kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

カテゴリ: お弁当

今週の息子のお弁当です。

P1060773

・さつまいもごはん
・鶏のから揚げ
・塩玉子焼き
・人参のきんぴら
・ブロッコリー
・ミニトマト

さつまいもごはんは少し前に晩ごはんに作って冷凍しておいたもの。
鶏のから揚げは米油で揚げました。
きんぴらとブロッコリーは常備菜から。


夫の分は白いごはんに常備菜の高菜漬けとひき肉の味噌炒めを乗せました。
さつまいもごはんや栗ごはんをあまり好まないのです。

P1060768


から揚げはもも肉1枚分作ったので、残りはワンプレートにして自分のお昼ごはんにしました。

P1060770


何も入っていない塩と海苔だけのシンプルなおにぎりと、玉子焼きの端っこ。

P1060774

冷めても美味しいおかずでした。



今週の息子のお弁当です。

P1060669

・ごはん(おかかふりかけ)
・豚こまと玉ねぎの醤油ポン酢炒め
・チーズはんぺん
・玉子焼き
・ブロッコリー
・ミニトマト

P1060670

豚こまと玉ねぎを炒め、醤油ぽん酢(味ぽん)に砂糖を少し加えて煮絡めます。
さっぱりしているけれど濃い味でごはんも進むはず。
チーズはんぺんはバターで焼き、定番の3色トリオ、玉子焼き・ブロッコリー・ミニトマト。


夫のお弁当はごはんに梅干し。

P1060674


10月だというのに都内は30℃超えの日が続いていて、週末の運動会も予報の通りだと炎天下…
お弁当なし午前終了は多少寂しさもありますが、圧倒的に楽でありがたいです。



幼稚園の息子のお弁当です。

P1060519

・ごはん(鮭ふりかけ)
・豆腐チキンナゲット
・玉子焼き
・かぼちゃの茶巾しぼり
・きゅうり


豆腐チキンナゲットはこちらのレシピを元に。
今回は粉チーズも加えました。




トマトがないだけでこんなにも見た目が地味になるなんて…
茶色弁当ならぬ黄色弁当。

P1060520

せめてふりかけをかけさせてくれればもう少しなんとかなったかもしれないのですが
そこは絶対自分でかけたいようです。
今年からピックも禁止になってしまったので誤魔化しのきかないお弁当でした。


娘の遠足の日のお弁当です。

P1060456

・おにぎり(海苔と塩・鮭ふりかけ)
・エビフライ
・塩玉子焼き
・さつまいもの甘露煮
・ミニトマト
・スナップエンドウ

お弁当の定番といえば息子のリクエストはいつもから揚げですが、娘は断然エビフライ。
見返したら昨年の遠足のお弁当もほぼ同じメニューでした。


息子も週に一度のお弁当の日。

P1060463

男子だけどハートの玉子焼きに喜びます。
エビの尻尾はあらかじめ取っておいてほしい派。(残すのが嫌なのだそうです)


先週の宣言通り、夫も一緒にお弁当持参。
ごはんには高菜漬け。

P1060466

100均でシンプルなお箸のケースを買いました。


エビは衣付けをしておき、さつまいもは煮ておく、スナップエンドウは茹でておくなど
おかずはほぼ前日準備。
それでも朝ごはんと並行して出発の早い娘に合わせて作るのは大変!

P1060462

どうにかこうにか完成したお弁当です。


今回の遠足を機に3年ぶりに娘のリュックサックを新調しました。

P1060435

一気に10Lアップしてこれまでの倍の20Lに。
親としてはのちに息子と共用できるよう無地が希望だったのですが…ドット柄。
それでも買ったあとすぐにお店から背負って帰るくらいお気に入りとなりました。
荷物が多くて重いはずなのにいつものように「重い~!」と文句を言うこともなく
ウキウキで出かけて行きました。

今回の遠足は通学→最寄駅まで→下車して目的地までの往路ですでに3km。
着いたら着いたでウォークラリーでまた歩き、遊び、復路も同じく3km!
一体一日で何km歩いたのでしょう?
帰宅後は習い事のダンスにも行く娘を見て、体力がついたなぁと感心しました。



今週の息子のお弁当です。
久しぶりにおにぎりのリクエストだったので、少し容量の多いアルミのお弁当箱に詰めました。

P1060344

・おにぎり(塩と海苔・若菜とわかめの混ぜご飯)
・鱈のピカタ
・ソーセージ
・だし巻き玉子
・ミニトマト
・ブロッコリー

P1060345


鱈のピカタはキューピー3分クッキングでもおなじみの石原洋子先生のレシピで作りました。
溶き卵に粉チーズを混ぜています。




ついでの夫のお弁当。

P1060346


夫のほうのピカタにはレシピ通りドライパセリをふりました。
(息子にはなるべく余計なことはしない。)

P1060347

たまにお昼について尋ねるとコンビニかファストフードのことが多いので、
昼食代の節約と健康のためにも息子のお弁当の日だけは一緒に作ろうかなと思います。


↑このページのトップヘ