kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:くきたち菜

菜の花が出てきたら作りたい炒めもの。
ゴーヤーチャンプルーが夏限定ならば、こちらは春限定です。

P1130593 (2)


今回は菜の花よりも苦みがマイルドな「ちんげん菜ばな」で作りました。
一般的なちんげん菜を花芽がつくまで成長させた(茎立ち)ものだそうです。

P1130587


先端に花がついているものの葉っぱの部分は見慣れた青梗菜。
茎は菜の花に近いという面白い野菜です。

P1130589


■材料(4人分) 

・菜の花(ちんげん菜ばな使用)150g
・木綿豆腐 300g
・豚こま切れ肉 200g
・卵 2こ

・米油 小さじ2
・酒 小さじ1
・顆粒だしの素(鰹だし) 小さじ1
・塩 小さじ1/4

■作り方

1.菜の花は食べやすい長さに切り、軸の太い部分は縦半分に切る。
豆腐は大きめに切る。

2.鍋に湯を沸かして豆腐を2分ほど茹で、ざるに上げて水を切る。
同じ鍋に塩(分量外適量)を加えて菜の花を30秒ほど茹で、冷水にとって水気をしぼる。

3.フライパンに米油小さじ1を熱し、2の豆腐を並べて表面に焼き目がつくまで焼いて取り出す。

4.同じフライパン米油小さじ1を足して熱し、豚肉を炒める。
塩、こしょう(分量外少々)をして、半分くらい色が変わったところで酒を加えてしっかり炒める。

5.2の菜の花、豆腐を加えて炒め合わせ、だしの素、塩を加えて味をととのえる。

6.卵に塩(分量外少々)を加えて溶き、回し入れる。
大きくかき混ぜて卵が好みの固さになったら火からおろす。


少々手間でも豆腐は茹でて水分を抜き、しっかり焼くのが水気を出さないポイントです。

P1130592

シャキッとかための食感とほろ苦さは青梗菜ともほかの青菜とも違った美味しさでした。


過去には「くきたち菜」で作ったレシピも。



---

一年生になった息子の登下校のリズムにようやくこちらも慣れてきました。
給食は毎日たくさんの野菜が出てくるのでどうなることか心配していますが、
メイン(カレーライスなど)のおかわりがしたければまずは完食しなければならないので、
苦手な副菜も頑張って食べているそうです!
瓶の牛乳を開けるのに苦戦したり、給食当番が誇らしかったり…
微笑ましい様子が伝わってきます!


郡山産の「くきたち」を豚肉と豆腐と合わせてチャンプルーにしてみました。
(くきたちに関してはこちらが詳しいです→ JA会津よつば くきたち菜 )

BlogPaint

今でこそ実家は福島県でも居住歴が3年間と短い夫はくきたちの存在を知らず。
菜の花だと思ったようです。
確かに菜の花と同じアブラナ科の野菜ですが、ほろ苦さはなく甘みが強いです。

今回はたまたまいただいたくきたちで作ってみただけで、
毎年春になると菜の花でチャンプルーを作るので、同じレシピで菜の花に変えてもOKです!


■材料(2人分) *写真は1.5倍量

・下茹でしたくきたち菜 100g
・木綿豆腐 1丁(350g)
・豚薄切り肉 150g
・卵 1こ

・サラダ油 小さじ2
・酒 小さじ1
・顆粒だしの素 小さじ1
・塩 小さじ1/4

■作り方

(下準備)
・くきたち菜は塩を加えた湯でさっと茹でて冷水に取り、しぼって食べやすい長さに切る。
・豆腐は重石などで水切りをしておく。

1.豆腐は1cmの厚さに切り、サラダ油小さじ1をひいたフライパンで両面をこんがりするまで焼いて取り出す。
2.豚肉は食べやすい大きさに切り、軽く塩、こしょう(分量外)をする。
3.1のフライパンにサラダ油小さじ1を足し、豚肉を色が変わるまで炒める。
4.くきたち菜、豆腐、酒を加え、軽く豆腐を崩しながら炒める。
5.だしの素、塩で味をととのえ、溶き卵を回し入れて炒め合わせる。

BlogPaint


豆腐はなるべく形を残すのがポイントです。

BlogPaint


青菜が得意ではない子どもたちですが…
旬の味覚ということで、くきたち菜少量でチャレンジ。

BlogPaint

この日の晩ごはんは、新人参をたっぷり使った人参ごはん(のちほど別記事にて)と、
こちらも旬のあさりのお味噌汁でした。


↑このページのトップヘ