kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

カテゴリ: こどもクッキング

母の誕生日と来月の父の誕生日を一緒にお祝いするべく、子どもたちとケーキを焼きました。

P1060576


先日、今年から留萌に住んでいる義姉からりんごがたくさん届いたのでタルトタタンに決定。
紅玉とウースター・ペアメインというりんごを掛け合わせた「あかね」という品種だそうです。

P1060527

崩れにくく酸味があってお菓子作りにはもってこいのりんごです。


■材料(18cmの丸型1台分)

・りんご 3こ
・卵 2こ
・バター(食塩不使用) 100g
・粉砂糖 100g
・薄力粉 100g
・ベーキングパウダー 小さじ1と1/4
・グラニュー糖 100g
・バター30g

詳しいレシピは過去記事のリンクに。




P1060539


まずは娘がピーラーでりんごの皮をむきます。

P1060540


8等分のくし型に切るところまではお任せできますが、芯の処理はまだできません。

P1060549


息子は計量係。

P1060542


カラメルソースを作ります。

P1060550


グラニュー糖がだんだん溶けてきました。

P1060554


色付き始めたら手早く混ぜ、バターを加えます。

P1060556


りんごをからめて柔らかくなるまで火を通します。

P1060559


りんごを冷ましている間に型の準備。
バターを塗ってグラニュー糖をまぶしておきます。
このグラニュー糖が表面のシャリシャリ食感につながります。

P1060560


室温に戻してクリーム状にしておいたバターに粉砂糖を加えて混ぜます。

P1060563


同じく室温に戻しておいた卵を半分ずつ加えます。
少しでも冷たいと分離してしまう一番緊張するポイントですが、今回は大丈夫でした。

P1060567


薄力粉とベーキングパウダーをふるいながら加えて…

P1060569


底からさっくり混ぜ合わせます。

P1060570


りんごを敷き詰めたところに生地を絞り出していきます。
生地の固さを考えると、これが空気が入らない方法なのだと思います。

P1060572


表面をならしてオーブンへ。
170℃で40分焼きます。

P1060573


型に入れたまま冷まし、お皿を乗せてひっくり返すと飴色のりんごが!

P1060574

りんごの酸味とカラメルのしみこんだ生地がよく合うケーキです。



連休の中日。
暇を持て余した子どもたちに何気なくカレー作りを提案したところ、
大喜びでエプロンに着替え始めました。

P1060385

豚こま、玉ねぎ、じゃがいも、人参と基本の具材に、余っていたいんげん。
少し酸味がほしい気分だったのでホールトマトも。
ルウは甘口と中辛をブレンドしています。


P1060386


息子が玉ねぎの皮をむき、娘がくし型にカット。

P1060388


娘にはそのままじゃがいもと人参もお願いし、息子はホールトマトを手で潰すお仕事。

P1060389


いんげんだけは息子に切ってもらいました。

P1060395


娘は鉄フライパンでの調理は初だったので、いつも以上に警戒しながらの炒め作業。

P1060397


その間に息子はお肉に塩こしょうを。

P1060399


じゃがいもとホールトマト以外を炒めて、鍋に移します。

P1060403


同時進行で茹でていた卵の殻を剥くのは息子。

P1060405


本人は「しっぱいしたぁぁ~!」とショックで固まっていましたが、問題なしです。

P1060409


ルウは二人で相談して甘口と中辛を1:1にすることに。

BlogPaint


水、ホールトマト、ローリエを入れて煮込み、時間差でじゃがいも。
火を止めてルウを加え、再び煮込めば完成です。

P1060415


ルウでまろやかに仕上げたポークカレー。
トマトのおかげで後味はさっぱりしています。

P1060417


今回のトッピングはゆで玉子、フライドオニオン、ザワークラウト、バリ粗唐辛子、ホットソース。

P1060419

オーソドックスなカレーに様々な味と食感を追加するのがここ数年の楽しみ方です。


「今日はカレーにしよう!」と思うのはたいてい時間がなくて急いでいる日。
なかなか子どもたちに任せる余裕がなく、普段はせいぜいお味噌汁とお米研ぎくらいです。
嬉々としてキッチンに立つ姿を見るたびに、もっと機会を作りたいと思います。



息子が習い事に行っている日は娘と二人きりの時間。
最近は図書館に行ったり、一緒に晩ごはんを作ったりして過ごすことが多いです。

先週は学校で借りてきた本を参考にしてお菓子作りをしました。

BlogPaint


懐かしい「わかったさん」シリーズ!(わたしは「こまったさん」派でした)
こちらはオリジナルとは別に2017年に発行されたレシピ集です。

P1040264


娘のお料理ノート(レシピの写し書き)は5冊目に突入!

BlogPaint


今回はパイナップルドーナツを作ることになりました。

BlogPaint


まずはパイナップルの缶詰の水気をクッキングペーパーで押さえます。

BlogPaint


卵(1こ)を割り、牛乳(大さじ2)を加えます。

BlogPaint


溶かしバター(10g)も加えて

BlogPaint


混ぜ合わせておきます。

BlogPaint


ホットケーキミックス(200g)を計量し、

BlogPaint


混ぜます。

BlogPaint


ひとまとめにしてラップに包み、冷蔵庫で30分ほど寝かせたら、生地を5等分にします。
それをさらに2つに分け、パイナップルより一回り大きく伸ばします。

BlogPaint


生地と生地の間にパイナップルを挟んで成形します。

BlogPaint

真ん中に穴を開け、パイナップルが見えないように生地をくっつけるのがなかなか難しい!


低温の揚げ油でゆっくりきつね色になるまで揚げます。
元レシピはチョコディップでしたが、代わりにココナッツファインをまぶしてみました。

BlogPaint


まさかパイナップルが隠れているとは思わないので、意外性は抜群!
ありそうでなかった組み合わせで商品化をおすすめしたいです。(誰に?)

BlogPaint


甘酸っぱいパイナップルとサクサクのココナッツが後を引く美味しさでした。

BlogPaint


ここ一年くらいで将来の夢が「建築デザイナー」から「パティシエ」に変わった娘。
高校を卒業したら製菓の専門学校へ行き
ベルギーに留学し(ワッフルの勉強をしたいらしい)
いつもバースデーケーキを購入している近所のお菓子屋さんで働く!
という極めて具体的な目標を持って、毎週のようにお菓子の本を借りています。


自他ともに認めるあんこ好きな夫。
そんなお父さんに今年はおはぎを作ろうと娘に提案してみました。

BlogPaint


小豆は前日にストウブで半日かけて炊いておきました。
(→ストウブで小豆を煮る
いつもは控えめにするお砂糖も、今回はしっかり同量にしてリッチバージョン(?)。

BlogPaint

普段から米当番の娘に、前の日の晩にもち米の洗いと浸水をおまかせ。
当日朝うるち米を洗って、もち米と合わせて炊飯器へ。


炊けたら半付きにします。

BlogPaint


炊きたてのごはんは熱いので、娘はあんこの計量と成形を担当。

BlogPaint


あんこを包んで黒ごまきな粉と砂糖をまぶしたものも作りました。

BlogPaint


今回は3合炊いて15個完成。

BlogPaint


午前中息子の参観日に行き、一旦帰宅して午後から出勤だったこの日。
サプライズのお昼ごはんとして喜んでもらえました。

BlogPaint


子どもたちも同じくお昼ごはんにしっかり3こも食べて大満足!
あんこに目がない3人です。


詳しいレシピはこちらに→お彼岸のおはぎ作り


スーパーで梅仕事コーナーを通りかかるたびに
娘に「早く、梅シロップ作らなきゃ!」と急かされ、ようやく今年も仕込みました。

BlogPaint

(ちなみに昨年の様子→子どもたちの梅シロップ作り*2018


毎年同じレシピですが再掲します。

■材料

・青梅 1kg
・氷砂糖 1kg
・酢(米酢使用) 150ml

■作り方

1.容器を消毒する。(煮沸またはアルコール)
2.青梅は洗って楊枝などでへたを取り、水気を拭き取る。
3.1の容器に梅と氷砂糖を重ねていき、最後に酢を注ぐ。
4.毎日揺すってなじませ、氷砂糖が溶けて梅にしわが寄るまで2~3週間冷暗所に置く。


娘がへた取りをして

BlogPaint


息子が水気を拭き取ります。(てるてる坊主みたい…)

BlogPaint


スピーディーな流れ作業。

BlogPaint


今年は南高梅の青梅。
娘が通学路で拾ってきた梅も少し混じっています。

BlogPaint


話し合いの末、娘が梅担当で息子が氷砂糖担当に。

BlogPaint


梅はそーっと入れてね。

BlogPaint


いつの間にかテーブルに座っているし、氷砂糖は散乱…

BlogPaint


お酢を計量。

BlogPaint


二人で仲良く注ぐ。

BlogPaint


3週間後の完成に思いをはせる…

BlogPaint


いつも配分を間違えて梅が氷砂糖から顔を出してしまうのですが、
今年は上手くいきました!

BlogPaint

今月末頃の仕上がりが楽しみです。


↑このページのトップヘ