kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:お好み焼き

お友達にいただいた米粉の天ぷら粉を使ってお好み焼きを作ってみました。

BlogPaint

キャベツを消費したくてこの日はお好み焼きと決めたものの、
あると思っていたお好み焼き粉が実はたこ焼き粉だったというアクシデント発生!
天ぷら粉でチャレンジしてみることにしました。


こちらが国産米粉入りの天ぷら粉。
お好み焼き粉でも信頼を置いているオーマイの商品です。

BlogPaint


お好み焼き粉と天ぷら粉の大きな違いは味の有無。
ヤマキ割烹白だしと素干しえびを加えました。

BlogPaint

■材料(2枚分)

・天ぷら粉 100g
・だし 200ml(水180ml+白だし20ml)
・卵 Mサイズ2こ
・キャベツ 250g
・青ねぎ 30g
・素干しエビ 大さじ2
・豚ばら肉 150g

・サラダ油、お好み焼きソース、鰹節など適宜

■作り方

1.天ぷら粉、だし、卵を混ぜる。
2.粗みじん切りにしたキャベツ、青ねぎ、素干しエビを加えてざっくり混ぜる。
3.ストウブブレイザーをよく熱し、サラダ油をキッチンペーパーでよくなじませる。
4.わずかに煙が出てきたら豚ばら肉を焼き、上に2の生地の半量を広げる。
5.弱めの中火で焼き色がつくまで3~4分焼き、裏返してさらに3分ほど焼く。


お好み焼きは鉄板ならぬ、ストウブブレイザーで焼きます。

BlogPaint


表面のサクサク感と中のもっちり感の両方が味わえるのは米粉ならでは!
白だしでほどよい塩分とうま味がプラスされていて、きちんとお好み焼きになりました。

BlogPaint


大きめの2枚を家族4人で分けて、あとは玉子のにゅうめん。

BlogPaint

稲庭うどんをこちらも白だしのつゆで。
具はえのきだけのみでシンプル。
大人は青ねぎを散らしてブラックペッパーをふりました。


天ぷら粉のお好み焼きは元がシンプルなだけに、
山芋を入れたり魚介系のだしを利かせたりとアレンジが楽しそう。
普通の天ぷら粉も減りが遅くて冷蔵庫に眠っているので、また試してみようと思います。



春休みに入ったある日のお昼どき。
暇を持て余した子どもたちと料理をしました。

メニューはお好み焼きです。

BlogPaint

わが家のお気に入りはオーマイのお好み焼き粉。
粉150g、卵3こ、キャベツ300g、水180mlで3枚焼きます。
具は豚ばら肉、お餅、チーズにしました。(大葉がなかったのが残念!)


娘には大量のキャベツをお願いし、

BlogPaint


その間に息子は生地作り。

BlogPaint


大好きな混ぜ作業です。

BlogPaint


代わりばんこで材料を入れていき

BlogPaint


若干もめつつも…この日は「底からさっくり混ぜ合わせる」を覚えました。

BlogPaint


油をよくなじませて熱した鉄板(ストウブブレイザー)を用意。

BlogPaint


ここでもどちらがやるかもめながら、お肉を敷いて生地を投入。
息子は元々大丈夫ですが、娘もガス火に少し慣れてきました。

BlogPaint


「もっとお料理したい!」と言うので、急遽もう一品追加。
あり合わせで春雨スープを作ることにしました。

BlogPaint


煎りごまをこぼす…

P1360944


同時進行でお好み焼きのほうもいい焼き色が。
ふっくら焼けています。

BlogPaint


2枚焼けたところで、待てない子どもたちはいただきまーす!

BlogPaint


非マヨ派のため、トッピングは鰹節と青のりのみ。

BlogPaint


春雨が吸ってしまってほぼ汁なし状態の春雨わかめスープですが、
創味シャンタンで間違いない味になりました。

BlogPaint

賞味期限間近の鏡餅を細かくして入れたら、ビヨーンと伸びて大喜び!
でも予想以上にお腹にたまり、威勢よく食べ始めた娘も早めのギブアップ。
食べたいけれど入らないというジレンマで悔しがっていました。

外出なしでもお料理がきちんとイベントとしてカウントされたようで一安心です。


にほんブログ村テーマ 手作りおうちごはんへ
手作りおうちごはん


ブレイザーではじめてお好み焼きを焼いてみました。

BlogPaint

しっかり予熱をして油を多めにすり込むように馴染ませたら、豚バラ肉を並べます。
生地は24cmの鍋に対して20cmくらいに広げると返しやすいです。
心配していたくっつきもなく、カリっと香ばしく焼けました。
それにしても、どうして今までやらなかったんだろう…
ほぼ鉄板なのだからおいしく焼けて当然なのに!


さて使用した粉ですが、いろいろ試した結果、わが家は昔からオーマイのお好み焼き粉です。
モソモソ感が全くなくスルッと食べられておすすめ。
20130126104544_1051_g-113
※画像はHPよりお借りしています

配合はお好み焼き粉350gに対して、卵3こ、水300ml。
キャベツは半分はフープロでみじん切り、半分は1cm角くらいのざく切りにして、
粉と同量の350g。
写真のサイズで4枚焼けました(お皿は23cm)。

BlogPaint

おたふくのお好みソースを塗ったところにたっぷりの花鰹と青のりをふりかけ、
マヨネーズはかけたい人だけ。

ストウブはやはり熱の伝わり方がいいのでしょう。
弱めの中火でじっくり焼くと、表面はカリッと中は本当にふわふわに仕上がります!
お店で食べるような驚きの焼き加減でした。


娘は夫と競うようにしてペロリと1枚完食。
とてもおいしかったらしく、「お母さんは、お料理が中級になったね!」と
喜んでいいのかどうなのか微妙なコメントをくれました。
そっか、まだ初級だったか…。

「どうしたら上級になれるのかな?」と聞いてみたら、

畑で小麦粉から作れば上級だよ!」

どれだけ頑張っても生涯中級だということが決定しました。





↑このページのトップヘ