kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

カテゴリ: 常備菜・作り置き

いつも義実家から分けてもらっている手作りの梅干しには梅紫蘇がたくさん入っています。

P1130084


前回の分の梅紫蘇が残っていたので、新しくいただいたものと混ぜずに食べ切ることにしました。

P1130085

きゅうりとなすを合わせて350g、梅紫蘇は70g。
塩漬けにして水分を出し、よくしぼってから合わせます。


生姜の千切りを加えれば、即席のしば漬けになります。

P1130087


たまに上下を返して冷蔵保存。

P1130089

梅紫蘇のおかげでほぼ合わせるだけという手軽さ。
浅漬けでも自家製は食べ応えがあって、ごはんのお供にぴったりです。



休日のまとめて調理(常備菜)の記録です。

P1130028 (2)

・新巻鮭とかぶのクリームシチュー
・ナポリソース
・かぶの葉と塩昆布の炒めもの
・マカロニサラダ
・ほうれんそうと人参のナムル
・春雨サラダ


大きなかぶを3こ使ったクリームシチュー。
かぶをバターで炒めて小麦粉をふり、じゃがいもと一緒にコンソメで柔らかくなるまで煮たら、
塩抜きして表面をソテーした新巻鮭、かぶの葉、牛乳を加えてひと煮立ち。
塩、ホワイトペッパーで味をととのえて、とろみがつけば完成です。
しめじを入れる予定がすっかり忘れてしまいました。

P1130021 (2)


トマトジュースとケチャップで作るナポリタンの素。
玉ねぎ、にんにく、ミニトマト、ピーマン、ソーセージを一緒に炒めています。
スパゲッティさえ茹でればあっという間にナポリタンに!

P1130027


かぶの葉が立派だったので、細かく切ってごま油で炒めて塩昆布と合わせました。
そのままごはんにかけるほか、炒飯の素としても使えます。

P1130023


ツナ、きゅうり、コーン入りのマカロニサラダ。
早ゆでではないタイプのマカロニにはきちんと食感の良さがあります。

P1130025


ちぢみほうれんそうと人参を合わせてナムルに。
さっと茹でてよく水気をしぼり、塩、砂糖、醤油、ごま油、煎りごまであえています。

P1130026


よく作る定番の春雨サラダ。
たっぷりのわかめ、千切りにしたきゅうり、かに風味かまぼこで。
酢、砂糖、醤油、ごま油で合わせ酢を作っておいて食べる直前にあえます。

P1130024


この日に買いものしたのはかぶとじゃがいものみ。
食材整理にもなってスッキリしました。

P1130020


今週の常備菜です。

P1120794 (2)

・春雨サラダ
・ミネストローネ
・蒸かしいも
・ごぼうとにんじんのきんぴら
・豚肉となすと水菜とえのきのフライパン蒸し


戻した春雨とわかめ(塩蔵)、千切りきゅうり、細かく裂いたカニかま。
食べる直前に味付けします。(醤油、砂糖、酢、ごま油のドレッシングで)

P1120801 (2)


キャベツ、玉ねぎ、人参、ホールトマトでミネストローネ。
にんにくとオリーブオイルと塩だけのシンプルさがポイントです。
基本は料理を始めた20年ほど前から変わっていません。(じゃがいもやベーコンを入れることも)
熱々にして器に盛り付けてから粉チーズとブラックペッパーをふります。

P1120796


なめらかなシルクスイートで蒸かしいも。
圧力鍋で3~4分蒸すだけで、焼きいものようにやわらかく甘くなります。
あと2本あったのですが、蒸したては格別なので子どもたちのおやつに。

P1120797 (2)


ごぼうとにんじんのきんぴらは千切りピーラーで歯ごたえを残しつつ食べやすい食感に。
ごま油で炒めてみりんと醤油で味付けしています。
唐辛子を入れたいところですが、子ども向けに煎りごまだけにしています。

P1120798


豚ばら肉、なす、水菜、えのきだけを重ね、塩と酒をふってフライパン蒸しに。
醤油ポン酢が合います。

P1120799 (2)


こちらもわが家の定番の一つです。




この日はお弁当がお休み。
冷蔵庫整理を兼ねた束の間の常備菜作りでした。

P1120802 (3)



子どもたちの冬休みは続いていますが、習い事は始まり夫は出勤しています。

おせちは何度も登場して4日目には食べ切りました。
カレーライスを作って紅白なますや青ばた豆をトッピング(箸休め)にして食べるのが
我ながら良いアイディアでした。


そんな冷蔵庫の中身も通常に戻りつつある今週の常備菜です。

P1120660

・さやえんどうの下茹で
・蒸かしいも
・プルコギ(たれに漬けたもの)
・切干大根の煮もの
・白菜と油揚げの白だし煮


お正月のお煮しめで余ったさやえんどう。
ひとまず筋を取って茹でて救済し、彩りにどんどん使っていきます。

P1120669 (2)


栗きんとんで使う予定だった金時芋は圧力鍋で蒸してホクホクに。

P1120665


栗きんとんは青大豆のあんで作ったので、丸々一本残っていました。




牛薄切り肉はプルコギに。
酒、コチュジャン、砂糖、醤油、おろしにんにく、ごま油、煎りごまのたれを揉みこんでいます。

P1120666


切干大根と人参と油揚げの煮もの。

P1120667 (3)


お正月価格から通常に戻った白菜と、肉厚な油揚げでいつもの白だし煮。
ストウブにギュウギュウに詰めて水を使わず白だしだけで煮ています。

P1120668 (2)


今回は1時間もかからず完成しました。

P1120672 (2)


この日の晩ごはんです。

P1120673 (2)


漬けこんでいた牛肉はピーマン、パプリカ、えのきだけと一緒に炒め合わせました。
玉ねぎをたっぷり加えると甘みも増して美味しいのですが、
子どもたちは箸が進まなくなるので玉ねぎ抜きで…

P1120675 (2)

緊急事態宣言に伴って、買い占めや品薄が問題にならないことを願っています。



地場産の立派な葉付き大根が130円でした。
葉は先端まで黄色くなったり乾燥したりすることなく、この通り青々としています。

P1120337 (2)


上半分は皮をむいて乱切りに、皮は千切りに、葉は半分に切りました。

P1120339 (2)


一日で全て調理はできませんでしたが、3品完成。

P1120341 (2)


圧力鍋で煮た豚バラ大根の白だし煮。
先に大根を煮て、豚バラ肉はサッとフライパンで焼いて脂を落としてから鍋へ。
仕上げに生姜のすりおろしを加えています。

P1120342 (2)


皮は斜めに細く切ってきんぴらに。
ごま油で炒めてみりんと醤油で味付けし、仕上げに煎りごまを。

P1120345 (2)


大根の葉のふりかけは今回は新巻鮭と塩昆布で作りました。
まず大根の葉を細かく刻んで米油で炒めます。
しんなりしてきたらこんがり焼いて刻んだ新巻鮭と、刻んだ塩昆布を加えてひと炒め。
こちらも仕上げに煎りごまをふって風味良く仕上げました。

P1120343 (2)


ふりかけは白いごはんのお供に好評で、緑の野菜に警戒する息子がたくさん乗せて食べました。
炒飯にしても絶品です。(夫のお昼ごはん)

P1120347 (2)


まだ下半分と葉が上半分残っているので、どうやって食べ切ろうか考え中です。

P1120346 (2)


↑このページのトップヘ