kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

カテゴリ: キッチン

鉄製のフライパンを購入するにあたって鍋類の収納も見直しました。
場所はガスコンロの下2段です。

P1050753


まずは中身を出して拭き掃除をし、シート(ニトリ・抗菌すべり止めシート・グレー)をセット。
(ちなみにbeforeは新聞紙でした。)

P1050747


下の段を重いストウブとフライパンの収納場所にしました。

P1050749


これまではストウブと、使用頻度が少ないオイルポットと蒸し器が下段でした。
今回フライパンを下段にした理由は、重ねて収納ができないから。
鉄製のフライパンは使い終わったら毎回油を塗って保管をするのでテカテカ。
コンロ周りには何も置きたくないので吊り下げることもしない…となると、
多少場所を取ってもフライパンだけの定位置を作るほかありません。

P1050754

ポットを移動すれば将来的にもう一つストウブが入る余裕のある配置です。


上の段は深さがなくて立てて収納することができないので重ねています。
(ズラッと取っ手が並ぶのに憧れる~)

P1050746


一番奥に蒸し器、圧力鍋のふた、三脚、すのこなどのパーツ。

P1050742


圧力鍋に片手鍋。

P1050743


小さいフライパン、玉子焼き器、ふた。

P1050745


鍋類に限らず気を抜くとごちゃごちゃしがちな大きい収納スペース。
定位置を決めてきれいな状態をキープできたらと思います。

P1050752

久しぶりの器カテゴリです。

先日、マグカップを購入しました。
ロールストランド×ティオグルッペンのコラボ商品です。

P1030864

スウェーデンのテキスタイルブランド「ティオグルッペン」。
若手テキスタイルデザイナーが10人集まって1970年に創立され、その名がついたそうです。
…が、全く存じ上げない上に、すでに数年前に活動は終了。
一部の通販サイトでこちらのマグカップはまだ販売されています。


遊び心のある大胆でどこか懐かしい絵柄。

P1030865


汎用性の高い持ち手なしのフリーカップがマイブームです。

P1030866


食器棚の一番上のいわば特等席と言えるところに仲間入りしました。

P1030867


特等席と言いつつ必ずしも使用頻度が高いわけでなく…
自己満足ゾーンとして贅沢な使い方になっています。

P1030868


毎日使うティーマのマグはプレートと共に朝食用食器ゾーンに。

s_P1040066

いつまでもベストな収納場所が決まらない、少々迷走中の食器棚です。


冷蔵庫内の収納見直しの一つとして、ホーロー容器を購入しました。

P1030722


富士ホーロー バターケース ホワイト 200g用
 
P1030682

においが移りにくいホーロー製。
二重パッキンとバルブでしっかり密閉できるところがポイントです。


バターはこれまで箱のまま保管していました。
切る手間や洗う手間を考えるとケースに移すことができなかったのですが、
やっぱりそのつど箱から出すのは面倒で…
変色や劣化を防ぐためにも紙に包んだままケースに入れることで採用を決めました。

s_P1030724


手間でもこうして10gずつにしておけば、のちのち使いやすいです。

P1030684


富士ホーロー 保存容器 角型 みそポット 密閉フタ

P1030715


同じメーカーさんの味噌用のホーロー容器です。
(野田琺瑯よりお安いです。)

P1030714


もう十数年変わらないわが家の味噌。

P1030716


こちらももちろんケースごとin。

P1030717


まだ改善途中の冷蔵庫の様子。

P1030720

一番下の段を常備菜や鍋ごと一時保存するスペースにしている以外は流動的。
調味料以外は常備すると決めているものが少ないので(納豆や豆腐もないときはない!)
あまり細かく位置を決めないほうが合っているのかもしれません。


新しい食器棚が来てから一週間とちょっと。
まだ無駄にあちこち開けてしまいますが、徐々に新しい配置に慣れてきました。

P1020933
パモウナ 下台 WLA-S1600R/WLA-S1000R


前夜に夫と旧食器棚3台を搬出し、搬入準備OK。

P1020899


ダイニングテーブルの上は棚の中身でいっぱいです。

P1020900

P1020897


before
P1020702


after
P1020932

高さと奥行きが揃ったおかげでスッキリしました。


布巾は食器棚にフックを引っ掛けていたのですが
新食器棚は引き出しに厚みがあってかけられなくなったので冷蔵庫横に移動。

P1020931


ペタペタ貼り付けていた学校や幼稚園からのお手紙は画期的なファイルに収納。
中にポケット式のクリアファイルが内蔵されています。
開閉はマグネットなので片手でパッと開いてパチンと閉じることができて便利!

P1020930

とてもおすすめなのでリンクを↓




ホームベーカリーは週3回くらい使いますが、夜中にセットして朝にはその役目を終えるので
ずっと出しておく必要はなく引き出しに収納することになりました。

s_P1030217

ダストボックスも入ったので食器の収納スペースは縮小。
子ども用を中心に出番の少なかった皿や鉢、半端な数のものは手放しました。


調理途中はどうしても散らかしてしまうので、終わったらリセットするのがマイルール。
常に半分は作業スペースとして確保するよう心がけています。

s_P1030220

右端のステンレスかごにはお茶やコーヒー、ティーポットなどを収納しています。
隠したいところですがスペースがなく使用頻度も高いのでとりあえずこのまま。


飾り棚をつけて見せる収納…も検討中です。
いい感じになるかゴチャついて見えるだけに終わるか、センスが問われる…


突然ですがわが家のキッチンです。

P1020702

長年使ってきた食器棚たちを思い切って買い替えることになりました。


まず一番古いのは結婚当初インテリアショップで購入したキッチンカウンター。

P1020693

スライドドアの棚が3段に、引き出しが3つ。
娘が生まれるまでの5年ほどはこれ一つで事足りていたことが信じられません。
現在はグラスやコーヒー&ティーウェアを収納し、引き出しには食品をストックしています。


その隣は妹から譲り受けたカウンターで、そろそろ10年。

P1020694

扉が外れかかっていてきちんと締まらず、一番問題なのがこちらです。
高さは違えど同じような白だからいいかと転居してもそのまま使っていました。


こちらのお気に入りポイントはスライド式の天板。
配膳のときに重宝しています。

P1020706


3つの中では一番新しいけれど、一番適当に選んでしまったニトリの食器棚。

P1020697

本来炊飯器を置くべき場所にトースターを置いています。
これはトースターを新調した際にオーブンと並べて置くことができなくなったから。
それ以前に天板が途中までしか出てこない仕様なのも問題で、
炊飯器の蒸気が逃げないためボックスの天井部分は劣化して塗装が剥げています。


こんな感じで3つを一直線に並べて使ってきたのですが、
いずれ買い替えるなら消費税増税前の今年中になんとかする!と夫が宣言。
重い腰を上げて店舗に見に行ったりネットで調べたりと動き始めたのが先月でした。


わが家のキッチンは北側で採光のために窓がついています。
その窓をふさがないように吊戸棚なしの下台のみを希望。
作業スペースもほしいので、収納兼カウンターとして使うことを考えています。
スペースが270cmと長い事例は見つけられず、難航しました。

P1020705


カタログを取り寄せて製品は「パモウナ」に決定。

P1020172

オーダーにすれば天板を一枚につなげることができて理想的ですが
予算的に厳しいので100cmと160cmの既製品を組み合わせます。


収納が棚から引き出しになること、ダストボックススペースがあることで、
食器や食品が納まらなくなる可能性も…
万一に備えてカオスだったパントリーも整理しました。

P1020696

書類や文房具など、よく使うけれどキッチンに関係のないものを中心に移動。
ちなみに棚の反対側はテーブルで娘の学習机になっています。


納期は来週。
配送日と粗大ごみの引き取りの日を合わせることに成功したので(重要!)
あとは新しい食器棚を迎えるために、細かいところの断捨離を頑張ります。


↑このページのトップヘ