kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

カテゴリ: 常備菜・作り置き


土曜日は夫はたいてい出勤で、子どもたちはそれぞれ習い事で出入りが激しく、
学校と幼稚園の持ち帰り荷物で洗濯は山積み…
そんな週末を前に、まとめて調理をしました。

P1120290 (2)

・ミネストローネ
・鶏手羽元と大根のさっぱり煮
・切干大根の煮もの
・春雨サラダ


ストウブで作る野菜オンリーのミネストローネ。

P1120279 (2)

ホールトマト、にんじん、たまねぎ、じゃがいも、キャベツをオリーブオイルで炒めたら、
ふたをして弱火でひたすら煮込みます。
味付けは塩とほんの少しのにんにくのみです。


久しぶりに作った鶏手羽元と大根のさっぱり煮

P1120288 (2)

圧力鍋で作るよりも大根の食感がしっかり残ります。
見た目以上に味はよくしみていて、鶏肉は軟骨までホロホロに。
食べる直前にもう一度火を通して少し煮詰めます。


切干大根とにんじんと油揚げの煮もの。
白だしと酒とみりんで娘好みの甘めの味付けに。

P1120285 (2)


こちらも久しぶりの春雨サラダ。

P1120282 (2)

今回の具材はきゅうり、わかめ、ハム。
調味料を加えてしまうと時間とともに春雨の食感が悪くなるのであとがけで。
カンタン酢+醤油+ごま油を混ぜ合わせただけのドレッシングが文字通り簡単です。


ミネストローネはパンの朝食や昼食に添えれば手軽に栄養面をクリア。
切干大根と春雨サラダはあと一品の副菜として。

P1120292 (2)

少しでも事前に用意しておくと楽になる作り置きです。


野菜が驚きの安さで、不安になるほど…
天候不良が少なかった(台風の被害がなかった)という良い理由もありますが、
飲食店に卸す分が余ってしまって値崩れしていると聞くと、とても複雑です。
作り置きや鍋料理で野菜を意識してたくさん食べようと思います。




常備菜作りの記録です。

P1110964 (2)

緊急事態宣言が出る前の3月に帰省して以来、8か月ぶりに両親と会うことができました。
母の仕事がお休みの束の間の平日。
せっかく来てもらっても状況的に連れ立ってショッピングというわけにもいかず…
たくさん買ってきてくれた産直の野菜で料理をしました。


立派な大根は豚バラ肉と一緒に圧力鍋で柔らかく。
味付けは白だしベースです。

P1110965 (2)


かぶは鶏肉と人参と一緒にクリーム煮に。
(ストウブで作ったのち、冷蔵庫に入れられるステンレスの鍋に移しています。)

P1110967 (2)


一度に茹でられないほど大きかったブロッコリーはいつも通り固茹でに。

P1110968 (2)


かぶの葉といえばの炒めもの。
細かく切った油揚げと一緒にみりんと醤油で味付けし、煎りごまを加えました。

P1110969 (2)


こちらは父が韓国食材のお店で材料を調達して一から漬けた本格キムチ。
白菜はシャキッと歯ごたえがあり、旨みもありながら酸味がシャープでごはんが進みます。

P1110970 (2)


午前中の一時間程度でパパッと完成!

P1110971 (2)

ほかにも白菜、ほうれんそう、しいたけ、りんご、柿など、地元郡山の野菜や果物が盛りだくさん!
常備菜パート2に続きます…


気が付いたら2か月ぶりだった常備菜作り(まとめて調理)の記録です。

P1110960 (4)


玉ねぎとにんにくのみじん切りをオリーブオイルで炒め、ホールトマトを1缶使ったトマトソース。

P1110952


鯖缶と塩揉みきゅうりをレモン汁と煎りごまで和えたおかず。
カルディの鯖缶はオイルが入っているので、そのままでOKです。

P1110953 (2)


なすは今回は揚げずにトースター調理。
アルミホイルを敷いた天板に並べ、塩と米油を回しかけて15分ほど焼きました。

P1110954 (2)


北海道産の甘くてホクホクしたかぼちゃ。
圧力鍋で蒸しています。

P1110956 (2)


ブロッコリーも花蕾がしまって価格の安いものが出てきました。
いつものように固茹でにして、サラダスピナーでしっかり水気を切ってあります。

P1110959 (2)

学校も幼稚園も自分の予定も、いろいろなことが再開して何かと慌ただしかったこの頃。
常備菜を意識してまとめて作る機会も減っていました。
第3波が来ているようなので、まとめ買いや作り置きを再び意識しようと思っています。




今週の常備菜です。

P1110471

かぼちゃと豚肉の煮もの
切り干し大根の煮もの
鯖ときゅうりの梅ドレッシングサラダ
・蒸しかぼちゃ
・茹でブロッコリー


近所の八百屋さんで立派なかぼちゃが半カット100円でした。
北海道産の「みやこ南瓜」というそうで、生で味見をしたらその甘さに驚き!
半分は子どももよく食べてくれる煮ものに。

P1110459


残りの半分はとりあえず蒸しました。

P1110465


娘のリクエストで多めに作った切り干し大根の煮もの。

P1110461


きゅうりのパリパリ感とさっぱりとした梅風味で、最近はまっている鯖缶料理。

P1110470


お弁当の日を見据えてブロッコリーを準備。

P1110462


今週は以上の5品でした。

P1110472


ネットニュースでこんな記事を見つけました。
料理の「作り置き」なぜやめた? 効率悪い、腐らせる…それぞれの事情

今の家族構成のわが家では効率がいいと感じる作り置きですが、
それぞれの事情とはまさにその通り!
向き不向きがあることがよくわかる記事です。
本文よりもコメント欄のリアルな意見に「なるほど!」と思うことがたくさんありました。

わが家も需要と供給が合っているうちはこちらの裁量で計画的に食べ切ることができますが、
近い将来、子どもたちがもっと食べるようになったら作り置きにも限界がくるかもしれません。
わたしの場合は「この食材を調理したい!」とか、「食べ切ってしまいたい!」
という事情でまとめて作り置きをすることが多いので、
常備菜のためにたくさん買いものをして無駄になるということはありません。
(今週はお得に買えたかぼちゃと、余りそうな気がしたきゅうりがきっかけでした。)

常備菜はあくまでわき役と考えて、一部を作り置きにすることもストレスなく続ける秘訣。
全てを作り置きに頼ろうとすると気分的に食べたくない日も無理に消費することになって、
楽しくないし美味しくありません。
出来たて作りたての料理も少しはないと、残りもの感が出てつまらない…ということもあります。

そんなわけで理想としているのは、作る側には助けとなり、食べる側も満足できる常備菜生活です。




今週の常備菜です。

P1110326

・茹で鶏のねぎだれがけ
・焼きなす
・たたききゅうりの梅塩昆布和え
・揚げなす
・ポテトサラダ
・さつま揚げといんげんの煮もの


香味野菜と酢醤油を合わせ、茹で鶏にかけたさっぱりとした冷菜です。
レシピはのちほどアップします。

P1110317


大きな長なすが手に入ったので、新鮮なうちに焼きなすと揚げなすにしました。

P1110320


P1110323


きゅうりをたたいて水分を押さえ、たたいた梅干し、塩昆布とあえて煎りごまをふりました。
梅干しで塩分と酸味、塩昆布で塩分とうまみが加わって手軽でおいしい箸休めです。

P1110322


きゅうり、ハム、コーン入りのポテトサラダです。

P1110324


お豆腐入りでふわふわの紀文の魚河岸揚げ(枝豆)と、
福島クッキングアンバサダーでいただいたいんげんを煮ものに。
白だしベースで甘辛く煮ています。
こちらものちほど詳しいレシピをアップします。

P1110319


猛暑の合間の涼しかった日。
買いものに出るだけで汗だく…ということもなく、常備菜作りもはかどりました。

P1110316


ついでに冷蔵庫の中身もチェックして整理。

P1110336

今回は期限の切れのヨーグルトと、開けてからずいぶん日が経っているジャムを発見…
反省です。




↑このページのトップヘ