kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

カテゴリ: イベントごはん

息子が小学校に入学しました。
国歌斉唱や校歌は歌唱入りの音楽を流し、各自心の中で歌うというスタイルで。
密を避けるため保護者は教室には立ち入らず、体育館での解散となりました。
それでも無事に入学式ができただけありがたいです。


息子の入学と娘の進級のお祝いごはんです。

P1130541


お赤飯は堀江泰子さんのレシピで。




ささげの煮汁を浸水したもち米に吸わせるように炒め、布巾に包んで蒸します。

P1130538


炊飯器で炊くとモチッとしますが、蒸すとさっぱりとした食感です。

P1130550


子どもたちも大好きなお赤飯です。

P1130551


天然の真鯛(このサイズで1尾398円!)をオーブンで塩焼きに。
鱗取りと内臓の処理は夫にお任せしました。

P1130545


肩肉ともも肉をミックスした鶏のから揚げ。

P1130547


汁椀は具沢山のお味噌汁。
豚肉の代わりに油揚げを入れた豚汁風です。

P1130549


おめでたいお料理と子どもたちの好きなものを並べた献立でした。

P1130542


翌日は残った鯛のあらで鯛めしを炊きました。
今回は昆布だしと酒と塩のみで。

P1130552


レシピはこちらです。




午前授業でお腹を空かせて帰ってきた子どもたちのお昼ごはん。

P1130553


鯛めしおにぎりと、

P1130554


豚汁うどん風の味噌煮込みうどんでした。

P1130555


---


入学のプレゼントとして、鉄道が大好きな息子が心待ちにしていたもの…

P1130556

小児用ICカードと自分で選んだケース(ロマンスカーLSE)です。
電車でお出かけの機会は以前より減っていますが、タッチする日を楽しみにしています。




息子が幼稚園を卒園しました。

今年はクラスごとの卒園式だったのでタイトスケジュールでこじんまり。
クラスが別の仲良しだったお友達とは入れ替え制で会えなくて残念でしたが、
お世話になった先生方にご挨拶をしたり写真を撮ったりする時間はありました。


お昼はリクエストでマクドナルド(テイクアウト)。
ハッピーセットのチーズバーガーしか食べたことがなかった息子が、初のてりたまに挑戦!
濃厚なてりやき味に感動していました!
ちなみに娘は前回からエビフィレオの美味しさに開眼し、今後もリピートの予感。


夜は豪華に鰻丼&毛蟹でお祝いしました。

P1130305


幼稚園でいただいた紅白饅頭と、義理の実家からこの日届いたホワイトデーのスイーツも。
豪華と言いながら、茶碗蒸し以外はほとんど並べただけの楽々ごはんです。

P1130312


毎月セールの日に買ってここぞというときに出している中国産の鰻の蒲焼き。
さっと下茹でしてから(一度たれを落とすのが重要)オーブンシートを敷いた天板に並べ、
トースターで温めます。
途中でたれを塗りながら焼くと、お安い鰻でもふっくら香ばしく焼き上がります。

P1130314


義理の姉からいただいた北海道の毛蟹は子どもたちも美味しさがわかるように。
茹でて冷凍されているものを前日から解凍し、夫が捌いてくれました。

P1130306


今回の茶碗蒸しは白だしを使用。
(卵3こ、水400ml、白だし50ml、酒大さじ1。)
具は沈んで見えませんが、鶏肉、かまぼこ、にんじんが入っています。

P1130316


いただきもののスイーツは生キャラメルで有名な福島の向山製作所さんのもの。
最近実家からもホワイトデーにとこちらの生キャラメルをいただきみんなで味わったばかり!
希少なご当地スイーツです。



「キャラメルドゥブルフロマージュ」。
レアチーズとベイクドチーズの2種類のケーキにキャラメルがサンドされた濃厚なケーキでした。

P1130318

これにて娘の頃から足掛け7年の幼稚園生活が終わりました。
お友達にも先生にも恵まれてとても楽しい園生活だったようです。
細かいところまで行き届いた丁寧な保育のおかげで、親子ともに安心して過ごすことができました。

幼稚園での一番の財産はさまざまな出会い。
もはや“ママ友”と呼ぶには足りないくらい親子それぞれが大切なお友達になったり、
趣味の集まり(コーラス)に参加できたり、一緒に習い事に励んだり。
思えば幼稚園を通して世界が広がって、今の生活があります。
子どもの学年や年齢などの枠を超えたたくさんの出会いに感謝しています。




台風のように雨風が吹き荒れた日。
夫の帰宅時間の都合により、一足お先に桃の節句のお祝いをしました。

P1130147


メインはちらし寿司。
2合半の酢飯に、まぐろ、鰻の蒲焼き、玉子焼き、塩揉みきゅうりを広げました。

P1130157

穴子の代わりに鰻の蒲焼き。
さっと茹でてふっくらしたところをトースターで香ばしく焼き戻すことで、
中国産のお安い鰻でも美味しくなります。


ストウブでほぼ無水で作ったお煮しめ。
鶏肉、こんにゃく(息子が手綱に)、大根、人参、椎茸、ごぼう、スナップえんどう。

P1130150

鶏肉は面倒でも丁寧に筋と脂肪を取り除き、熱湯を回しかけて霜降りに。
ひと手間で煮汁もすっきりします。


今年ははまぐりでもあさりでもなく鯛と菜の花のお吸いものにしました。

P1130152

鯛は切り身で買ったところかなり骨がついていたので、ありがたくだしに使いました。
昆布と骨(あら)でだしを取り、酒と塩と醤油で味を調えます。(味の素をひと振りすると安定)
身は塩をふって表面の水分をふき取り、煮立てただしに加えて火を通します。
最後に別茹でしておいた菜の花と合わせれば出来上がり。


デザートは実家から送ってくれたひな祭りのひし餅と、初めてのスカイベリーでした。

P1130148


これまではしばらく玄関に飾って当日だけリビングに移動してもらっていたお雛様ですが、
ステイホームのおかげか子どもたちの室内での過ごし方がだいぶ大人しくなったので…
今年はずっとリビングで安全に過ごしてもらうことができました。

P1130095

健やかに成長しますように。




娘が10歳のお誕生日を迎えました。

P1120980


今年のお誕生日は休日だったのでゆっくりお祝いができました。
お昼ごはんは娘のリクエストで手巻き寿司。

P1120982


茶碗蒸しも作りました。
いつものように鰹と昆布でだしを取り、鶏肉、エビ、しいたけ、人参入り。

P1120983


お誕生日ケーキはおやつの時間に。

P1120992


馴染みのお店の大好きなモンブランです。
ロウソクも10本となるともういっぱい。
プレートは今年は夫が気を利かせて2枚にしてくれました。

P1120995 (2)


頂きものの香り高い工芸茶。
花が開くのを見守るのも楽しい時間です。

P1120993


晩ごはんは夫が担当!

P1130001 (2)


同じく誕生日のわたしのリクエストでカキフライを作ってもらいました。

P1130006 (2)

タルタルはみじん切り&塩揉みしたきゅうりとザワークラウトをマヨネーズであえた自家製です。


わたし以外はカキはあまり喜ばないので、スルメイカをさばいてイカリングも。(写真は半量)
イカ好きを公言するだけあり、わざわざさばく情熱もあります。

P1130003 (2)


恒例のクリームコロッケの代わりに、今年はメインになるグラタンをお願いしました。
お昼の茶碗蒸しの具材で鶏肉とエビが入ったぜいたくなマカロニグラタンです。

P1130004 (2)


ストウブでミネストローネを作って野菜もたっぷり。

P1130005 (2)


お昼とは打って変わって洋食オンパレードのお祝いごはんでした。

P1130008 (2)


生後2日目に先天性の心疾患が判明して、
「このままでは10歳までの生存率は10%」と宣告されてから10年。
幸い2歳になる前には複数回の手術が無事に成功し、
そんな危機的な状況だったことを忘れてしまうほど元気に成長しました。

長女らしく「いい子」であろうとする娘。
年齢の割に気を遣いすぎる面があって見ていて心配になることがあります。
(夫は我が子ながら「徳が高い」と表現。)
そして、一見活発ですが心はかなり繊細です。
最近は趣味や特技を通じて少しずつ自信がついてきたように見えるので
親としては明るく後押しできたらと思います。


節分の日の晩ごはんです。

P1120962 (2)


当然のように子どもたちに「恵方巻だね!」と言われていたので、
今年もセルフで巻きました。

P1120963 (2)


マグロとサーモンの柵を切り分け、だし巻き玉子を焼きました。
きゅうりとレタスも一緒に巻いて海鮮サラダ巻きに。

P1120961 (2)


大豆は甘辛揚げに。
茹でた大豆に片栗粉をまぶして炒め、醤油、砂糖、酢の合わせだれを絡めています。

P1120968 (2)


6000件以上のつくれぽを誇るレシピで作りました↓
Cpicon リクエスト給食1位の大豆の甘辛揚げ by moj

P1120969 (2)


ほかには鰯のつみれ汁。

P1120967 (2)


娘は昨年同様に丸々一本食べ終えるまで一言も発さず、
ジェスチャーで「おいしい!」とアピールしてきました。

P1120972 (2)

息子もしっかり一本完食しました。

鬼役の夫が先月末から忙しくこの日も不在だったのと、落花生がなかったので豆まきは中止に。
食べもので気分だけ味わった節分行事でした。




↑このページのトップヘ