kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:かぶ


旬のかぶを使ってシチューを作りました。

P1120201 (2)

先日母と作ったときは牛乳でしたが、今回は豆乳鍋をして余っていた無調整豆乳を使いました。


■材料(4人分)

・かぶ 小7こ(350g)
・かぶの葉または茎 お好みで適量
・にんじん 1本
・じゃがいも 2こ
・鶏もも肉 1枚

・バター(食塩不使用) 20g
・薄力粉 大さじ2
・固形スープの素(コンソメ) 1こ
・水 200ml
・豆乳(無調整) 200ml
・塩 小さじ1
・ホワイトペッパー 少々

■作り方

1.かぶは皮をむいて半分(大きいものは四つ割り)に切る。
にんじんとじゃがいもは乱切りにし、じゃがいもは水にさらす。

2.鶏肉は一口サイズに切り分け、塩(分量外・少々)をふる。

3.ストウブ鍋(20cm使用)にバターを熱し、2を表面の色が変わるまで炒める。
かぶ、人参を加えてつやが出るまで炒める。

4.薄力粉を加えて粉っぽさがなくなるまで炒める
固形スープの素、水を加えて混ぜながらひと煮立ちさせる。あくが出ればすくう。

5.ふたをして弱火で15分煮込み、ローリエ、じゃがいも、かぶの葉を加えてさらに10分煮込む。

6.豆乳を加えて沸騰させない火加減でとろみがつくまで混ぜながら煮込む。
塩、ホワイトペッパーで味をととのえる。


※ストウブ使用で水の量が少なめになっています。
5の工程はふたができる鍋で、ひたひたの水加減で野菜が柔らかくなるまで煮込めばOKです。


水分の多いかぶは、先にスープで煮ておくと味がぼけません。
豆乳の場合は分離しやすいので火加減に注意して仕上げに加えます。

P1120212 (2)


野菜が少々煮崩れるくらいのちょうど良いとろみ加減。
鶏肉とバターのこくが加わって、市販のルウを使わなくても満足の味です。

P1120204 (2)


リクエストをくれた娘が喜びそうなクリーミーな味に仕上がりました。

P1120205 (2)


かぶといえば、もっと手軽にクリームコーンを使ったレシピも。




ストウブでかぶが主役のポトフを作りました。

P1080350

手羽先と他の野菜を先に煮たところに、時間差でかぶを加えるのが煮崩れさせないポイントです。


■材料(2人分)

・鶏手羽先 4本
・かぶ 3~4こ(大きさによって加減)
・キャベツ 1/4玉
・人参 1本

・塩 小さじ1と1/2
・砂糖 小さじ1/2
・ローリエ 1枚
・クローブ 3~4こ
・水 500ml

■作り方

1.手羽先に塩と砂糖をすり込み、冷蔵庫で30分~1時間置く。

2.かぶは皮をむいて半分に切り、人参は大きめに切る。

3.鍋に1、人参、キャベツ、水を入れて強火にかけ、あくが出たらすくって弱火にし、蓋をして10分煮込む。

4.かぶ、ローリエ、クローブを加えてさらに30分ほど煮込む。


ストウブでポトフといえば、こちらの塩豚を使ったバージョンも。



手羽先は豚肉ほど長時間塩漬けにしなくても大丈夫でした。


火にかける前。

P1080345


完成したところ。

P1080346

コンソメを入れなくても鶏から出るだしで十分。
野菜の優しい甘みが溶け出したスープも残さずいただきます。


かぶの葉は刻んでふりかけに。
米油で炒めてみりんを加えてしんなりするまで炒めます。
鰹節、煎りごま、みりんと同量の醤油を加えてひと炒めすれば出来上がりです。

P1080351


食べる前は「わたし、それ苦手かも~…」と言っていた娘も食べてみたら美味しかったようで、
しっかりごはんにかけていました。

P1080352


手羽先が4人では味出し程度の量だったので、山安さんの干物を焼きました。

P1080355


子どもは鯵(半分ずつ)で大人はかます。

P1080356

かぶを余すところなく味わった晩ごはんでした。



これまでは週の前半かお弁当の前日に作ることが多かった常備菜ですが、
家族がそろう休日に備えて土曜日の午前中くらいに作っておくのも意外と便利。
今回は冷蔵庫整理も兼ねて4品です。

BlogPaint

・かぶの葉と油揚げの炒めもの
・茹で鶏
・人参とごぼうのきんぴら
・スナップエンドウの下茹で


かぶとクリームコーンの豆乳ポタージュで余った元気な葉っぱのほうで一品。

BlogPaint

油抜きした油揚げとともにみじん切りにしてごま油で炒めました。
味付けは砂糖、みりん、醤油、仕上げに煎りごまをたっぷり。
そのまま白いごはんにかけたり、じゃこをプラスして炒飯にしたり。
大根葉の炒めものと同じように使います。


しつこいようですが茹で鶏の作り方。
水(600ml程度)、酒(小さじ1)、生姜の薄切り、塩(小さじ1/2)、砂糖(少々)を沸かし、
皮を外した鶏むね肉を入れてもう一度ひと煮立ちさせます。
蓋をして冷めるまで放置するだけ。

BlogPaint

ずいぶん久しぶりだと思ったら、割いた茹で鶏は梅肉で和えたり、素麺や冷やし中華の具にしたりと
冷菜として食べることが多いのが理由でした。
今回は娘のリクエストでカオマンガイを作ることになったので、茹で汁はお米を炊くのに活用。
割いた茹で鶏も乗せれば、いつもはもも肉2枚で作るところ1枚で満足できるはず!


人参とごぼうのきんぴら。
スライサーで千切りにしてごま油で炒め、みりん、醤油で味付け。
たっぷりのすりごまと煎りごまを両方加えています。

BlogPaint

かぶの葉の炒めものと味がほぼかぶっていますが、こちらは子どももOK。
息子が味見に来て、気に入ってくれてよかった!


まだまだ寒いけれど、近所のスーパーではもうスナップエンドウもグリーンピースも出ています。
筋取りは娘の大好きなお仕事です。

BlogPaint


今回は主菜級のものはありませんが、とりあえず今夜は鍋なので箸休めに。
ちょっとした副菜は朝ごはんのおかずにも重宝です。


クリームコーンにかぶを加えた冬限定のポタージュです。

BlogPaint


■材料(4人分)

・かぶ 5こ(約500g)
・クリームコーン 大1缶
・豆乳(無調整) 200ml
・水 200ml
・洋風スープの素 小さじ1
・塩 小さじ1
・ホワイトペッパー 少々
・かぶの葉のみじん切り 適量

■作り方

1.かぶは皮をむいて乱切りにし、水、洋風スープの素と共に鍋に入れ火にかける。
2.ふたをして弱火で柔らかくなるまで10分ほど煮る。
3.火を止めて木べらで粗くつぶし、クリームコーン、豆乳、かぶの葉のみじんぎりを加えて再び弱火にかける。
4.混ぜながら温め、塩、ホワイトペッパーで味をととのえる。


子どもたちの離乳食時代に味付けなしで作っていたのを思い出してアレンジを加えました。
あえてかぶを粗くつぶして食感を残すのがポイント。
「食べるスープ」になって満足感があります。

BlogPaint


そんなポタージュでわたしと息子の朝ごはん。
最近わが家の平日の朝ごはんは二部制です。
娘の登校時間と息子の登園時間が1時間違うので、まずは娘を送り出します。

BlogPaint

子どもたちはかぶについては一言も触れず静かに完食。
違和感がなかったということでいいのでしょうか。


↑このページのトップヘ