「何か作りた~い!」が口癖の子どもたち。
この日はクッキーを焼くことになりました。

P1080880

数日前に娘が作ったいちごジャムを活用してジャムクッキーに挑戦です。


■材料(約10こ分)

・薄力粉 200g
・上白糖 50g
・無塩バター 100g
・牛乳 大さじ2

・いちごジャム 大さじ2

■作り方

1.薄力粉はふるい、無塩バターは1cm角に切る。

2.フードプロセッサーに1、砂糖、牛乳を入れ、バターがサラサラになるまで撹拌する。

3.均一に混ざったら保存用ポリ袋に入れ、袋の上から揉んでひとまとまりにし、冷蔵庫で30分休ませる。

4.5mm程度の厚さに伸ばし、同じ型で2枚抜く。一方はひと回り小さい型で中心を抜き、2枚を貼り合わせる。

5.いちごジャムは果肉を細かく切り、生地のくぼみに乗せる。

6.180℃に予熱したオーブンで15分焼き、アルミホイルをかぶせてさらに8分焼く。


バターを室温に戻さず冷たいままフードプロセッサーにかけるいつもの簡単レシピで。

P1080882


生地が固めでだれないので型抜きもしやすいです。

P1080885


P1080889


ジャムを乗せる工程は細かい作業ができるお箸で。

P1080890


ジャムを入れずに半分くらい焼いてから一度取り出し、ジャムを乗せて再び焼く方法もあります。

P1080894


焼いている間はバターと小麦粉の香りに加えて、いちごの甘酸っぱい香りも!

P1080908


イメージしたのは銀座ウエストのクッキーの中でも存在感のあるヴィクトリア。
サイズ感のみ参考にしました。

P1080905

ジャムは後乗せにしたほうがツヤがキープされるのかもしれません。
味は美味しかったですが、見た目に課題が残るジャムクッキーです。