kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

カテゴリ: ストウブ

タピオカドリンクを作ってみました。

P1060469

第3次ブームとも言われているタピオカ…
近くにお店がないので特に飲む機会もないまま現在に至ります。
静かだった子どもたちもドトールで販売されてようやく気付いたのか(店頭ののぼりで)
お店の前を通るたびにせがむようになりました。

でも…一杯の量が子どもには多いしお値段もそれなり…
ブームに乗って質の良くないものも出回っているなんて話も聞くうちに、
おうちで作った方が量も味もカスタマイズできるし、経済的だし、安心なのでは?
ということになり、材料を購入してきました。

P1060437

合成着色料不使用のブラックタピオカはカルディで180円。
タピオカ用の太いストローはセリアで。


戻し方は6~8時間水に浸してから2~3分茹でて仕上げる方法と、1時間茹でる方法の2通り。
今回は浸水せずストウブで茹でる方法にしました。

P1060439

■材料(5~6人分)

・乾燥タピオカ 50g
・水 800ml
・砂糖 大さじ3

ミルクティー、ココナッツミルク、ラテのポーションなどお好みで

■作り方

1.乾燥タピオカはさっと洗い、水とともにストウブに入れて中火にかける。
2.沸騰したら蓋をして弱火にし、30分茹でる。
3.砂糖を加えて火を止め、蓋をして30分置く。
4.ボウルなどに移して常温に冷まし、お好みの飲みものと合わせる。


茹で上がったタピオカです。

P1060441


甘い煮汁に浸したまま冷まします。
すぐに食べない場合は煮汁を切って小分けにして冷凍保存し、レンジで解凍します。

P1060442


息子は抹茶ラテでタピオカデビュー。

P1060445


咀嚼しながら飲むのに少し苦戦していましたが、満足してもらえました。

P1060448


この日はお友達が来てくれたのでルイボスチャイのミルクティーと、いちごミルクバージョンを。

P1060450


こちらは冷凍→解凍したもの。
モチモチ感はそのままで上手くいきました。

P1060470


量も甘さもカスタマイズできて、お得な気分になった自家製タピオカドリンクでした。
ストローが大量にあるのでまたリクエストがあれば作ります。


生のトマトと玉ねぎをたっぷり使って、ストウブで無水カレーを作りました。

BlogPaint


ご実家が畑をしているというお友達から季節ごとに立派なお野菜をいただきます。
今回はこちらの真っ赤な完熟トマトと2こと、玉ねぎを丸ごと1こ使いました。

BlogPaint


■材料(4人分)

・鶏手羽元 10~12本
・トマト 2こ
・玉ねぎ 1こ
・にんにく 2かけ

・塩 ひとつまみ(肉の下味用)
・ホワイトペッパー 少々
・カレー粉 小さじ2
・バター 20g
・ヨーグルト 大さじ4
・塩 小さじ1

■作り方

1.鶏手羽元、塩、ホワイトペッパー、カレー粉をポリ袋に入れ、揉んでなじませる。
2.ストウブ鍋を熱して全体にバター10gを塗り、1の鶏肉を焼き色がつくまで焼いて取り出す。
3.トマトは湯剥きをして角切りに、玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。
4.2の鍋にバター10gを足して温め、3を加えてしんなりするまで炒める。
5.鶏肉を戻し、ヨーグルト、塩を加えて蓋をし、途中2回ほど混ぜて様子を見ながら弱火で約1時間煮込む。


ストウブでじっくり煮込んだ手羽元は、ホロッと簡単に骨が外れます。

BlogPaint


トマトは加熱するとホールトマトとはまた違った美味しさで、フレッシュさが際立ちます。
自然な色と優しい味も生トマトならでは!

BlogPaint

たっぷり入れた玉ねぎの甘みもあいまってまろやかなカレーになり、
子どもたちも美味しく食べてくれました。

丸いズッキーニはどうやって食べようか考えた末、輪切りにしてトースターでグリルに。
詳しいレシピはまた後日。


「ネクストフーディスト」の活動です。
「三方原馬鈴薯」のホクホク感を生かしたレシピをご紹介しています。

突然ですが、わが家のストウブデビューは肉じゃがでした。
1袋100円のお安いじゃがいもでも、芽が出る寸前まで放置してしまったじゃがいもでも、
ストウブで無水調理にかかればたちまち美味しく変身。
無水なので調味料が少なくて済み、時短なのも長所です。

そんな肉じゃがを「三方原馬鈴薯」でももちろん作りました!

BlogPaint

今回は人参が少し多めでしたが、この人参もまた甘くて美味しいのです。


■材料(4人分)

・三方原馬鈴薯 4こ
・新玉ねぎ 大1こ
・人参 2本
・豚バラ肉 200g
・しらたき 1袋(250g)

・サラダ油 少々
・酒 大さじ2
・顆粒だし 1袋
・みりん 大さじ3
・醤油 大さじ3

■作り方

1.三方原馬鈴薯は皮をむいて6等分に切り、水にさらす。
2.新玉ねぎはくし切りに、人参は乱切りにする。
3.豚バラ肉は食べやすく切り、しらたきは水気を切ってざく切りにする。
4.ストウブを温め、キッチンペーパーでサラダ油をよくなじませる。
5.2、3を軽く炒めて酒を加え、蓋をして肉の色が変わるまで煮る。
6.1、顆粒だし、みりんを加えてひと混ぜし、蓋をして5分煮る。
7.醤油を加えて混ぜ、蓋をして10分煮る。途中で一度上下を返すように混ぜる。
8.蓋をしたまま自然に冷ます。


工程が多くなってしまいましたが…
要は材料を時間差で入れ、混ぜてそのつど蓋をして煮るだけです。

玉ねぎ、人参、豚肉、しらたき、酒

じゃがいも、顆粒だし、みりん

醤油


煮崩れはしていないけれど表面は粉を吹いているくらいがベスト。
芯から火が通ってホクホクです。

BlogPaint


無水でも煮汁はこれくらい残るので、つゆだくな感じも十分味わえます。

BlogPaint


子どもたちもいつもよりリアクションが良く、「明日も作って!」の声をいただきました。

BlogPaint

かなり多めに作ったので残ったら肉じゃがコロッケにしようと思っていたら、残りませんでした!

さすがは旬の三方原馬鈴薯。
最近確信に変わったことですが…これは来年絶対に箱買いします。
(価格も調べ済み)


『静岡県産の三方原馬鈴薯で作る「ホクホク」簡単レシピ』
ネクストフーディスト


「ネクストフーディスト」の活動です。
引き続き「三方原馬鈴薯」を使ったホクホクじゃがいもレシピ。

最近息子が突然、「あ~~どうしよう~!もうてつどうのことしかかんがえられない~!!」
と、非常に気になる発言をしていましたが……
親のわたしはじゃがいものことで頭がいっぱいです。

さて、どんなにお安いじゃがいもでも美味しくなる料理といえば、
ストウブを使った無水肉じゃがとポットロースト!
今回はじゃがいも増量バージョンでポットローストを作りました。
シーソルト&イタリアンハーブミックスのシンプルな味付けです。

BlogPaint

オーブンにおまかせで簡単なのに、ごちそう感が出て喜ばれます。

※ストウブブレイザー(24cm)を使っていますがしっかり蓋ができてオーブンOKの厚手の鍋なら何でも大丈夫です!

■材料(4人分)

・豚かたまり肉(肩ロースがおすすめ) 500~600g
・三方原馬鈴薯 4こ(約500g)
・パプリカ、アスパラガス、しいたけ、なすなどお好みの野菜やきのこ 500g

・塩 小さじ1
・ブラックペッパー(粗挽き)
・オリーブオイル 大さじ2
・白ワインまたは水 50ml
・お好みのふり塩
・お好みのハーブ

■作り方

1.豚かたまり肉に塩をすり込み、ブラックペッパーをふって1時間ほど室温に戻す。
2.三方原馬鈴薯は皮ごと使うのでよく洗い、四つ割りにして水にさらす。
3.野菜やきのこは大きめに切る。
4.薄く油をひいたストウブを火にかけ、温まったら豚肉を一面ずつ順番に焼きつける。
5.表面が焼き固まったら2、3を加え、オリーブオイル、白ワインを回しかける。
6.肉以外に塩をふり、三方原馬鈴薯にはハーブもふる。
7.蓋をして200℃に予熱したオーブンで45分加熱し、オーブンから取り出して蓋をしたまま15分置く。


こちらは火にかける前。
ハーブはオレガノ・タイム・スイートバジル・パセリのイタリアンハーブミックスを使用。
マイルドな香りです。

BlogPaint


出来上がったらお肉だけ取り出してスライスしておくと取り分けが楽です。

BlogPaint


薄い皮が自然にめくれているのは十分火が通ったサイン。
皮つきでないと崩れてしまうくらいホクホクしつつもなめらかな男爵いもです。

BlogPaint


鉄道のことしか考えられない息子は、この日パプリカを克服!
お肉もハーブポテトもよく食べました。


『静岡県産の三方原馬鈴薯で作る「ホクホク」簡単レシピ』
ネクストフーディスト


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ ストウブ料理へ
ストウブ料理

この場をお借りして、ランキング応援・フォローありがとうございます!
お料理好きな方とのつながり嬉しいです♪


「ネクストフーディスト」の活動です。
今月は「三方原馬鈴薯」のホクホク感を生かしたレシピをご紹介しています。

わが家のじゃがいも定番料理といえば、ストウブで作る無水肉じゃが!
今回は塩味の「鶏じゃが」にしてみました。

BlogPaint

■材料(4人分)

・三方原馬鈴薯 5こ(600g)
・鶏もも肉 300g
・新玉ねぎ 2こ

【A】
・白だし 大さじ2
・酒 大さじ2
・みりん 大さじ2
・塩 小さじ1/2

・サラダ油 小さじ1
・スナップエンドウ 5~6本

■作り方

1.鶏もも肉は余分な脂や筋を取り除いてひと口大に切る。
2.鍋に湯を沸かし、2を霜降りにして取り出す。
3.三方原馬鈴薯は皮をむき、4つ割りにして水にさらし、玉ねぎはくし切りにする。
4.ストウブを火にかけてキッチンペーパーでサラダ油をよくなじませ、しっかり温まったら2、3を入れる。
5.【A】を加えてひと混ぜし、蓋をして弱火で10分煮る。
6.一度上下を返すように軽く混ぜ、蓋をしてさらに5分煮る。
7.スナップエンドウは筋を取って下茹でし、彩りに散らす。


甘くてやわらかい新玉ねぎからたくさん水分が出るおかげで無水が実現。
無水調理できない鍋や圧力鍋の場合は水を加えて煮込み、加熱時間もプラスします。

BlogPaint


ポイントは鶏肉を霜降りにしてから加えること。
無水調理であくを取る工程がない分、この下茹でが意外と大切です!
余分な脂や臭みを取ることで煮汁もすっきり仕上がります。

BlogPaint


ほっくりしているけれどきめ細かい、なめらかな舌触りのじゃがいも。
白だしをベースに塩味に仕上げたので色白のままですが、しっかり味が染みています。

BlogPaint


『静岡県産の三方原馬鈴薯で作る「ホクホク」簡単レシピ』
ネクストフーディスト


↑このページのトップヘ