kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

カテゴリ: ストウブ


「ネクストフーディスト」の活動です。

「三方原馬鈴薯」のホクホク感を生かしたレシピをご紹介しています。

突然ですが、わが家のストウブデビューは肉じゃがでした。
1袋100円のお安いじゃがいもでも、芽が出る寸前まで放置してしまったじゃがいもでも、
ストウブで無水調理にかかればたちまち美味しく変身。
無水なので調味料が少なくて済み、時短なのも長所です。

そんな肉じゃがを「三方原馬鈴薯」でももちろん作りました!

BlogPaint

今回は人参が少し多めでしたが、この人参もまた甘くて美味しいのです。


■材料(4人分)

・三方原馬鈴薯 4こ
・新玉ねぎ 大1こ
・人参 2本
・豚バラ肉 200g
・しらたき 1袋(250g)

・サラダ油 少々
・酒 大さじ2
・顆粒だし 1袋
・みりん 大さじ3
・醤油 大さじ3

■作り方

1.三方原馬鈴薯は皮をむいて6等分に切り、水にさらす。

2.新玉ねぎはくし切りに、人参は乱切りにする。

3.豚バラ肉は食べやすく切り、しらたきは水気を切ってざく切りにする。

4.ストウブを温め、キッチンペーパーでサラダ油をよくなじませる。

5.2、3を軽く炒めて酒を加え、蓋をして肉の色が変わるまで煮る。

6.1、顆粒だし、みりんを加えてひと混ぜし、蓋をして5分煮る。

7.醤油を加えて混ぜ、蓋をして10分煮る。途中で一度上下を返すように混ぜる。

8.蓋をしたまま自然に冷ます。


工程が多くなってしまいましたが…
要は材料を時間差で入れ、混ぜてそのつど蓋をして煮るだけです。

玉ねぎ、人参、豚肉、しらたき、酒

じゃがいも、顆粒だし、みりん

醤油


煮崩れはしていないけれど表面は粉を吹いているくらいがベスト。
芯から火が通ってホクホクです。

BlogPaint


無水でも煮汁はこれくらい残るので、つゆだくな感じも十分味わえます。

BlogPaint


子どもたちもいつもよりリアクションが良く、「明日も作って!」の声をいただきました。

BlogPaint

かなり多めに作ったので残ったら肉じゃがコロッケにしようと思っていたら、残りませんでした!

さすがは旬の三方原馬鈴薯。
最近確信に変わったことですが…これは来年絶対に箱買いします。
(価格も調べ済み)


『静岡県産の三方原馬鈴薯で作る「ホクホク」簡単レシピ』
ネクストフーディスト



「ネクストフーディスト」の活動です。
引き続き「三方原馬鈴薯」を使ったホクホクじゃがいもレシピ。

最近息子が突然、「あ~~どうしよう~!もうてつどうのことしかかんがえられない~!!」
と、非常に気になる発言をしていましたが……
親のわたしはじゃがいものことで頭がいっぱいです。

さて、どんなにお安いじゃがいもでも美味しくなる料理といえば、
ストウブを使った無水肉じゃがとポットロースト!
今回はじゃがいも増量バージョンでポットローストを作りました。
シーソルト&イタリアンハーブミックスのシンプルな味付けです。

BlogPaint

オーブンにおまかせで簡単なのに、ごちそう感が出て喜ばれます。

※ストウブブレイザー(24cm)を使っていますがしっかり蓋ができてオーブンOKの厚手の鍋なら何でも大丈夫です!

■材料(4人分)

・豚かたまり肉(肩ロースがおすすめ) 500~600g
・三方原馬鈴薯 4こ(約500g)
・パプリカ、アスパラガス、しいたけ、なすなどお好みの野菜やきのこ 500g

・塩 小さじ1
・ブラックペッパー(粗挽き)
・オリーブオイル 大さじ2
・白ワインまたは水 50ml
・お好みのふり塩
・お好みのハーブ

■作り方

1.豚かたまり肉に塩をすり込み、ブラックペッパーをふって1時間ほど室温に戻す。

2.三方原馬鈴薯は皮ごと使うのでよく洗い、四つ割りにして水にさらす。

3.野菜やきのこは大きめに切る。

4.薄く油をひいたストウブを火にかけ、温まったら豚肉を一面ずつ順番に焼きつける。

5.表面が焼き固まったら2、3を加え、オリーブオイル、白ワインを回しかける。

6.肉以外に塩をふり、三方原馬鈴薯にはハーブもふる。

7.蓋をして200℃に予熱したオーブンで45分加熱する。
オーブンから取り出して蓋をしたまま15分置く。


こちらは火にかける前。
ハーブはオレガノ・タイム・スイートバジル・パセリのイタリアンハーブミックスを使用。
マイルドな香りです。

BlogPaint


出来上がったらお肉だけ取り出してスライスしておくと取り分けが楽です。

BlogPaint


薄い皮が自然にめくれているのは十分火が通ったサイン。
皮つきでないと崩れてしまうくらいホクホクしつつもなめらかな男爵いもです。

BlogPaint


鉄道のことしか考えられない息子は、この日パプリカを克服!
お肉もハーブポテトもよく食べました。


『静岡県産の三方原馬鈴薯で作る「ホクホク」簡単レシピ』
ネクストフーディスト



にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ ストウブ料理へ
ストウブ料理

この場をお借りして、ランキング応援・フォローありがとうございます!
お料理好きな方とのつながり嬉しいです♪



「ネクストフーディスト」の活動です。

今月は「三方原馬鈴薯」のホクホク感を生かしたレシピをご紹介しています。

わが家のじゃがいも定番料理といえば、ストウブで作る無水肉じゃが!
今回は塩味の「鶏じゃが」にしてみました。

BlogPaint

■材料(4人分)

・三方原馬鈴薯 5こ(600g)
・鶏もも肉 300g
・新玉ねぎ 2こ

【A】
・白だし 大さじ2
・酒 大さじ2
・みりん 大さじ2
・塩 小さじ1/2

・サラダ油 小さじ1
・スナップエンドウ 5~6本

■作り方

1.鶏もも肉は余分な脂や筋を取り除いてひと口大に切る。

2.鍋に湯を沸かし、2を霜降りにして取り出す。

3.三方原馬鈴薯は皮をむき、4つ割りにして水にさらし、玉ねぎはくし切りにする。

4.ストウブを火にかけてキッチンペーパーでサラダ油をよくなじませ、しっかり温まったら2、3を入れる。

5.【A】を加えてひと混ぜし、蓋をして弱火で10分煮る。

6.一度上下を返すように軽く混ぜ、蓋をしてさらに5分煮る。

7.スナップエンドウは筋を取って下茹でし、彩りに散らす。


甘くてやわらかい新玉ねぎからたくさん水分が出るおかげで無水が実現。
無水調理できない鍋や圧力鍋の場合は水を加えて煮込み、加熱時間もプラスします。

BlogPaint


ポイントは鶏肉を霜降りにしてから加えること。
無水調理であくを取る工程がない分、この下茹でが意外と大切です!
余分な脂や臭みを取ることで煮汁もすっきり仕上がります。

BlogPaint


ほっくりしているけれどきめ細かい、なめらかな舌触りのじゃがいも。
白だしをベースに塩味に仕上げたので色白のままですが、しっかり味が染みています。

BlogPaint


『静岡県産の三方原馬鈴薯で作る「ホクホク」簡単レシピ』
ネクストフーディスト



規格外の不揃いでお安いいちごは加工するにはピッタリ。
今年もストウブでジャムを作ることにしました。

BlogPaint


材料、作り方は昨年と同じです。 → ストウブでいちごジャム


日持ちを考えて今回も糖度は50%。

BlogPaint


自家製は香りが良く、果実のフレッシュな感じが味わえます。

BlogPaint

いちごに砂糖をまぶす時間をのぞけば、どんな鍋でも完成まで15分程度。
娘も作りたいそうなので、残り少ないいちごのシーズンを楽しみたいと思います。



娘のリクエストによるおでんの晩ごはん。
お昼過ぎからひたすら弱火でコトコト…たまに火を止めてふたをして寝かせ、再び火にかけ…
気長にのんびり作りました。

BlogPaint

参考までに→これまでのおでん


■材料(4人分) ブレイザー24cm使用

【だし】
・昆布 10cm
・鰹節 10g
・だしパック(久世福万能だしパック使用) 1袋
・水 1200ml
・醤油 大さじ3
・塩 小さじ1と1/3

【A】(味を吸う具材)
・大根 1/2本(2cm程度の輪切りを8切れ)
・卵 4こ
・他、しらたき、こんにゃく、牛すじなど適宜

【B】(味を出す具材)
・ちくわ、さつま揚げなど、練りものや揚げものを数種類

■作り方

1.だしを作る
・鍋に水と昆布を入れ、戻るまで浸しておく。
・火にかけて沸騰寸前で昆布を取り出して鰹節を加える。
火を止めて20分ほど置いてから濾す。

2.下茹でをする
・大根は2cm幅の輪切りにして皮を厚め(5mmほど)に剥く。
面取りをしてから米のとぎ汁で弱めの中火で30分下茹でする。
・じゃがいもは皮をむいて水から茹で始め、沸騰してから弱火で15分ほど茹でる。
・卵を茹でて殻を剥く。

3.【A】を煮てしばらく寝かせる
・鍋にだしを張り、【A】の具材、だしパックを入れて沸騰しない火加減を保ちながら1時間煮る。
・火を止めて蓋をし、しばらく置いておく。
※時間があればたまに火を入れてまた放置を気まぐれに繰り返す。

4.【B】を加えて仕上げる
・揚げものは熱湯を回しかけて油抜きをしてから鍋に加えて火にかける。
・沸騰しない火加減を保って20分ほど煮る。


今回のおでんは大根、卵、しらたき、餅巾着、野菜のさつま揚げ、ちくわでした。

BlogPaint

ポイントはだしにみりんなどの甘みを加えなかったこと。
大根や練りものから甘みが出るので、すっきりしつつも味わい深いだしになりました。


ごはんはシンプルな塩むすびと悪魔のおにぎり。

BlogPaint


ブロ友さんおすすめのおでんに合うおかず「白菜キムチ」。
これは最高の箸休めだったので、定番にしようと思います。

BlogPaint


子どもたちには練りものが人気。
はじめての餅巾着は狙い通り喜ばれました。

BlogPaint

次回こそは洋風おでんに挑戦しようと思っています。


↑このページのトップヘ