お赤飯で余ったもち米で、今度はおこわを蒸しました。

BlogPaint

具材に豚バラ肉を使う今回のようなレシピでは、なるべくあっさりした仕上がりにしたいので、
もち米100%ではなくもち米2合にうるち米1合の割合にしました。


■材料(3合分)

・もち米 2合
・うるち米 1合
・豚バラ肉 150g
・干し椎茸 20g
・干しエビ 20g
・人参 30g
・サラダ油 大さじ1と1/2

【A】
・酒 大さじ3
・醤油 大さじ2
・塩 小さじ1/2
・砂糖 小さじ1/3
・鶏がらスープの素 小さじ1
・干し椎茸の戻し汁 大さじ2
・干しエビの戻し汁 大さじ2

・水 【A】と合わせて400mlになるようにする

■作り方

【下準備】
・もち米とうるち米は洗って1時間浸水し、ざるにあげて水を切っておく。
・干し椎茸、干しえびはそれぞれぬるま湯で戻す。

1.豚肉、戻した干し椎茸、干しエビは5mm角に切り、人参はいちょう切りにする。
2.鍋にサラダ油を熱して豚肉を炒め、色が変わったら干し椎茸、干しエビを加えて軽く炒める。
3.混ぜ合わせた【A】に水を加えて400mlにし、2に加えてひと煮立ちさせる。
4.もち米とうるち米を加え、水分を吸うまでかき混ぜながら中火で炒める。
粘りが出て鍋底に膜が張るようになったら火を止める。
5.固くしぼった布巾に広げて火の通りがいいように真ん中をあけ、布巾をかぶせる。
蒸気の上がった蒸し器で強火で20分蒸す。


こちらは先日の入学式の日のお祝いごはんでお赤飯を蒸したときの写真。(参考までに)
平らにならして真ん中をあけます。

BlogPaint


このように布巾をかぶせて蒸し器へ。

BlogPaint


豚バラ肉のこくと、乾物のうまみがギュッと詰まったモチモチのおこわ。
彩りに加えた新人参も甘くて美味しかったです。

BlogPaint

端午の節句にはこちらのおこわを竹の皮で包んでちまきを作っています。
でも毎年竹の皮を探すのに一苦労!
恒例行事ならたくさん買ってストックしておけばいいのかもしれませんが、
一応食品に使うので一年以上保管していいものか迷って結局毎年買い直します。

頼みの綱の富澤商店さんは通販でも実店舗でも長い間入荷待ちの状態。
百貨店に入っているような品揃えの多いお店でもお目にかかることはなく、
今年もネットで探すしかないのかもしれません。