kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:おでん

先日のおでんは昆布だし×ヒガシマルのうどんスープの素を使いました。




残ったつゆを翌日炊き込みごはんにリメイク。

P1060192

つゆに干し貝柱を入れて戻し、あとは炊飯器におまかせするだけの簡単ごはんです。


北海道の親戚からたまにいただく高級品の干し貝柱。
割れていても一級品と味は変わらず、むしろ割れている方が料理向きです。

P1060203


■材料(2合分)
 
・米 2合
・干し貝柱 40g
・おでんつゆ 360ml

■作り方

1.おでんつゆ(もしくは調味した出汁)に干し貝柱を浸して戻し、冷蔵庫で一晩以上置く。
2.米は洗って30分ほど浸水し、ざるに上げてよく水気を切っておく。
3.炊飯器の内釜にセットし普通モードで炊く。
4.炊き上がったら貝柱をほぐしながらさっくり混ぜる。


この日の晩ごはんの主菜は味噌漬けにしていた豚ロース肉の炒めもの。

P1060199


先に野菜(キャベツ、ピーマン、玉ねぎ、人参)を炒めて取り出します。
細切りにした豚肉を色が変わるまで炒め、野菜を戻して炒め合わせれば完成。
味噌漬けにしておいたおかげで味付けいらずです。

P1060193


突然豆苗をめいっぱい食べたくなって作った豆苗と玉子の中華風スープ。

P1060196


干し貝柱は戻して炊いても食感が残り、噛むほどに味が出ます。

P1060198



ちなみに娘は帆立の出汁が食べ慣れなくて「ちょっと苦手…」と言い出したので
禁断のバター乗せにしたところ、美味しく食べてくれました。

P1060191

前日の作り置きが活躍した時短の晩ごはんでした。


久しぶりのまとめて調理です。

P1060189

・おでん
豚ロース肉の味噌漬け焼き
・なすとピーマンの揚げ浸し
・枝豆
・ポテトサラダ


久しぶりのおでん。
めずらしく大根が一本で安かったのでたっぷり2/3本使っておでんにしました。
他の具材は結びしらたきとさつまあげで、四角いほうはしらす入りです。

P1060183

今回のおでんつゆは昆布でひいただしにヒガシマルさんのうどんスープの粉末を加えたもの。
小分けの粉末で使いやすく、関西風の薄口しょうゆで上品な味です。

久しぶりに子どもを連れて買い物に行ったら、普段はいない試食販売にバッチリ捕まった上に
うどんと浅漬けをいただいて「おいしいよ、お母さん!」と騒ぐ二人…
なんとなく素通りが気まずくて購入してしまいました。

リーフレットであの耳に残るCMソングの2番が明らかに。
♪わかめ ちから うめぼし とりなんば なべやき ヒガシマル うどんうどんうどんスープ♪
これは初耳!!
子どもは「ちから」と「とりなんば(ん)」がわからなかったようです。


豚ロース肉は塩こしょうをして味噌だれを塗り、ラップに包んで保存。
翌日くらいに味噌を落として野菜と一緒に焼きます。

P1060184


夏野菜も積極的に。
カンタン酢と醤油を合わせたところに熱いうちに浸け、生姜をすりおろしました。

P1060186


地場産の枝豆はとうもろこしのような甘さ!
傷物で安かったのに今年一番の当たりの枝豆でした。

P1060187


冷蔵庫の野菜整理を兼ねたポテトサラダ。
大きな男爵いも2こに、人参、きゅうりが各1本、コーン缶も加えて具だくさんです。

P1060185


このところ関東は暑さはやわらいでいるものの雨続きのお天気。
九州の豪雨も心配です。

明日からまた連日最高気温が33℃という予報になっていますが、
ちらほらハロウィンを見かけたり栗のスイーツが出たり秋刀魚が高値で並んでいたりして
気持ちの上では夏は終わった感があります。


先日のおでんが少し余ったので、お雑煮にリメイクしてみました。

BlogPaint

お正月以外にも登場するわが家のお雑煮の元レシピは餅なし雑煮のページに。

今回は大根と餅巾着とおでんつゆが余ったので、
そこに鶏肉、人参、凍み豆腐(高野豆腐)、せりをたっぷり一束加えました。
簡単な工程を。

1.鶏もも肉を細かく切り、酒と醤油で炒める。
2.食べやすく切ったおでんの大根、人参、戻した凍み豆腐、餅巾着を加え、おでんつゆがあれば注ぐ。
3.水(またはだし)を足し、柔らかくなるまで弱火で煮込む。
4.醤油、塩で味をととのえ、刻んだせりを加えてひと煮立ちさせる。


大根は味が染みて柔らかくなっているので、人参に火が通ればほぼ出来上がり。
おでんつゆのおかげで煮込み時間は短くてもOKです。

BlogPaint


この日はエビフライ…といっても揚げるだけの冷凍品。
副菜はきゅうりとわかめとカニかまぼこ入りの春雨サラダでした。

BlogPaint


油揚げでこくが出るので鶏肉はだし的な役割で100g程度でも大丈夫。

BlogPaint

お雑煮とおでんの味のベースが同じだったので簡単にリメイク成功!
食べごたえのあるお雑煮になりました。


娘のリクエストによるおでんの晩ごはん。
お昼過ぎからひたすら弱火でコトコト…たまに火を止めてふたをして寝かせ、再び火にかけ…
気長にのんびり作りました。

BlogPaint

参考までに→これまでのおでん


■材料(4人分) ブレイザー24cm使用

【だし】
・昆布 10cm
・鰹節 10g
・だしパック(久世福万能だしパック使用) 1袋
・水 1200ml
・醤油 大さじ3
・塩 小さじ1と1/3

【A】(味を吸う具材)
・大根 1/2本(2cm程度の輪切りを8切れ)
・卵 4こ
・他、しらたき、こんにゃく、牛すじなど適宜

【B】(味を出す具材)
・ちくわ、さつま揚げなど、練りものや揚げものを数種類

■作り方

1.だしを作る
・鍋に水と昆布を入れ、戻るまで浸しておく。
・火にかけて沸騰寸前で昆布を取り出して鰹節を加え、火を止めて20分ほど置いてから濾す。

2.下茹でをする
・大根は2cm幅の輪切りにして皮を厚め(5mmほど)に剥き、面取りをしてから米のとぎ汁で弱めの中火で30分下茹でする。
・じゃがいもは皮をむいて水から茹で始め、沸騰してから弱火で15分ほど茹でる。
・卵を茹でて殻を剥く。

3.【A】を煮てしばらく寝かせる
・鍋にだしを張り、【A】の具材、だしパックを入れて沸騰しない火加減を保ちながら1時間ほど煮る。
・火を止めて蓋をし、しばらく置いておく。
※時間があればたまに火を入れてまた放置を気まぐれに繰り返す。

4.【B】を加えて仕上げる
・揚げものは熱湯を回しかけて油抜きをしてから鍋に加えて火にかける。
・沸騰しない火加減を保って20分ほど煮る。


今回のおでんは大根、卵、しらたき、餅巾着、野菜のさつま揚げ、ちくわでした。

BlogPaint

ポイントはだしにみりんなどの甘みを加えなかったこと。
大根や練りものから甘みが出るので、すっきりしつつも味わい深いだしになりました。


ごはんはシンプルな塩むすびと悪魔のおにぎり。

BlogPaint


ブロ友さんおすすめのおでんに合うおかず「白菜キムチ」。
これは最高の箸休めだったので、定番にしようと思います。

BlogPaint


子どもたちには練りものが人気。
はじめての餅巾着は狙い通り喜ばれました。

BlogPaint

次回こそは洋風おでんに挑戦しようと思っています。


娘のリクエストで今年もストウブでおでんを煮ました。
レシピはこちらに→ストウブで気長におでん

BlogPaint

だしは久世福の万能だしパックを使い(2パック)、その分醤油とみりんを減らしました。
じっくりゆっくり火を入れていくおでんはストウブの得意料理。
今回もお昼から夕方まで火をつけたり消したりして気長に作りました。

具材は大根、ゆで玉子、ちくわ(2種)、さつま揚げ。
途中までじゃがいもも煮ていたのですが、下茹でを怠ったために煮崩れ…
ずっと沸かない火加減を保っていてもやはり長時間は耐えられなかったようです。
今後の教訓!「じゃがいもは下茹で必須」。

BlogPaint

今回は万能だしにお任せし、大根も下茹でしなかったので(特に問題なし!)とても楽でした。
大根もじゃがいも(写真はカット…)も、だしがよく染みて幸せ~。

ただ、いつも困るのがおでんの日の献立です。

・メインにはなり得るけれどごはんが進むおかずではない
・鍋と違って意外と野菜が摂れない
・だしを張るので汁物はおかしい?

おでんの日の理想的な献立は何か?
みなさんはどうしているのかぜひ聞いてみたいです。

ちなみに五目炊き込みごはんの日の献立も長年悩み、
「魚の塩焼き」という結論に至りました。


↑このページのトップヘ