kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

カテゴリ: 美味しいもの

発酵食品(健康食品)という観点から夫の職場でおすすめ商品として取り扱うことになった
「サクサクしょうゆアーモンド」。
具入り調味料と表記がある通り、辛くない食べるラー油のような感じです。

P1130130


ローストアーモンド、フリーズドライしょうゆ、フライドオニオン、フライドガーリック、ごま、
魚醤パウダーなどが配合されていて、香ばしくて風味豊か。
オイル(菜種油)に浸かっていますがサクサク食感が生きています。

P1130138


ごはんに乗せて食べるのが一番。

P1130139


豆腐やきゅうりなどあっさりしたものとも相性が良く、
叩ききゅうり2本に対して小さじ1程度を加えた和えものが子どもたちにも好評でした。

P1130178

元々は自社で扱う商品のお試しという理由で購入したのですが、その美味しさにたちまち虜に!
お値段は850円と少々張るので、贅沢なお取り寄せ感覚で大事にいただいています。




毎年この時期に北海道北見在住の夫の伯母から新巻鮭をいただきます。

結婚当初は1m近い長さの箱に入った一尾丸ごとが届いていたのですが、
(夫が一人暮らしの大学生のときから容赦なくその形だったそう!)
ある年からパッキングされた切身を送ってくださるようになりました。

P1120313 (2)


塩漬けしたあと干すことでうまみが凝縮される、普通の塩鮭とは一味違った冬の味覚です。

P1120311 (2)


お頭部分は夫の好物。

P1120314 (2)


「鮭とば」は秋鮭を皮つきのまま縦に細く切り、海水で洗って潮風で干した珍味。
噛めば噛むほど味が出ます。

P1120316 (2)


そして毎年とりわけ楽しみにしているのがいくらです。

P1120315 (2)


日を前後して義理の姉(同じく北海道在住)からは立派な毛蟹をいただきました。

P1120312 (2)

ボイル済みを冷凍してあるので、自然解凍するだけでOK。
毎年義実家に帰省した際に、お義母さんと一緒にこちらの毛蟹をさばくのですが、
年に一度なので調子が出てきた頃には作業は終了し、翌年またもたつくということを繰り返しています。
ちなみに経験が浅いわたしはキッチンバサミを使用、お義母さんは包丁で鮮やかにさばきます。
今年は自宅なので夫とチャレンジするしかない…


届いたその日は三平汁を作りました。

P1120306 (2)


詳しいレシピはこちらに。





この日はメインが肉じゃがだったので、にんじんやじゃがいもは入れずに大根とねぎで作りました。
ポイントは昆布でだしをとることと、鮭の塩分を考えて味噌の量を調整することです。

P1120304 (2)


父が漬けたキムチ第2弾とともに。

P1120309 (2)


いただきもので豊かな食卓でした。

P1120310 (2)


伯母さんからは鮭の漁獲量が落ちていることもあり、新巻鮭は今年でおしまいというお知らせが。
わたしは十数年、夫は子どもの頃から食べ親しんできた北海道の味。
とても残念ですが、これまで欠かさず送ってくださったことに感謝して大事にいただきたいと思います。





お世話になっている病院の近くのバインミー専門店an diに久々に立ち寄りました。

P1100886





イートインもやっていますが、テイクアウトの場合は注文したらお店の外で待つシステムです。

P1100888


前回でレギュラーメニュー4種類はコンプリート。(歴代のリンクもこちらに↓)
どれも甲乙つけがたいです。




この日は娘の定期検診。
シェアするので唐辛子マークのない「ペッパージンジャーチキン」をリピートしました。

P1100889


もう一つはおやつバインミーの中から「緑豆あんバター」。

P1100890


ブラックペッパーの辛みは大丈夫だと思ってパクチーだけ避けて半分こしたのですが
子どもにはパンチが利きすぎていたようで、2口くらいで終了…

P1100892


そんなこともあろうかと、病院の地下のラウンジにあるパン屋さんで購入することも想定していました。
選んだのはハムチーズデニッシュ。

P1100893


マウントレーニアの抹茶ラテを選んだことに時の流れを感じました…
(バラ売りしているアンパンマンシリーズの小さいパックジュースを楽しみにしていた頃が懐かしい。)

BlogPaint


自粛生活で家に籠っていて活動量が減っているにもかかわらず、
なぜかこの時期ぐんぐん背が伸び続けている娘。
計測では半年で+6cmの140cm!
どうりで髪を乾かしたり結ったりするときに頭頂部が見えにくいわけです。

通院の一環のテイクアウトではありましたが、久しぶりのお外ごはんでした。


静岡県の三方原馬鈴薯をお取り寄せしました。

P1100107


昨年ネクストフーディストの活動でいただいて、すっかりファンになったのです。




今年は昨年の半分の5kg。
真っ白で皮が薄く、本当にきれいな男爵です。

P1100108


とにかく皮が薄いので、よく洗って皮ごと調理すれば面倒な皮むき作業も省略OK。
1か月くらいなら常温で保存していても芽が出ることなく、最後までストレスなく食べ切れます。

P1100124

子どもたちも昨年のじゃがいもの大箱は記憶に新しく、「やったー!」と喜んでいました。
この時期の箱入りじゃがいもは、わが家の初夏の風物詩になりそうです。

風物詩といえば…そろそろ梅シロップも仕込まなければ!




連休前半の天気の良かった日。
人の多そうな川沿いや公園を避けて運動がてらお散歩へ。
途中で高級食パンのお店、一本堂で食パンを一斤購入しました。

P1090655


元々一人ずつくらいしか入れない小さなお店。
通常なら行列になりそうな立地です。
お父さんがお買いものしているのをガラス越しに真剣に覗きこむ子どもたち…

IMG_4875

その様子に気付いた店員さん。
お子さんには生クリーム食パンがいいかも…とおすすめしてくれたそうです。


どうやって食べようか歩きながら考えて…
帰宅途中にいちごと生クリームを購入。
おやつ時間に合わせていちごサンドを作りました。

P1090657


詳しいレシピはこちらに。




「生クリーム食パン」だったのでそのきめ細かさと柔らかさを味わうために焼かずに。
生クリームと合わせたのも正解でした!

P1090659

しっとりやわらかくて5枚切りのボリュームでもペロリといけてしまう…
耳付きの端っこでも全く固さを感じません。

翌日は何もつけずもちろん焼かずにそのまま。
美味しい生食パンでした。


↑このページのトップヘ