で弱めの中火で30分下茹でする。
・じゃがいもは皮をむいて水から茹で始め、沸騰してから弱火で15分ほど茹でる。
・卵を茹でて殻を剥く。

3.【A】を煮てしばらく寝かせる
・鍋にだしを張り、【A】の具材を入れて沸騰しない火加減を保ちながら1時間ほど煮る。
・火を止めて蓋をし、しばらく置いておく。
※時間があればたまに火を入れてまた放置を気まぐれに繰り返す。

BlogPaint
大根、じゃがいも、ゆで卵、結び白滝が第1陣。

4.【B】を加えて仕上げる
・揚げ物は熱湯を回しかけて油抜きをしてから鍋に加えて火にかける。
・煮汁が熱くなってから、沸騰しない火加減を保って20分ほど煮る。

第2陣にはさつま揚げ、白身魚と豆腐の揚げボール(紀文の魚河岸揚げという商品、美味しい!)
の2種類を入れました。

BlogPaint

すっきりとした鰹昆布だしは美味しいけれど正直ごはんが進む感じはないので、
ごはんはおにぎり(わかめと若菜の混ぜご飯・塩むすび)に。
意外なことに子どもたちはどの具材も完食!
同じレシピで娘は昔食べてくれなかったのに、今年は二人とも好きらしいことがわかりました。


自分が子どもの頃はあまり喜ばしくなかったおでん。
当時の大根は今ほど甘くなかったし、がんもどきや厚揚げも今よりモソモソして好きではなく、
結び昆布にいたっては試練でした。
好んで食べたのはゆで卵とはんぺんくらいでしょうか。

夫はおでんのじゃがいもが好きだと言います。
じゃがいもというと頭に浮かぶのは、煮崩れる→だしが濁る…という失敗の図。
でも下茹での段階からとにかく動かないように静かに静かに煮ると、
おだしも澄んだまま煮崩れもなく仕上がります。

子どもにも好評だったことだし、この冬は洋風おでんも作ってみようかな。





久しぶりにおからを炊いてみました。
確か娘は好きでよく食べたはず。息子はたぶん初めて…どうだろう?

BlogPaint


■材料(鍋にたっぷり)

・おから(生) 300g
・にんじん 小1本(100g)
・玉ねぎ 1/2こ (100g)
・さつま揚げ 100g
・スナップエンドウまたはインゲン 3~4本

・サラダ油 大さじ1
・だし(いりこまたはかつお) 400ml
・砂糖 大さじ1と1/2
・醤油 大さじ2

■作り方

1.にんじん、玉ねぎはみじん切りにする。さつま揚げは5mm角に切る。
2.スナップエンドウは塩茹でして冷水に取り、水気を切って斜め薄切りにする。
3.鍋にサラダ油を温め、にんじんと玉ねぎを弱火でじっくり炒める。
4.おから、さつま揚げを加えて焦げ付かないように注意しながら全体が混ざるように炒める。
5.だし、砂糖、醤油を加え、混ぜながら中火で炊いていく。沸々し始めたら弱火にして蓋をし、5分ほど炊く。
6.最後に2を加えてひと混ぜする。食べる直前まで蓋をしておく。


娘はやっぱり好きでおかわりもしました。
もそもそ感は全然なくてしっとりホカホカなのですが、息子は2~3口で終了…
何かと好みが分かれる二人です。

BlogPaint


この日のお味噌汁はベジブロスといりこだし半々で作りました。
具は野菜のだしと相性の良いじゃがいもと、甘みをプラスしたかったのでとうもろこし。
味噌を控えめにしてもしっかり味のする深い味わいのお味噌汁になりました。

BlogPaint


晩ごはんの全景。

BlogPaint

・ごはん
・じゃがいもととうもろこしのお味噌汁
・さんまの開き干し
・おから煮
・きゅうりの酢の物


おからは鍋いっぱいに作ってしまったので、2~3日食べることになりそうです。




↑このページのトップヘ