kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

カテゴリ: 美味しいもの


夫の自宅療養生活も折り返しになった頃。
食事を運び続けること3食×10日で30食…
考えたらたまには息抜きしたくなり
所用で出かけた際にaosanに寄りました。

P1180305


期間限定らしいレモンロールに、
マロン(娘)、チョコカスター(息子)、
あんボール(夫)。

P1180306

…のつもりが、息子はチョコもあんこも好きで選べず
娘のマロン以外は全部シェアになりました。


わが家で一番人気のミルヒ、
甘くないものから、チーズベーグルとソシス。

P1180308

チーズベーグルは子どもたちで、
ソシスは大人がいただきました。
ソシスはソーセージが丸ごと入っていて
焼き直さなくても脂が滴るほどジューシーです。


自宅療養中の夫の分。
ミルヒ、ソシス、あんボール、レモンロールを
それぞれ半分ずつ。

P1180311

カップのポタージュとアイスコーヒーとともに。
たまには外の味で気分転換。
みんなでリフレッシュしました。


お取り寄せもはじめてなら、食べるのもはじめて。
551蓬莱の豚まんです。

P1180185


外の味が好きであれこれ食べたがる息子と違い、
娘は家のごはん以外はあまりリクエストしないのですが、
めずらしく「夏だけど…肉まん食べたいな」と。
夫も同意だったので(この時は発症前でまだ平和)
せっかくなら本物(?)をと、
いつかは食べたいと思っていた551を注文したのでした。
家籠りのストレス発散というか、ただの勢いです…

P1180186


冷蔵で消費期限が短いので、
豚まんは10個入りに。
海老焼売のセットを選びました。
チルド便送料込みのギフトセットが手軽です。

P1180187


早速蒸し器を出して、蒸してみました。

P1180197


まず皮がもっちりして甘みがあって美味しい!
餡のお肉は弾力があってジューシーで
玉ねぎはシャキシャキの食感です。
パンチのきいたタイプではなく
シンプルで安心する美味しさの豚まんでした。

息子は「20こ入りでもぼくはいけたな。」
と言っていました。
これはもっと早く出会いたかったです。

ちなみに中華まんでこれまでに印象的なのは
横浜聘珍楼の「菜包(野菜まん)」です。


海老焼売は嬉しい副菜として重宝!

P1180229

娘のみならずみんな大満足のお取り寄せでした。
そのうちまたリピートします。





価格は以前より落ち着いたようにも感じますが
それでも例年よりは希少なじゃがいも。 
今年は流通がどうか心配でしたが、
いつもの三方原馬鈴薯をお取り寄せできました。

P1170673

「ネクストフーディスト」でいただいたときと同じ
JAとぴあ浜松さんからの直送で。


今年はMサイズを3kg。
同じものを実家宛てにも注文しました。

P1170676


皮が薄くて白くてきれいな男爵いも。
毎年予約注文して今年で3回目になります。

P1170677


子どもたちのリクエストでまずはじゃがバターに。
蒸し器で15分蒸しました。

P1170685

5kgだと消費スピードにプレッシャーを感じますが
3kgは美味しいうちに食べ切れる量。
これからは3kgでいこうと思います。





両親が旅行先からおみやげを送ってくれました。
東大寺、春日大社、興福寺、薬師寺、室生寺、長谷寺…
とにかく名所をたくさん周ったそうです。


『寛永堂』の「寛永傳」。
南蛮渡来の生地で白餡を包んだ上品なお饅頭です。

P1170530


あんこ好きの家族が喜ぶお汁粉は吉野本葛入り。
もったいなくてまだ開けていません。

P1170533


『柿の専門』というその名の通りのお店の「柿バター」。
ペーストとダイスが両方入っています。

P1170535


焼きたてのパンに。
クリームチーズと合わせるとさらに美味しい。

P1170560


『寿吉屋』の「薬師味噌」。

P1170532


ごはんやお酒のお供になるおかず味噌風の奈良漬け。
アルコールを含むのでほんの少しずつ。

P1170552

なかなか行く機会のない場所の
自分では選ばないであろうめずらしいおみやげたち。
ありがたくいただいています。





平日休みの夫と久しぶりに新宿に出かけたところ、
運良く楽しそうな催事を見つけました。

P1170454


33店舗もの人気のベーカリーが出店!
有名店のパンをゲットする機会です。

P1170455


吉祥寺にあるドイツパンのお店「Linde(リンデ)」。
ライ麦を使用したパンが多くとても個性的です。

P1170446

実は昔こちらのお店の隣の歯医者さんに通院していて
たまに看板商品のプレッツェルを購入したり、
2階のイートインでサンドウィッチを食べた記憶が。
大人になってからなので懐かしさは感じなかったのですが
ざっと20年以上前だと気付き、驚愕しています…


購入したのは人気ナンバー1の看板商品「プレッツェル」。

P1170467


同じく塩のきいたプレッツェル生地を丸く成型した
「かわった形のプレッツェル」(←正式名称です)。

P1170466


三角の見た目とぎっしりまぶされたナッツに惹かれて
夫が選んだアルペンブロートでした。

P1170447


中にはダイスカットしたチーズが。
ほどよい塩気でナッツが香ばしい食事パンです。

P1170465


お店のショッピングページには
パンの種類と詳しい説明が掲載されています。



いろいろ見て回り、子どもたちには「ねこねこ食パン」。

P1170449


店舗数が多く、メディアでも見かけたことがあります。



プレーン、チョコ、こしあんなど数ある中から…

P1170448


MIKENEKO(三毛猫)を選びました。

P1170462


“三毛”の良さは見た目だけでなく味にも!
ミルク、キャラメル、ブラックココアの
3種類の味が楽しめます。

P1170471


ココアにはチョコチップ、キャラメルにはナッツが。
どこを食べても美味しい食パンでした。

P1170470


最も列が長かったのはコッペパンのお店「吉田パン」!
作りたてを提供しているバインミーのお店や
パンコーディネーターさんによる
北海道の人気店コーナーなど盛りだくさん!
パンが好きな方、詳しい方には注目のイベントです。



↑このページのトップヘ