kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

カテゴリ: お弁当

幼稚園の息子のお弁当です。

P1130252

・おにぎり(梅干し)
・鶏のから揚げ
・だし巻き玉子
・さつまいものレモン煮
・ブロッコリー
・ミニトマト
・チリ産ぶどう


幼稚園最後のお弁当の日。
ラストはやっぱり息子が一番好きで回数的にも最も作った鶏のから揚げにしました。
酒と醤油と生姜に漬けて片栗粉をまぶして揚げたオーソドックスなもの。
いまだに喜んでくれるハートの玉子焼きも。

P1130254 (2)

デザートのぶどうは一緒にスーパーに行って息子が選びました。


トーマスの巾着袋は3年前の入園時にお友達が手作りしてくれた大事なもの。
お弁当箱が大きくなったりおにぎりケースやデザートケースが追加されても安心のサイズで、
最後までお世話になりました!(これからも!)

P1130257

ラストはお手紙をつけてみました。


すると、空のお弁当箱とともに予期せぬお返事が!

P1130258
(フレイザード…笑)


今年度はコロナの影響で給食がストップして、慣れないお弁当作りがほぼ毎日に。
注文が多い息子にキレそうになる日も正直ありましたが…
いつ尋ねても大声で「超おいしかった!」「めっちゃくちゃおいしかった!」「すごーくおいしかった!」
と簡潔に嬉しい感想を言ってくれたので、最後まで楽しく作ることができました。

月日の表現がまだよくわかっていない息子に
「幼稚園が終わっちゃっても5か月に1回くらいはお弁当作ってほしいなぁ」と言われました。
「5か月??」と聞き返したら「あ、5週間に1回かな!」と慌てて訂正。
5週間もかなり中途半端で、結局どれくらいの頻度が希望なのかわかりません!

ともあれお弁当が好きだという気持ちは受け取りました。
毎日残さず食べてきてくれて、こちらこそありがとう!



幼稚園の息子のお弁当です。

P1130225

・ごはん(やさいふりかけ)
・うずらの玉子の肉巻き
・さつまいものレモン煮
・ブロッコリー
・ミニトマト
・マーコットオレンジ


うずらの玉子の肉巻きはお弁当限定のおかず。
塩、ホワイトペッパー、小麦粉をして転がしながら焼き、酒、みりん、砂糖、醤油を絡めています。

P1130227

ブロッコリーとさつまいもは前日に茹でたり煮たりしておいたのですが、
肉巻きは卵を茹でるところからスタート!
内心慌てましたが、これ一品だけなのでなんとかなりました。


はじめてこちらの肉巻きを作ったのは習い事に持っていくお弁当で、まだ2歳でした。



当時は280mlのお弁当箱に肉巻きも1こ半という少量。
さつまいもも1切れしか入れていません。
本当によく食べるようになりました。



幼稚園の息子のお弁当です。

P1130210

・おにぎり(梅干し)
・チンジャオロースー
・チーズちくわ
・スクランブルエッグ
・ブロッコリー
・ミニトマト
・マーコットオレンジ


モニタープレゼントでいただいた「鹿児島県産ピーマン」を味わう日々。
息子から「チンジャオロースー食べたい!」とリクエストがあったので晩ごはんにたくさん作り、
材料を少し取り置いて翌日のお弁当にも入れました。

P1130211

豚こま切れ肉に塩、こしょう、片栗粉をまぶしてごま油で炒めます。
色が変わったらピーマンと細切りたけのこを加えて炒め、
合わせ調味料(酒、砂糖、醤油、オイスターソース、生姜のしぼり汁)を回し入れて炒めれば完成。

苦手な野菜が多い中、ピーマンは好きなので助かります。
そんな息子のお弁当も残すところあと2回です。



幼稚園の息子のお弁当です。

P1130182

・ごはん(梅干し・ごま塩)
・チキンナゲット
・ブロッコリー
・ミニトマト
・甘納豆


この日のメインはチキンナゲット。
鶏ひき肉(むね+もも)につなぎとして木綿豆腐を少々、塩、ホワイトペッパー、オールスパイス、
粉チーズを加え、天ぷら粉をまぶして揚げました。

P1130183

近くの席のお友達に「それ、マクドナルドの?!」と聞かれ、
「お母さんが作ったよ」と言ったら、「えー!(家で)作れるんだ!」と驚かれたそうです。
そして「“いいなーチキンナゲット!おいしそう!”って言ってくれたよ!」とのこと。

チキンナゲット=マクドナルド。
みんな大好きだよね!



幼稚園の息子のお弁当です。

P1130173

・高菜チャーハン(卵、高菜漬け、チャーシュー、コーン)
・牛肉コロッケ(冷凍市販品)
・ミニトマト
・スナップえんどう


この日は本当に時間がなく、はじめてチャーハンを詰めてみました。
おかずも冷凍食品に頼ったので、ものの10分で完成。

P1130171

高菜漬けは極力小さく刻んで混ぜましたが、漬物好きの息子には心配無用だったようで
「すごーく美味しかった!」とのこと。

また一つ食べられるものが増えました。



↑このページのトップヘ