kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

カテゴリ: イベントごはん

実家での大勢の集まりのときに何を作ったか…?
健忘録に一役買っているブログです。




今回は大人14人、子ども8人の22人が集合しました。

P1050990

こちらはわが家で準備したうちの一部。
まだ嵐の前の静けさで手前にあと2つテーブルがあり、この倍はお料理が並ぶことになります。


わたしの担当はポテトマカロニサラダ。

P1050976


採りたて茹でたての枝豆。

P1050987


恒例の混ぜて乗せるだけの簡単ちらし寿司。

P1050988


子ども受けが良いのでは?という読みが当たった今回初のお好み焼き。
フライパンを同時に2つ使って3枚焼きました。

s_P1050991

他にもお刺身やお寿司、サラダ、親戚が持って来てくれたオードブル(3皿!)などで
にぎやかな食卓になりました。


息子が5歳のお誕生日を迎えました。
お誕生日が嬉しくて、前々日くらいからテンション高め!
当日は会う人会う人に「今日は誕生日でーす!」と宣言するので恥ずかしかったです…

昨年に続き、晩ごはんのリクエストは手巻き寿司でした。

BlogPaint


マグロ、サーモン、マグロのたたき、カニかまぼこ、玉子焼き。

BlogPaint


ツナマヨ、挽き割り納豆。(昨年と器まで同じ!)

BlogPaint


娘もサラダ巻きが好きになってきたので今年もサンチェを。

BlogPaint


ほかには枝豆を茹でて

BlogPaint


白だしの簡単な汁椀も用意しました。

BlogPaint


潔く素麺と花麩のみ!

BlogPaint

素麺は束ねている紙テープを端に寄せ、根元が固まらないように箸でほぐしながら茹でます。
束のまま水に取り、適量を取って結んでから端を切ると上手くいきます。


寿司桶の周りをプラレールが走るという演出。
実際に走らせるとあまりの騒々しさに笑ってしまいます。

BlogPaint
(GWに乗って好きになった箱根登山鉄道。祖父母からのプレゼントです。)


息子と一緒にお店に行って選んだケーキは娘のときと同じモンブランでした。
プラレールキャンドルも毎年のお約束。

BlogPaint


息子によって各席にプラレールが置かれるのも昨年と同じ。

BlogPaint


今年も鉄道だらけのお誕生日でした!

BlogPaint


好きな食べものは本人いわく「お肉!」で、好きな遊びはプラレールとシンカリオン。
習い事はどれも楽しく通っていますが、一番好きなのは体操だそうです。

家では全然動かず人任せなのに、幼稚園ではよく気が付いて喧嘩の仲裁にも入るしっかり者…
オンとオフの差がだいぶあるようです。
尊敬すべきは情緒が安定していて平均して機嫌が良いところです。

頭の中が8割くらい鉄道関連なのが心配ですが…
これからもストレスフリーで過ごせたら幸せだなと思います。


祖母がめでたく88歳のお誕生日を迎えるので親戚一同がお祝いのため集合しました。

場所は郡山駅前のとあるホテル。
幹事の父がセレクトしたお料理は和洋折衷で箸でも食べやすく
結婚披露宴さながらの豪華さでした。


ハムを盛り合わせたボリュームのある前菜。

P1040861


スモークサーモンとアボカドにイクラのソース。

P1050017


蒸し物はお赤飯と鯛であんかけになっています。

P1050018


焼き物のお魚は大きな紫花豆の甘露煮とともに。

P1050031


お魚もあったのにお肉も!
終わらないコース料理…
牛ステーキはマスタードソースで、人参、芽キャベツ、ポテトと一緒に。

P1050039


写真を撮り忘れましたが、ここで海老の天ぷらが乗った紅白うどんが登場!
わたしは息子に、夫は娘に半分くらい食べてもらいました。


デザートはマンゴープリンと夏のフルーツの盛り合わせ。

P1050042


小学生まではこちらのお子様プレートです。

P1050014
シーフードグラタン・ピラフ・エビフライ・鶏の唐揚げ・ポテトフライ・枝豆・ミニホットドッグ
スパゲッッティナポリタン・ハンバーグ

はじめにコーンポタージュが出て、あまりに美味しかったのでしょう。
息子に「スープ、おかわりある?」と聞かれたほど!
デザートは大人と同じものが子どもにもつきました。


わが家は花束贈呈を担当。
娘がお手紙を読んでいる間、息子が大きなお花を抱えてスタンバイしています。

BlogPaint


ひいばあば、おめでとう!

BlogPaint


わたしたち孫一同でこんなサプライズも。

P1050019

お隣の須賀川市で有名な庄司菓子店さんの大どら焼き(36cm)です。


祖母によるケーキ入刀ならぬ、どら焼き入刀!
とても盛り上がりました。

P1050024

参加者20名で20等分にしてこの場で美味しくいただきました。
(すごいボリュームですが、ひ孫たちは皆ペロリ!)


このあと実家に一泊したのですが、子どもたちはいつものように祖母の部屋に入り浸り。
工作をしたり、トランプをしたり、ナンプレをしたり。
娘は今回はホームシックではなく、自宅に帰りたくない病が…

P1050051

祖母の最近のニュースとしては、携帯電話をスマートフォンに変えました!
娘が自分のスマホを持つようになったらメールのやり取りをするというのが目標となったので、
それまで現役でお元気で!


今年もちまきを作って端午の節句のお祝いをしました。

BlogPaint


ちまき作りは娘が2歳のときから毎年恒例なのでもう7回目。
すっかり包み担当となった夫も手慣れたもので、うっかりたこ糸(い草の年も)を切らしていても
特に問題なく仕上がりました。

BlogPaint


■材料(3合分)

・もち米 2合
・うるち米 1合
・豚ばら肉 150g
・椎茸 2こ
・干しエビ 10g
・人参 50g

【A】
・酒 大さじ3
・醤油 大さじ2
・塩 小さじ1/2
・砂糖 小さじ1/3
・鶏がらスープの素 小さじ1
・しいたけ茶 1袋(2g)
・干しえびの戻し汁

・水 【A】と合わせて400mlになるようにする

■作り方

1.もち米とうるち米は洗って1時間浸水しざるにあげておく。
2.干しエビはぬるま湯に30分ほど浸して戻す。
3.豚肉と椎茸を細かく切り、干しエビも刻む。人参はいちょう切りにする。
4.フライパンに油をひかずに豚肉を炒め、色が変わったら椎茸、干しエビ、人参を加えて軽く炒める。
5.混ぜ合わせた【A】に水を加えて400mlにし、4に加えてひと煮立ちさせる。
5.1を加え、水分を全部吸うまでかき混ぜながら炒め、粘りが出て鍋底に膜が張るようになったら火を止める。
7.竹の皮で三角形になるように包む。
8.蒸気の上がった蒸し器で強火で20分蒸す。

包み方はこちらの動画がわかりやすいです→中華ちまきの包み方(YouTube)


今年は干し椎茸がなかったので生椎茸+しいたけ茶(もへじ)で。
具材を炒めるときの油を忘れて全カットでしたが、竹の皮にくっつくこともなく結果オーライでした。

BlogPaint


息子も好きになったお刺身の盛り合わせ。

BlogPaint


久しぶりの茶碗蒸しは、エビ、鶏肉、花麩、人参、椎茸、三つ葉入り。

BlogPaint


柏餅は毎年大量に作るのですが(柏の葉が少量で売っていないため)
今年はお店で買いました。

BlogPaint


---

毎年わが家のリビングにお出ましになる鐘馗さま。
六十数年前に父の誕生に際して旗職人の父の祖父によって描かれたものです。

P1030469


今年も見守られつつのお祝いでした。
夜にはしっかり菖蒲湯に浸かりました。


今年の桃の節句のお祝いは、わたしの両親も交えてにぎやかに。

BlogPaint


メインはばらちらしです。

BlogPaint

まぐろ、サーモン、エビ、アボカド、きゅうり、玉子焼きをサイコロに切って散りばめました。
エビは母が甘酢に浸けてくれました。
美味しくなるひと手間です。


ストウブ鍋いっぱいに作ったお煮しめ

BlogPaint

鶏もも肉(皮をのぞく)、厚揚げ、しいたけ、こんにゃく、大根、人参、彩りにスナップエンドウ。


お吸いものはあさりと麩。

BlogPaint

だしは昆布のみ。
酒、醤油、塩で味をととのえました。
はまぐりが3倍近いお値段だったので、大粒あさりで。


揚げるだけのクリームコロッケはおまけです。

BlogPaint


子どもたちと作った抹茶白玉といちごの和風パフェを食後のデザートに。

BlogPaint

娘が白玉を捏ねて茹でて、いちごを切ってくれました。
息子はグラスに等分に入れていく重要な作業を担当。
抹茶白玉とこしあんとバニラアイスという間違いない和の組み合わせに、
甘酸っぱいいちごがよく合います!


玄関に飾っていたお雛様は、当日にはリビングに移動。
どんどんにぎやかになって息子の幼稚園の制作物やお菓子まで飾られています。

P1020242[1]

昨年までお雛様の前で正座をして「なむなむ…」と手を合わせていた息子は、
今年は懸命に「寿限無」を唱えていました。


↑このページのトップヘ