kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:から揚げ


幼稚園の息子のお弁当です。

P1120817 (2)

・ごま塩ごはん
・鶏のから揚げ
・ごぼうとにんじんのきんぴら
・ミニトマト
・きゅうり
・みかん(はれひめ)


この日のから揚げは中華料理店の五十嵐美幸シェフのレシピで。
(あさイチ、ヒルナンデス、教えてもらう前と後などたくさんの番組で紹介されていますが、
公式らしいページが見つけられなかったのでリンクは控えます。)

P1120815


下味をつけたあと、花鰹と片栗粉をまぶすのが特徴です。
鰹節のおかげで冷めてもサクッとした食感が持続し、うまみも加わり一石二鳥。
さらに揚げたあとの油が汚れていないことにも感動しました!
どうやら片栗粉が鰹節に吸着されるようです。

P1120816 (2)

---

息子の会話。

帰ってくるなり「ビスコ、食べなくちゃ!おやつはビスコにして!」と必死に訴えるので
どうして?と聞いたら、
「明日はドッヂボールの試合があるから!おいしくて強くなるって書いてあったから!」

そういえば靴を買うときも“瞬足”にこだわっていて、これを履いたら速くなると信じていました。
思い込みも大事だけど、どちらも練習しないとね…




「ボーソー米油部」の活動もいよいよ最終回となりました。
最後は米油の良さが最大限発揮される揚げもののレシピで締めたいと思います。

P1060734


鶏のから揚げならぬ、大豆たんぱくのから揚げです。
…といっても作り方はほぼ同じ。
鶏肉より火の通りが良いので二度揚げの必要がなく、揚げ上がりの見極めも楽です。

P1110657


■材料(4人分)

・大豆たんぱく 94g(47g入り×2p)

【A】
・酒 大さじ1
・醤油 大さじ2
・砂糖 小さじ1/2
・すりおろしにんにく 1/2かけ分

・片栗粉 大さじ4~5
・ボーソー米油 200ml前後

■作り方

1.大豆たんぱくはかぶるくらいの水に30分つけ、水気をしっかりしぼる。
2.ボウルに1、【A】を入れて揉み込み、15分ほど置く。
3.米油を中温に熱し、2とは別のボウルに入れた片栗粉に一つずつまぶして時間を置かずにすぐに揚げる。
4.菜箸に衣がつかないくらいにカラッとしてきたら上下を返し、水分が蒸発する音が小さくなったら取り出して油を切る。


見た目は鶏のから揚げに似ています!
米油のおかげでサクッと軽やかで、大豆たんぱく特有の弾力もあり、
単なる代用食品ではなく満足の美味しさです。

P1110658


鶏肉のときは生姜で下味をつけますが、大豆たんぱくのときはにんにくのほうがおすすめです。

P1110661


ハードルの高い揚げものも、米油なら負担が軽減するように思います。
例えば調理中は油の嫌なにおいがせず、揚げたあとも油のキレが良いことが実感できます。
そして、食べれば米ぬか由来の香ばしい風味としつこくない後味に驚くはずです。


さて、一年間さまざまなテーマで米油を使ったお料理をしてきましたが、
揚げもの、炒めものだけでなく、火を通さないドレッシングやマリネ、お菓子作りにも適していて、
本当に万能な油でした。
モニターをさせていただいてリピートするようになった商品はいろいろありますが、
このボーソー米油も今となってはわが家には欠かせない食材の一つ。
今後もメインの油として使っていくつもりです。
(ミニボトルを販売しているお店が見つからないので、流通が広がると嬉しいです。)


そして最後に、こんなプレゼントをいただきました!

P1110447

「米油部」のスタイリッシュなロゴが映える、濃紺の落ち着いたカラーのエコバック。
シャカシャカしないなめらかな手触りの生地でできています。


ボーソー油脂株式会社さん、レシピブログさん、一年間ありがとうございました。



合言葉は「ボーソーこめあぶLOVE♪」

1年間の集大成!わたしのおすすめ米油レシピ
1年間の集大成!わたしのおすすめ米油レシピ





幼稚園の息子のお弁当です。

P1110481

・おにぎり(梅干し)
・レモン唐揚げ
・ブロッコリーのごまあえ
・ミニトマト
・蒸しかぼちゃ


数日前からリクエストされていたから揚げがメインのお弁当です。
買い置きのカルディの「レモン唐揚げの素」で作りました。
もも肉一枚分、一口サイズなら、14cmの小さな揚げ鍋で少なめの油でも調理できます。
二度揚げもしなくて大丈夫なので朝からでもなんとかなります。

P1110482

常備菜として茹でておいたブロッコリーは胡麻あえに。
とても甘い蒸しかぼちゃはラップに包んでつぶし、茶巾しぼり風にそのまま入れました。

好きなものは底なしによく食べる息子。
かなりたくさん詰めたつもりでしたが「もっと食べたかったよー」と言われてしまいました。


今週の息子のお弁当です。

BlogPaint

・おにぎり(海苔と塩・混ぜ込み若菜)
・鶏のから揚げ
・玉子焼き
・ブロッコリー
・ミニトマト
・黒豆

息子のリクエストにお応えしてメインはから揚げに。
カルディで購入したザンギの素で作りました。

BlogPaint

オーソドックスな醤油ベースで昆布エキスなどが入っています。
お店のお惣菜風で冷めても美味しいです。

から揚げ、玉子焼き、黒豆(こちらもカルディで購入)で、好物が詰まったお弁当になりました。


今週の息子のお弁当です。

BlogPaint

・おにぎり(塩と海苔・塩鮭ふりかけ)
・鶏のから揚げ
・玉子焼き
・ちくわ
・きゅうり
・ブロッコリー(ごまドレッシングをカップの底に)
・ミニトマト
・みかん(皮をむいて半分にして袋に入れたものを巾着に)


早くも2学期最後のお弁当ということで、リクエストを受け付けることにしました。

まずは「玉子焼き!」と即答。
そのあと「ちくわ!あと、おにぎり!」
少し考えて「…と、トマトとー、…きゅうりも入れていいよ!」
気を遣って野菜も言うところに成長を感じました。

BlogPaint

でもこれではメインがない…
「お魚とお肉、どっちがいい?」と尋ねたら、
「うーん、どっちもいいな!お魚とー、から揚げかな!」

両方は入らないので固有名詞が出たから揚げが採用となりました。
生姜を切らしていたため、めずらしくガーリック風味の醤油味。
ブロッコリーはおまけです。


2学期はチャレンジ食材を入れずに完食を目標にしたので、
ケチャップライスの日以外残してきたことはほぼなかったと記憶しています。
後半は「トマト・ブロッコリー・玉子焼き」の3点セットに、かなりの頻度で好物のちくわ。
おにぎりの種類とメインを変えただけでした。
それも週1回だから許されることで…
来年はOK食材が増えてくれるのを期待しています。


↑このページのトップヘ