kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:さつまいも


「福島クッキングアンバサダー」の活動です。


かさがしまってコロンと肉厚な「福島県産菌床しいたけ」。
弾力があってうまみが強く、火を通すととてもジューシーです。

P1120151 (2)


そんなしいたけを鶏肉とさつまいもと合わせて、この時期ならではの煮ものを作りました。

P1120191 (2)

さつまいもは甘みがあってなめらかなシルクスイートを選びました。


■材料(4人分)

・鶏もも肉 1枚
・福島県産菌床しいたけ 8こ
・さつまいも 200g

・米油 小さじ1/2
・水 100ml
・酒 大さじ1
・みりん 大さじ3
・醤油 大さじ2

■作り方

1.鶏もも肉は皮、余分な脂肪、筋を取り除き、一口サイズに切り分ける。

2.しいたけは軸の固い部分を落として半分に切る。
さつまいもは乱切りにして数回水を替えてあく抜きをする。

3.鍋に米油を熱して鶏肉を色が変わるまで炒め、しいたけ、水、酒、みりんを加えて中火にかける。

4.煮立ったらあくを取って落し蓋をし、弱火で10分煮る。

5.さつまいもを時間差で加え、柔らかくなるまで煮る。

6.醤油を加え、ときどき混ぜながら汁気が少し残るくらいまで煮詰める。


さつまいもは煮崩れないように時間差であとから加えます。

P1120190 (2)


鶏肉のこくとさつまいもの甘み、その煮汁がしみた肉厚のしいたけは絶品です。

P1120189 (3)

安定供給が可能な菌床しいたけですが、やはり今が旬!
焼いて、揚げて、煮て、刻んで…たっぷり美味しくいただきました。


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー





この日は十五夜ならぬ十三夜。
確か十五夜の日はそうと知りながらも忙しくてスルー…
娘が学校で情報を仕入れてきて、「すすきを探しに行こう!」、「おだんご、食べよう!」と言うので、
白玉団子を茹でました。

P1110775 (2)


この日は豚汁とだけ決めていて、息子のリクエストで豚汁うどんに。
大根、人参、ごぼう、しめじ、白菜と具だくさん。
急遽お団子作りが入ったため、ワンボウルで済んでよかったです。

P1110778 (2)


小豆を煮る時間がなかったので、さつまいもあんを作ってみました。
なめらかなシルクスイート使用で裏ごしの必要もありません。

P1110776 (2)


皮をむいて輪切りにしたさつまいもを水を張った鍋に入れ、何度か水を替えてでんぷんを落とします。
かぶるくらいの水と砂糖で煮ていき、やわらかくなったらへらなどでつぶします。
みりんを加え、火にかけたままなめらかになるまで練れば完成です。

P1110777 (2)

あんとのバランスを考えて白玉団子にも少し砂糖を加えました。
つるんと冷たい白玉と、きんとんのようなさつまいもあんがよく合います。


翌朝はこちらのさつまいもあんをホットサンドにin。

P1110780 (2)


たっぷりのあんと、バターとくるみをサンドしました。

P1110781 (2)

バターの香りでスイートポテト風に変化。
パンとの相性も良かったです。





ここ数か月調子が悪かったPCがついに再起不能となってしまい、
並行して使用していた新しいPCから更新しています。
写真の編集をはじめ、諸々やりづらくてブログも滞りがちに…
慣れるまでは更新頻度が下がりそうです。


さて、今月も実家からありがたい食糧が届きました。
新潟在住の父のご友人からいただいたという魚沼産コシヒカリの新米(!)に、
はちみつ、かぼちゃ、さつまいも、ぎんなん、りんご。

P1110691 (3)


郡山市の夫の実家近くで作られている純粋はちみつ。

P1110689 (3)

甘さがダイレクトにきてスッキリとした外国産のブレンドはちみつとは一味違い、
まろやかな甘さがゆっくり広がっていきます。


そんなはちみつとさつまいも(シルクスイート)で大学芋を作りました。

P1110693 (3)


■材料(作りやすい分量)

・さつまいも 250g
・米油 約100ml(14cmの揚げ鍋で1cm程度の深さ)
・はちみつ 大さじ2
・醤油 小さじ2
・みりん 小さじ2
・黒ごま 少々

■作り方

1.さつまいもは食べやすい大きさの乱切りにし、水を張ったボウルに入れて透明になるまで数回水を替え、30分ほど水にさらす。水気を切りキッチンペーパーでしっかり水気をおさえる。
2.鍋に米油を入れて火にかけ、油がぬるいうちに2を入れて中火で揚げ始める。
3.混ぜながら揚げていく。菜箸で触ったときにカリッと固い感触になり、薄く色づいたら引き上げて油を切る。
4.フライパンにはちみつ、醤油、みりんを入れて火にかけ、沸々してきたら3を加えてからめていく。
5.水分が飛んで照りが出てきたら火を止め、黒ごまをふる。


醤油を加えておやつというよりおかずよりにしました。
砂糖は使わずはちみつとみりんで甘みをつけています。

P1110695 (2)


フライドポテトを揚げるときに冷たい油からスタートすることを思い出し、
同じ方法でゆっくり火を通してカリッとホクッと揚げました。

P1110696 (2)

乱切りにしてあえて角を作るのが好み。
元々さつまいもが大好きな子どもたちにも好評でした。




休日の夫と子どもたちでスイーツ作りをしました。
今回は夫と娘で決めたというスイートポテト。

P1070264

絞り出しにする予定が少し固めだったのでおとなしくココットに詰めることになりました…


さつまいもは固くて子どもに切らせるのは危険だし、蒸し器もまだ熱くて無理。
蒸すところまでは夫が担当しました。

P1070258


裏ごしをするところから子ども参戦。

P1070262


さまざまなレシピがある中から抜粋して作りやすい方法をまとめてみました。

■材料

・さつまいも(鳴門金時) 1本(400g)
・黒糖 40g
・卵黄 2こ分
・生クリーム 大さじ3
・バター 20g

■作り方

1.さつまいもは厚めに皮をむき、3cmの輪切りにして水にさらす。

2.蒸気の上がった蒸し器で5分ほど強火で蒸し、熱いうちに裏ごしする。

3.温かいうちにバター、黒糖を加えて混ぜる。

4.卵黄1と1/2こ分、生クリームを順に加え、そのつどよく混ぜる。

5.バター(分量外)を塗ったココット皿に詰め、残りの卵黄をはけで塗る。

6.オーブントースターで表面に焼き色がつくまで焼く。


黒糖のほろ苦さやこっくりした甘みが、和菓子と洋菓子の間のようなさつまいもスイーツと合います。

P1070267

温かいうちにスプーンで。
濃いめのコーヒーも合うし、ほうじ茶にも合いそうです。


鍋で練ってなめらかに仕上げるレシピも↓




出先で石焼き芋の屋台の前を通りがかり、めずらしく「食べたい!」とせがまれた休日。
「おうちで負けないくらい美味しい焼き芋を作るから!」と約束して早速作ったのがこちらです。

BlogPaint

以前、安納こがねの焼き芋でお世話になったラ・ランドさんのレシピです。

Cpicon ストウブで焼き芋☆安納芋の美味しい焼き方 by ラ・ランド


今回のお芋の大きさだと、まず水を振りかけて中火で5分→弱火で15分。
上下を返して弱火で15分でまだ固かったので、プラス10分の合計45分で食べ頃に!

BlogPaint

皮に蜜が染み出すほど甘くなる安納芋は、何も加えていないのに立派なスイーツ!
子どもたちも驚きの特別なおやつとなりました。

(屋台の本当の石焼き芋は全員未体験なのですが…)


↑このページのトップヘ