kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

タグ:あおばた豆

常備菜を作りました。
ようやく日常が戻ってきた感じがします。

BlogPaint

・ひたし豆
・春雨サラダ
・蒸しかぼちゃ
・切干大根の煮もの


一晩水に浸けたひたし豆(青大豆・あおばた豆)を新しい水と共に鍋に入れ火にかけます。
あくが出てきたらすくって少し固めに茹で上げ、火を止めて塩を加えます。
そのまま粗熱が取れるまで冷ませば完成。
枝豆に飽きたらこちらのひたし豆もおすすめです。

BlogPaint


春雨サラダのレシピは→冷やし中華風春雨サラダに。
久しぶりに作ったら娘の好き度が上がっていたので、ほぼ倍量で作りました。
春雨は100g、薄焼き玉子は卵2こ分。
ごま油だけ絡めて保存し、食べるときに合わせ調味料をかけたほうが長持ちします。

BlogPaint


北海道産かぼちゃを圧力鍋で蒸して塩をふったもの。
水分の少ないほくほく系で子どもには少し食べづらかったので
半分はポタージュなどに加工予定です。

BlogPaint


切干大根と人参を兵四郎だし、みりん、醤油で煮たもの。
お気に入りの兵四郎だしはスッキリ上品な味にしてくれます。

BlogPaint


冷蔵庫から出してすぐ冷たいままでも食べられるおかずたち。
朝ごはんのおかずに、ワンプレートランチに、晩ごはんの副菜にと重宝しています。

BlogPaint


節分の日の晩ごはんです。

BlogPaint

・恵方巻き
・鰯のつみれ汁
・青大豆の塩茹で


恵方巻きは今年も購入したものです。
大人は海鮮巻き、子どもは田舎巻きを半分ずつ。
(息子は好きな具材を取り出して解体…)

BlogPaint


大きめの鰯を2尾、お店で三枚おろしにしてもらってつみれ汁を作りました。
レシピの覚え書きを。

■材料(2~3人分)

・鰯(3枚おろしにしたもの) 2尾 約180g
・大根 5cmくらい
・人参 1/3本

・鰹だし 600ml
・醤油 大さじ1と1/2
・塩 小さじ1/3

【A】つみれの調味料
・おろし生姜 小さじ1/2
・酒 小さじ1
・みそ 小さじ1
・卵 1/2こ
・片栗粉 小さじ2

・青ねぎ 少々

■作り方

1.大根と人参は薄い短冊切りにする。
2.鰹だしに大根、人参を入れて火にかける。
3.鰯、【A】をフードプロセッサーにかける。
4.野菜がやわらかくなったら醤油を加え、つみれをスプーン2本を使って落としていく。
5.つみれが浮き上がってからさらに1分ほど煮て、塩で味を調える。
6.器によそい青ねぎを乗せる。


お正月に豆数の子で食べる青大豆(あおばた豆)の塩茹で。
一晩浸水したのち、15分ほど茹でて塩を加え自然に冷ませば完成です。
みんな大好きで箸が止まらず、ひたすらポリポリ。

BlogPaint


今年も落花生(八街産)を用意して、食後の豆まきの準備も万端です。

BlogPaint


出かけた帰りにちょっと良いスーパーに立ち寄ったら、
午後6時の時点で恵方巻きが山積みに。
それも、山が3か所くらいに分散して作ってあって、高いものは驚きの1本3000円!
生ものなので値下げして翌日というわけにもいかないし、大量に残ったら…?
と、やけに気が揉めました。(祖母がよく使うこの表現がしっくりきます。)

※「気が揉める」新潟・山形・福島あたりでよく使われることば。心が落ち着かない、心配といった気持ち。





今年は娘が幼稚園での豆まきや鬼の面作りに力が入っていたので(理解が深まったのかな)
数年ぶりに節分を意識した晩ごはんにしてみました。

BlogPaint

・恵方巻き(スーパーで購入)
・鰯と豆腐のハンバーグ
・青大豆の塩茹で
・あさりのみそ汁

BlogPaint

子どもの恵方巻きは食べやすいようにカットする予定だったのですが、
娘がそのまま食べたい!と言うので結局丸かぶりスタイルで。
玉子焼きやかんぴょう、きゅうり、でんぶなどが入ったスタンダードで甘めの太巻きです。

BlogPaint

鰯と豆腐のハンバーグ。
手開きにして骨と皮を取った鰯(4尾使用)、水気をよく切った木綿豆腐、
片栗粉、塩、みそ、生姜、青ねぎ。
子どもには醤油とみりんと片栗粉でたれを作りました。

BlogPaint

青大豆はお正月の豆数の子の数の子なし版です。
ポリポリおいしくてみんな箸が止まらない。

BlogPaint

ちなみに幼稚園の給食は鰯のつみれ汁だったようです。

BlogPaint

夫の帰りが遅かったので、大人のごはんは子どもが寝てからあらためて…

BlogPaint

鰯ハンバーグは青じそと大根おろしと味ポンでさっぱり。

BlogPaint

恵方巻きは子どもとはちょっと差をつけて、海鮮巻きを選びました。
とびっこ、サーモン、マグロなどが入っていました。
(2人で半分ずつ。)

BlogPaint

関東の方には結構驚かれるのですが、わが家の豆まきは落花生でやります!
(ちょっと高かったけれど、国産にこだわって八街産の落花生を購入。)

BlogPaint

落花生になったのは郡山に移住後です。
小6まで住んでいた千葉県は落花生の産地だったのに大豆でした。
でも、投げた豆も拾って殻を割って食べられるし、大きいので片づけも簡単だし
何より大豆よりおいしいと思うので、アレルギーさえ心配なければいいことづくめです。
こんな興味深いデータも…
s_de72f7c1
※画像はお借りしています。

福島県は見事に落花生地域です。


豆まきは夫が不在だったので、一日遅れで今夜決行します!
お雛さまも出さなくては…



にほんブログ村

帰省先で娘が楽しみにしているのがお餅つき。
…といっても、臼と杵でつくのではなく、こちらにお世話になります。

BlogPaint


年に一回しか使わないけれど一家に一台。
餅つき機能がついたホームベーカリーではないところがポイントです。
使用頻度が少ないのでめったに買い替えることはなく、ほとんどが昔からの古い機種のため
蒸し上がったときに結構大きなブザー音が鳴るというのが「餅つき機あるある」です。

ブザーが鳴ったら洗っただけのひたし豆(青大豆)をザザーッと投入。
義実家では豆も一緒に蒸すので、豆が柔らかくなって仕上がりがひきわりのようになります。
そのあたりはお好みで。


もち米7合に対してひたし豆(乾燥)300g、塩20g。

BlogPaint


初めは静かに回っている餅羽ですが、突然動きを変えます。
するとお餅も生き物のようにトリッキーな動きに!
静止画では伝わらないのがとっても残念。

BlogPaint


このあたりが子どもたちの興奮ポイントです。
毎年喜ぶ娘と、今年初めて見学する息子。

BlogPaint


つき上がったお餅は片栗粉をふったトレーに乗せて、固まるのを待ちます。

BlogPaint



翌日。
ある程度固まったところを包丁で切り分ければ、のし餅の完成!

BlogPaint


これは重労働なので、たいてい夫が担当。
こういうところで緻密なA型気質が十分に発揮されます。

BlogPaint


 白餅も。

BlogPaint

 
これを双方の実家から分けていただいて、1月の朝ごはんはだいたいお餅です。
 

 にほんブログ村 料理ブログへ

福島のおせち料理の数の子には「ひたし豆」と呼ばれる青大豆が入るのが特徴です。
しかも、メインはどちらかいうと豆のほう。


浸水中の豆(乾燥300g)と、塩抜き中の数の子(200g)。

BlogPaint


直売所で購入したひたし豆ですが、重さも値段も同じなのに色が違います。
左を豆餅に、右を豆数の子に使うことにしました。

BlogPaint


■材料(作りやすい分量)

・あおばた豆(乾燥) 300g
・数の子 200g

・塩 適量

■作り方

1.水5カップに対して塩小さじ1を混ぜ、数の子を半日ほど漬けて塩抜きする。
塩水を替えてもう半日漬ける。

2.あおばた豆は半日ほどたっぷりの水に漬ける。

3.鍋に2の豆とたっぷりの水を入れ、強火で茹でる。沸騰したらあくをすくい、弱火にする。

4.歯ごたえが残るくらいに茹でたら湯を半分ほど捨てる。
塩辛いと感じるくらいの塩を加えてそのまま冷ます。

5.1の塩抜きした数の子は薄皮をむいて(キッチンペーパーでなでるとむきやすい)
卵を傷つけないように手で割く。

6.水気を切った豆と数の子を合わせる。

BlogPaint


塩抜きと豆を戻すのに時間はかかりますが、数の子に味を含ませる工程がない分簡単です。
きんとんや伊達巻きなど甘いお料理が多い中、この塩味の豆がとってもいい箸休めに。
初めは甘い黒豆に夢中の子どもも、ひたし豆のおいしさがわかると交互に食べてくれます。

BlogPaint


イカ人参と豆数の子が作れれば、きっと立派な福島県民!
ひたし豆、買って帰ろう。
 

 にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

↑このページのトップヘ