kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

カテゴリ: 常備菜・作り置き

今週の常備菜です。

BlogPaint

・茹で鶏
かぼちゃと豚肉の煮もの
高菜漬けとひき肉の味噌炒め
・揚げなすの甘酢漬け


国産鶏むね肉が100gあたり39円…安すぎて不安になる価格。
皮は外してすぐに茹で鶏にしました。
冷たい麺類のトッピングに、サラダに、ちょっとした副菜の和えものに。
さっぱり食べられるので夏は特に重宝します。

BlogPaint


めずらしく神奈川県産かぼちゃを見つけたので久しぶりのかぼちゃ料理。
(購入するかぼちゃの産地は北海道~関東までと決めています。)

BlogPaint

玉ねぎ、豚肉、かぼちゃの順に重ね、酒と砂糖とみりんを回しかけて蓋をして15分。
ざっと混ぜて醤油を加えてさらに5分。
今回は炒めず重ね蒸しにして、ほとんど放置で作りました。


国産の高菜漬け(しかもあらかじめ刻んであるもの)を見つけたので、
豚ひき肉と一緒に味噌炒めにしました。
こちらも久しぶりですが定番の常備菜です。

BlogPaint

ごはんのお供に、炒飯に、冷奴に乗せても美味しいです。


娘はチーズ焼き以外NG、息子は完全NGのなす。
大人は大好きなので揚げなすにして、今回はカンタン酢+醤油に漬けました。

BlogPaint


火を止めて放置する茹で鶏や、火にかけて放置する煮もので、無理なく4品。

BlogPaint

これだけでもだいぶ失速しがちな週後半の助けになります。


今週の常備菜です。

BlogPaint

・ミニきゅうりのピクルス
・豚キムチ
・揚げなすとししとうの甘酢漬け
・茹で鶏ともやしの梅和え


スーパーで見つけためずらしいミニサイズのきゅうり。
板ずりをして塩を洗い流し、よく水気を拭き取ってから煮沸消毒した瓶へ。
カンタン酢を注いでこのまま冷蔵庫で保存し、ピクルスとして食べようと思います。

BlogPaint


キムチはそのままより火を通して食べることが多く、今回もチゲ鍋で使った余りです。
豚バラ肉は油をひかないフライパンで炒め、酒、塩、ブラックペッパー。
肉に火が通ったらキムチを加えてさっと炒めておきます。

BlogPaint


ここまで作っておいて、のちほどアレンジ。
しめじを加えて炒め合わせ、鍋肌からお醤油。
ふんわり玉子と合わせればボリュームおかずの完成です!

BlogPaint


今シーズン初のししとうは楊枝で穴を開けてなすと共に素揚げ。
カンタン酢+白だしに浸しています。

BlogPaint


作り置きの茹で鶏で簡単な一品。
下茹でしたもやしと合わせ、叩いた梅干しと白だしを混ぜた梅だれで和えました。
今回はもやしでしたが、きゅうり、白髪ねぎ、焼きなすなども合います。

BlogPaint


酸味に辛味…子ども受けゼロです。

BlogPaint

たまにはこんな日も。
初夏らしいラインナップに大人は満足です。


予定が立て込む週の後半に備えてボリュームおかずをいくつか仕込みました。

BlogPaint

・キャベツと油揚げの白だし煮
・豆入りミートソース
・茹で鶏ともやしときゅうりの和えもの
・うずらの卵の水煮
・なすとミニトマトのチーズ焼き


半端に余っていたキャベツを油揚げと共にストウブに放り込み、水と白だしを適当に。
蓋をして弱火で40分くらい放っておき、火を止めてそのまま冷まします。
娘の大好きなおかずの一つです。

BlogPaint


ミートソースはストウブブレイザーにおまかせ。
主な材料は玉ねぎ1こ、人参1本、合挽き肉200g、ミックスビーンズ100g、ホールトマト1缶です。

BlogPaint


茹で鶏、茹でもやし、薄い塩水につけてパリッとさせた薄切りきゅうりを合わせたもの。
サラダスピナーでしっかり水気を切り、直前に調味料をかけるか和えるかします。

BlogPaint

叩いた梅+白だし、すりごま+こくまろ酢+ごま油などなど、アレンジ自在です。


うずらの卵は自分で茹でる派です。
詳しくは→うずらの卵の水煮

BlogPaint


娘が苦手ななすを唯一美味しく食べてくれるのがこちらのチーズ焼きです。

BlogPaint

ポリ袋に輪切りにしたなすとオリーブオイルを入れてなじませ、フライパンで両面を焼きます。
ミニトマトとともにトースターの天板に並べて塩をふり、チーズを乗せてスタンバイ。
お好みでハーブを。(イタリアンハーブミックスをふっています。)
食べる直前にトースターで10分ほど焼けば完成です。


計画は以下の通り。

BlogPaint


●木曜(夜)→1・4・5をワンプレートにして、ごはんを炊く、汁ものを作る

BlogPaint


●金曜(夜)→2でスパゲッティ 1の残りにレタスやトマトを足してサラダに
●土曜(朝)→2の残りをパンに乗せてピザトースト
●土曜(昼)→余りもの野菜と冷凍保存している豚肉に3を加えて中華丼


疲れて失速しがち、ネタ切れしがちな週後半…
先を見越してひと頑張りしておくとだいぶ楽に休日が迎えられます!
(わかってはいるものの、難しいのが現状…)



今週の常備菜です。

BlogPaint

・蒸しかぼちゃ
・なすの揚げ浸し
・茹で鶏
・春雨わかめサラダ
・豚キムチ


北海道産かぼちゃの時期が終わってしまい、今回はメキシコ産かぼちゃです。
圧力鍋でピンが上がってから3分ほど蒸して軽く塩をふりました。

BlogPaint


素揚げしたなすを「こくまろ酢」+醤油に浸したもの。
このまま冷やして食べても良し、ねぎやすりおろし生姜など薬味をたっぷり乗せても。
いずれにしても大人のみです。

BlogPaint


毎週仕込む茹で鶏。
急に娘が「スープは好きだけど、お肉はあんまり好きじゃないかも…」と言い出してびっくり!
これ以上ない柔らかさとしっとり具合なのに、なぜ??
鶏皮LOVEの娘には脂が足りないのかな…(最近皮は外して茹でています)
貴重なご意見として頭の隅に置きつつ、使い勝手がいいのでめげずに作り続けます。

BlogPaint


戻した春雨とわかめ、千切りにしたきゅうりとカニ風味かまぼこを合わせたもの。
食べる直前に調味料で和えます。

BlogPaint


塩、こしょう、酒を揉み込んだ豚こまを炒め、色が変わったらキムチ。
最後に醤油を少々。
ビビンパか炒飯にアレンジ予定です。

BlogPaint


これで今週は息子のお弁当や夫のお昼作りにも余裕を持って対応できそうです。

BlogPaint


今週の常備菜です。

BlogPaint

・茹で鶏
・さつまいものレモン煮
・人参のきんぴら
・豚肉と春キャベツの酢醤油あえ


いつもの茹で鶏。

BlogPaint


茹で鶏はこの日の晩ごはんのカオマンガイにも。
茹で汁は炊くときに活用しました。

BlogPaint


シルクスイートをレモン煮に。
レモンと砂糖を加えてひたすら弱火で30~40分静かに煮ます。

BlogPaint


歯応えを重視して久しぶりにスライサーではなく包丁で切った人参のきんぴら。
ごま油、みりん、醤油、煎りごま。

BlogPaint


春キャベツと豚肉の酢醤油和えの元レシピは山本麗子さんの春キャベツと豚肉のおひたしです。

BlogPaint

何度も作っていくうちにわが家流にアレンジ。
豚肉はある程度脂のあるしゃぶしゃぶ用のロースを使い、片栗粉は省略しています。
鰹節をレンジでパリパリにして粉にする技は真似させてもらいました。
酢醤油で和えて、娘も食べられるように今回は生姜はなしで。


週半ばの常備菜作りでした。

BlogPaint


↑このページのトップヘ