kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

カテゴリ: 日々の食卓

学年閉鎖が発表になったのとほぼ同時に、娘もはじめてインフルエンザに罹りました。
熱は出たものの高くなく、はじめは副鼻腔炎による発熱との診断だったため発覚が遅れました。
熱が下がって2日経ってから喘息の薬をもらいに行き、念の為の検査をしたところ…
インフルエンザB型とのこと。
本人はすでに元気ですが、家族の誰かに感染しているのではないかと不安…
一日に何度も熱を測っています。

最近あまり学校に行きたくなくて休みを喜んでいた娘も、何日も続くと暇で仕方ない!
お絵描き、折り紙、読書、漫画(ドラえもんのみ10巻まで所有)、録り溜めていたテレビを見て、
レシピノート作成、辞書に付箋貼り(←最近ハマっている)ピアノででたらめ曲作り…
一通りやりたいことをやってもまだまだ時間があります。

そんな暇を持て余した娘とピザ作り。
HBに生地の材料をセットしてもらいました。

P1080259


レシピはいつものこちらです。




しっかり手洗いをしてもちろんマスクも着用。
それでも心配で、自分の分だけトッピングすることに。

P1080260

P1080263


半日保育の息子の分はこちらで作りました。
かわいそうですが食べるときのテーブルは別々です。

P1080267

今さらな気もするけれど、インフルエンザ対策にいいという紅茶とともに…

この先大人が罹ると色々なことが滞って大変!
現時点でもかなり予定変更を余儀なくされています。
このまま終息しますように…




カルディでのお買いもの記録です。

P1080085

・もへじ 塩レモン鍋つゆ
・ラ・プレッツィオーザ ホールトマト缶
・キューネ フライドオニオン
・デリッチオ パルメザンチーズ
・飲茶デザート 手作りゴマ団子セット
・カルディオリジナル ビビンバの素
・スータイ バジル&チリペースト 
・カルディオリジナル SOZAI 5種のミックスサラダ豆

はじめて購入したのは手作りゴマ団子セット。
近々休日に子どもたちと作ることにします。
あとは何度もリピートしているお気に入り商品です。


見かけるたびに気になっていて、まずは実家にお土産として持参したマッスンブの参鶏湯。

P1080045


戻ってから早速リピートしてみました。

P1080047


水(3~4カップ)に創味シャンタン、酒、塩を加えてスープを作り、鶏もも肉を入れて水炊きに。
そこに白菜やねぎなどの野菜と参鶏湯を入れ、煮立ったら鍋の要領で具材を足していきます。

P1080048


10分もするとほろっと崩れるくらいに柔らかくなり、中からはもち米、棗、朝鮮人参などが出てきます。

P1080051

子どもでも食べられるマイルドさですが、さすがは薬膳!
じんわり身体が温まってきます。


〆は実家ではサリ麺にしましたが、今回は雑炊に。
小骨をできるだけ取り除いてからごはんを入れ、卵、青ねぎ、ブラックペッパー。

P1080052

昔、韓国で食べた贅沢なお粥を思い出すとろみ加減です。

ちなみにこちらの参鶏湯は今月末までセール価格とのこと!
絶品雑炊のことを思うと、この冬もう一回くらいは参鶏湯鍋をしてしまうかも…


もう学校も幼稚園も始まりましたが、帰省から戻ってからのお昼ごはんを少し。


どことなくお正月感が漂う白だしと鶏肉のうどん。

P1080086


生姜を利かせた茹で鶏の茹で汁に、白だしとみりんを加えてつゆに。
冷凍うどんを温めて、スライスした茹で鶏、青ねぎ、いくら、柚子を乗せました。

P1080087

この冬、柚子湯などですっかり柚子の香りが好きになった子どもたちに喜ばれました。


打って変わってハンバーガーランチの日。

P1080057


「“某ハンバーガーチェーン”に行きた~い!」という意見をいなしておうちで。

P1080056

バンズはバターロールをトースターで軽く温めました。
ハンバーグはニチレイさんの冷凍ハンバーグにシュレッドチーズを乗せて電子レンジでチン。
ケチャップをかけて挟み、出来たてを食べる贅沢!


インスタントのコーンスープ、米油で揚げた冷凍ポテト、トマトとブロッコリーのサラダ付き。
おもちゃはついていないけれどこちらのほうがいくらか健康的です。
あるもので作ったのでバターロールと冷凍ハンバーグだけの出費で済みました。

P1080055

「Mバーガーより美味しいよ!」と興奮していましたが、果たして…?

ありがたいことに始業式の翌日から早速給食とお弁当がスタート。
3学期はインフルエンザや胃腸風邪との対峙となりますが、無事乗り切ってほしいものです。



時間を遡って年末年始のお話です。

今年も冬の帰省は先に義実家へ。
朝7時半の新幹線に乗り、10時前には到着しました。


お昼ごはんはハンバーグ乗せの豪華なナポリタンを用意していてくれました。

P1070946


晩ごはんは子どもたちが盛り付けたちらし寿司。
海苔を切ったのは息子です。

P1070948


わたしは仰せつかった肉じゃがを担当。

P1070949


お土産の一つとして持参した「花椀もなか」をみんなで。




「聖護院かぶらと野沢菜(白みそ)」

P1070951


ちょっと贅沢な即席の汁椀です。

P1070952


娘は翌日は栗きんとん作りのお手伝い。

P1070960


裏ごしを頑張りました。

P1070958


大晦日の23時頃。
2年連続で年越しそばに参加した娘は、日付が変わる瞬間もしっかり起きていました。

BlogPaint

息子は「引きずってもいいから(←そんなに?!)絶対起こして~!」と言い残して仮眠。
一応起きはしましたが、おそばは3口くらいで終了でした。


元旦は尾頭付きの鯛が一人一尾ずつ。
福島ならではの「いか人参」と「豆数の子」。

P1070961


鶏肉と干し椎茸のだしがきいたお雑煮は、人参、大根、なると、凍み豆腐、三つ葉と具だくさんです。

P1070964


お昼前には同じ市内の実家に移動。
お雑煮はほとんど同じですが、三つ葉ではなくせりが入ります。

P1070978


こちらでも「いか人参」と「豆数の子」ペアがお出迎えです。

P1070965


今年は浜内千波さん監修の洋風おせちとのことでした。

P1070966


青ばた豆が入った塩味の豆餅もここでしか食べられないお正月のお楽しみです。

P1070968


夜は昨年と同じくとんかつや、父作の煮込み(昨年は牛すじ、今年は鶏レバー)、お煮しめなど。
麻婆豆腐やクリームシチューまで登場した昨年ほどカオスではなく、
バラエティに富んだお料理が並びました。

P1070970

暴風の日があったものの雪は降らず、いつもほどは寒くない福島のお正月でした。



帰省を翌日に控えた自宅での今年最後の晩ごはんです。

P1070915


元々用意しておいた牛肉だけでなく、半端に残っていた豚肉を足して…
思い切ってハッシュドビーフ&ポークにしてしまいました!

P1070919

玉ねぎも冷凍していたきのこもこれにて使い切り。
トマトジュース、トマトケチャップ、缶詰のデミグラスソースで作りました。
クリスマスで余った生クリームを仕上げにかけていつもよりリッチに。


半丁のお豆腐と、1/3缶残っていたクラムチャウダー(キャンベル)。
真っ白…

P1070916


IKEAのベジタブルメダリオン。
トースターで30分ほど焼くだけです。

P1070918


ミニトマトといただきもののぶどうも食べきり。

P1070917

これにて残しておけない食材は使い切りました!


スーパーで栗きんとんやだて巻きを見て「買って~!」とせがむ子どもたちを
「おじいちゃんおばあちゃんちで絶対に出てくるから!」となだめてお正月準備ゾーンは素通り。
帰省して双方の実家でも手伝いはしますが、まだまだ甘えてごちそうになる立場です。
両親が元気なことに感謝して、ありがたく恩恵に与ります。



↑このページのトップヘ